のめこい湯に行く。

2020.07.12(日) 日帰り
ビガーパンツ
ビガーパンツ

チェックポイント

活動詳細

もっと見る

奥多摩駅からバスで大菩薩にアクセスする場合、小菅か丹波からになる。 どちらも温泉があり、塩山方面に下っても温泉がある。 これは素晴らしい! 自宅からの始発だと、行きは小菅行きのバスが早く、帰りは丹波からが最終バスが遅いので、日帰りするなら必然的に行動時間が長く取れる小菅からが有利だ。 と言うわけで、小菅から登って丹波に下り、のめこい湯で汗を流そう。 時間的に厳しかったら、塩山方面にエスケープして大菩薩の湯に入ろう。 天気は良好。気温も湿度も高くない。 樹林帯の日陰の下、爽やかな風が心地良い。 路面もほぼフラットで、嫌な急登も無い。強いて言えば、逆ルートの方が楽だったかもしれない。 小菅からの尾根を終え、大菩薩の稜線に出ると景色が開ける。梅雨なのにラッキーだ。来て良かった。 登頂後は出来れば早いバスに乗りたいので、温泉に入る時間確保のため、そそくさと下山開始。 結果、バス時間まで1時間半を確保できた。 のめこい湯はつるつる温泉の様な湯質で良いお湯であった。 丹波大菩薩道では、追分からの下りでマリコ川上流付近でルートを見失った。昨年の台風の影響か、沢が荒れており、要注意。正規ルートは沢の進行方向左上を高巻いていた。また、藤タワから左折ルートは通行止めだった。 今度来る時は塩山側から小菅の湯に入ろうかな。

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。

てんきとくらす