20-07-09 蘭(あららぎ)山 凛々しい蘭不動尊をお参りして

2020.07.09(木) 日帰り
おおそね
おおそね

☆先日、桑沼からの帰路途中、視界に飛び込んできたのがカバー写真の蘭(あららぎ)山でした。  このとき以来、 ★ぜひ登ってみたい里山が 蘭山でした。  しかししかし、 ☆情報収集をしてみると、『急登・急下降』の連続で甘くはない!とのこと。  よって、 ☆登山開始地点は、ウォーミングアップと縁起担ぎも兼ねて白糸の滝(蘭不動尊)に。白糸の滝の20mほど先に3~4台の駐車スペースがあり、車はそこに停めました。 ★道案内のピンクテープには、とてもお世話になりましたが、 ☆15分ほど林道を歩き、本格的な登頂が始まると、確かにぐったりするほどの急登・大岩の連続でした。 ☆山頂(760m)Getのあとは、さらに高い牛首(790m)や周回のコースも目指そうとはしましたが、いさぎよく断念! ☆登ってきたルートを下ろうとはしたものの、急降下&大岩を繰り返すうちに、往路に戻ることができないまま、林道へと降りてしまいました。 ☆ふもと林道への直前はやぶ漕ぎ続きでした。もっとまともなルートはあるはずで、私がたどった軌跡はあくまで参考例の一つとしてご笑覧下さい。 ☆この日は木々の深い緑と霧模様に覆われ景色はあきらめていましたが、ほんの一瞬!手に取るように顔をみせてくれた泉ヶ岳の山頂やスプリングバレーの施設群には、とってもなごみました(^_^)。 ☆晩秋など好天の候に、実質山頂!の牛首を含めて、再挑戦してみたいなと強く!思いました。 ★今回の登山にあたって、とても参考になった活動日記はこちらです。 ☆今日とは真逆の冬景色、アイゼンとピッケル必須も納得の冬登山。 ☆落葉小高木が多い里山につき、季節が違うとこれほども違うのかぁと改めて感慨深く感じました。御礼方々こちらに紹介させて下さいね。 https://yamap.com/activities/3210308 ★この日の主な気象データ(仙台)  平均℃ 最高℃ 最低℃ 平均風速 最大風速 最大瞬間風速   天気 23.5 26.7 20.4 1.6m/s 4.6m/s 南南東 5.7m/s 南南東 曇 http://www.data.jma.go.jp/obd/stats/etrn/index.php

先日、桑沼からの帰路途中、視界に飛び込んできたのが蘭(あららぎ)山でした(手前はスプリングバレースキー場)。このとき以来....

先日、桑沼からの帰路途中、視界に飛び込んできたのが蘭(あららぎ)山でした(手前はスプリングバレースキー場)。このとき以来....

先日、桑沼からの帰路途中、視界に飛び込んできたのが蘭(あららぎ)山でした(手前はスプリングバレースキー場)。このとき以来....

おはよ!蘭(あららぎ)君、失礼、不動明王様(^_^)

おはよ!蘭(あららぎ)君、失礼、不動明王様(^_^)

おはよ!蘭(あららぎ)君、失礼、不動明王様(^_^)

こちらはお隣りの水量たっぷりの白糸の滝(また来ちゃいました)

こちらはお隣りの水量たっぷりの白糸の滝(また来ちゃいました)

こちらはお隣りの水量たっぷりの白糸の滝(また来ちゃいました)

ウォーミングアップを兼ねて林道を歩いて、八の沢橋まで来ました。この手前から山頂を目指します

ウォーミングアップを兼ねて林道を歩いて、八の沢橋まで来ました。この手前から山頂を目指します

ウォーミングアップを兼ねて林道を歩いて、八の沢橋まで来ました。この手前から山頂を目指します

この標識わきから尾根伝いに山頂を目指します...

この標識わきから尾根伝いに山頂を目指します...

この標識わきから尾根伝いに山頂を目指します...

急登は覚悟してましたが、いきなりの、そして延々と急登が続き、さらには..

急登は覚悟してましたが、いきなりの、そして延々と急登が続き、さらには..

急登は覚悟してましたが、いきなりの、そして延々と急登が続き、さらには..

大岩が出現!(自撮り)

大岩が出現!(自撮り)

大岩が出現!(自撮り)

再び、大岩出現!(自撮り)

再び、大岩出現!(自撮り)

再び、大岩出現!(自撮り)

またまた大岩!ここはピンクテープ沿いに左へ回り込み。。。

またまた大岩!ここはピンクテープ沿いに左へ回り込み。。。

またまた大岩!ここはピンクテープ沿いに左へ回り込み。。。

色あせてましたが、要所要所のピンクテープには感謝!感謝!でした

色あせてましたが、要所要所のピンクテープには感謝!感謝!でした

色あせてましたが、要所要所のピンクテープには感謝!感謝!でした

ヤマウコギかな?落葉小高木が多い森でした(ということは晩秋になれば!)

ヤマウコギかな?落葉小高木が多い森でした(ということは晩秋になれば!)

ヤマウコギかな?落葉小高木が多い森でした(ということは晩秋になれば!)

ふもとの八の沢橋から登り始めてなんと山頂まで約2時間!

ふもとの八の沢橋から登り始めてなんと山頂まで約2時間!

ふもとの八の沢橋から登り始めてなんと山頂まで約2時間!

あいにくの曇天、見晴らしは・・・でしたが

あいにくの曇天、見晴らしは・・・でしたが

あいにくの曇天、見晴らしは・・・でしたが

霧が晴れたほんの一瞬、泉ヶ岳山頂が目前に。。。

霧が晴れたほんの一瞬、泉ヶ岳山頂が目前に。。。

霧が晴れたほんの一瞬、泉ヶ岳山頂が目前に。。。

でもでも、すぐに霧がかかって、スプリングバレーも

でもでも、すぐに霧がかかって、スプリングバレーも

でもでも、すぐに霧がかかって、スプリングバレーも

霧の中に消えちゃいました。今日、見えたはこの一瞬だけ!でもまあいいか

霧の中に消えちゃいました。今日、見えたはこの一瞬だけ!でもまあいいか

霧の中に消えちゃいました。今日、見えたはこの一瞬だけ!でもまあいいか

次々と大岩が出現!ふんばりながら下っていきました。

次々と大岩が出現!ふんばりながら下っていきました。

次々と大岩が出現!ふんばりながら下っていきました。

水流たっぷり!渓流のせせらぎが林道に心地よく響き、ひんやりしっとり快適でした。

水流たっぷり!渓流のせせらぎが林道に心地よく響き、ひんやりしっとり快適でした。

水流たっぷり!渓流のせせらぎが林道に心地よく響き、ひんやりしっとり快適でした。

戻ってきたよ、蘭不動明君!凛々しいね

戻ってきたよ、蘭不動明君!凛々しいね

戻ってきたよ、蘭不動明君!凛々しいね

登山を終えてのひんやりシャワーはとってもgood!(ここをコースの〆にしてよかったなぁと自画自賛(^_-)

登山を終えてのひんやりシャワーはとってもgood!(ここをコースの〆にしてよかったなぁと自画自賛(^_-)

登山を終えてのひんやりシャワーはとってもgood!(ここをコースの〆にしてよかったなぁと自画自賛(^_-)

急登&急下降の蘭登山。わずか4kmに5時間余でしたが、汗を鎮めて無事終えることができました。

急登&急下降の蘭登山。わずか4kmに5時間余でしたが、汗を鎮めて無事終えることができました。

急登&急下降の蘭登山。わずか4kmに5時間余でしたが、汗を鎮めて無事終えることができました。

先日、桑沼からの帰路途中、視界に飛び込んできたのが蘭(あららぎ)山でした(手前はスプリングバレースキー場)。このとき以来....

おはよ!蘭(あららぎ)君、失礼、不動明王様(^_^)

こちらはお隣りの水量たっぷりの白糸の滝(また来ちゃいました)

ウォーミングアップを兼ねて林道を歩いて、八の沢橋まで来ました。この手前から山頂を目指します

この標識わきから尾根伝いに山頂を目指します...

急登は覚悟してましたが、いきなりの、そして延々と急登が続き、さらには..

大岩が出現!(自撮り)

再び、大岩出現!(自撮り)

またまた大岩!ここはピンクテープ沿いに左へ回り込み。。。

色あせてましたが、要所要所のピンクテープには感謝!感謝!でした

ヤマウコギかな?落葉小高木が多い森でした(ということは晩秋になれば!)

ふもとの八の沢橋から登り始めてなんと山頂まで約2時間!

あいにくの曇天、見晴らしは・・・でしたが

霧が晴れたほんの一瞬、泉ヶ岳山頂が目前に。。。

でもでも、すぐに霧がかかって、スプリングバレーも

霧の中に消えちゃいました。今日、見えたはこの一瞬だけ!でもまあいいか

次々と大岩が出現!ふんばりながら下っていきました。

水流たっぷり!渓流のせせらぎが林道に心地よく響き、ひんやりしっとり快適でした。

戻ってきたよ、蘭不動明君!凛々しいね

登山を終えてのひんやりシャワーはとってもgood!(ここをコースの〆にしてよかったなぁと自画自賛(^_-)

急登&急下降の蘭登山。わずか4kmに5時間余でしたが、汗を鎮めて無事終えることができました。

類似するルートを通った活動日記