湯の沢を遡行して万計沼まで/空沼岳-2020-07-11

2020.07.11(土) 日帰り
じょんどぉりー
じょんどぉりー

活動データ

タイム

07:26

距離

11.7km

上り

684m

下り

684m

チェックポイント

活動詳細

もっと見る

今年最初の川あそび。あ~、楽しかった! 今回は、同じ職場のKさんと一緒に行きました。 Kさんは、夏も冬も空沼岳に登り、湯の沢川も何度も歩いている心強いパートナーです。 (なので、写真に写っている8割はKさんです。私は3枚だけ、笑) 道路脇に車を駐め、林道を1.5キロほど歩き、湯の沢川にかかる最初の橋(記号)から入渓しました。 沢に入るとすぐ、気持ちの良いナメがあらわれます。 沢はところどころ荒れていますが、おおむね快適で、小滝がいくつか出てきます。 地図上で川に並行する道が無くなるあたりから、この川の本番です! ナメ~滝~ナメ~滝と小気味よく連続し、核心部は樋(とい)状の水路の先にある5mの滝(2段になっているので、合わせると7~8m)です。 Kさんは、滝のすぐ右を直登、私は、右から(左岸を)大きく高巻きしました。 どちらも難儀しましたので、どれが正解かわかりません。ロープを出したほうが良かったかも知れません。 その難所から少し行くと、今度は15mの大滝があらわれます。 せっかくなので、大滝の下でシャワーを浴びてから(笑)、右岸の巻道を登りました。 急な斜面の巻道には、クマさんのウンチが(なんでこんなところに・・・、わざわざ・・・) 巻道から沢に戻ったところで、ロープを出して少々練習(?) そこから先は、大きな石と大きなフキで源流の雰囲気。たいしたヤブこぎもなく、林道に出ました。 万計沼のほとりで、沢足袋をトレランシューズに履き替え、昼食を取りました。 空沼岳頂上は、行きませんよ(疲れたし~♫)

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。

てんきとくらす