20-07-07 根白石の滝巡り 光明の滝 白糸の滝

2020.07.07(火) 日帰り
おおそね
おおそね

★迫力たっぷり、飛瀑に圧倒されてきました 光明の滝 と 白糸の滝 ☆雨の止んだ隙にでかけた先は泉区朴沢地区。亀の子岩と石碑群(カバー写真)が目印の三叉路を左に進んだ長谷倉川林道沿いでした... 実はこの日の滝巡りは付け足しの付録で、 ☆主たる目的は泉ヶ岳のふもとに連なる嵐山・長倉山などの下調べ(いや、できれば山頂Get!)でしたが、どこの山頂も雲の中(^_^) ☆でもでも、さすが梅雨時、ボリュームたっぷりの水量が織りなす瀑布2つの迫力に魅了されたから、まあいいか。 以上、復路(軌跡無)もほぼ同じルートを下って、次に向かった先は、屏風岳(蔵王山ではなく)泉区朴沢の里山でした。

亀の子岩と石碑群。めざす長谷倉川林道はこの三差路を左へ

亀の子岩と石碑群。めざす長谷倉川林道はこの三差路を左へ

亀の子岩と石碑群。めざす長谷倉川林道はこの三差路を左へ

鳥居の奥から響いてきたのは流れ落ちる水の爆音!

鳥居の奥から響いてきたのは流れ落ちる水の爆音!

鳥居の奥から響いてきたのは流れ落ちる水の爆音!

水滴・水蒸気に煙る中、光明の滝が目の前に!

水滴・水蒸気に煙る中、光明の滝が目の前に!

水滴・水蒸気に煙る中、光明の滝が目の前に!

写真では撮り尽くせなかった迫力を短い動画に納めました。

写真では撮り尽くせなかった迫力を短い動画に納めました。

写真では撮り尽くせなかった迫力を短い動画に納めました。

長谷倉林道へという道標...長倉山への登山道はこっちかな?

長谷倉林道へという道標...長倉山への登山道はこっちかな?

長谷倉林道へという道標...長倉山への登山道はこっちかな?

送電線(青葉幹線)蘭山の真下を通過し

送電線(青葉幹線)蘭山の真下を通過し

送電線(青葉幹線)蘭山の真下を通過し

蘭山への登山道はこっちかな?

蘭山への登山道はこっちかな?

蘭山への登山道はこっちかな?

ヤマユリ、しっとり

ヤマユリ、しっとり

ヤマユリ、しっとり

しっとり垂れ下がってる オカノトラオ
そして、林道を登っていくと

しっとり垂れ下がってる オカノトラオ そして、林道を登っていくと

しっとり垂れ下がってる オカノトラオ そして、林道を登っていくと

道路正面に現れたのが白糸の滝でした。こちらも2滝あわせて40秒少々の動画に納めました。

道路正面に現れたのが白糸の滝でした。こちらも2滝あわせて40秒少々の動画に納めました。

道路正面に現れたのが白糸の滝でした。こちらも2滝あわせて40秒少々の動画に納めました。

滝の脇には剣をしたためた可愛い守護神が!蘭(あららぎ)不動尊と呼ばれるお不動様でした

滝の脇には剣をしたためた可愛い守護神が!蘭(あららぎ)不動尊と呼ばれるお不動様でした

滝の脇には剣をしたためた可愛い守護神が!蘭(あららぎ)不動尊と呼ばれるお不動様でした

コロナ退散祈願の小石をお供えしました

コロナ退散祈願の小石をお供えしました

コロナ退散祈願の小石をお供えしました

亀の子岩と石碑群。めざす長谷倉川林道はこの三差路を左へ

鳥居の奥から響いてきたのは流れ落ちる水の爆音!

水滴・水蒸気に煙る中、光明の滝が目の前に!

写真では撮り尽くせなかった迫力を短い動画に納めました。

長谷倉林道へという道標...長倉山への登山道はこっちかな?

送電線(青葉幹線)蘭山の真下を通過し

蘭山への登山道はこっちかな?

ヤマユリ、しっとり

しっとり垂れ下がってる オカノトラオ そして、林道を登っていくと

道路正面に現れたのが白糸の滝でした。こちらも2滝あわせて40秒少々の動画に納めました。

滝の脇には剣をしたためた可愛い守護神が!蘭(あららぎ)不動尊と呼ばれるお不動様でした

コロナ退散祈願の小石をお供えしました