【朝熊ヶ岳】宇治岳道歩き

2020.07.05(日) 日帰り
ida☆tenn
ida☆tenn

活動データ

タイム

06:32

距離

16.6km

上り

883m

下り

952m

チェックポイント

活動詳細

もっと見る

日曜日に約1年ぶりの朝熊ヶ岳へ。前回は朝熊岳道を歩きましたが、今回は宇治岳道(内宮方面から金剛證寺へ参詣するルート)を歩いてみました。距離が長いですが、大部分は傾斜も緩やかで歩きやすい道でした。

朝熊山(朝熊ヶ岳・朝熊ガ岳) 五十鈴川公園駐車場からスタートし、登山口へ入ると好みの景色。
五十鈴川公園駐車場からスタートし、登山口へ入ると好みの景色。
朝熊山(朝熊ヶ岳・朝熊ガ岳) 整備されて歩きやすい道が続きます。今日は樹木や草花を楽しむのが目的。
整備されて歩きやすい道が続きます。今日は樹木や草花を楽しむのが目的。
朝熊山(朝熊ヶ岳・朝熊ガ岳) 早速、甘くて美味しそうな色したクマヤナギの実。
早速、甘くて美味しそうな色したクマヤナギの実。
朝熊山(朝熊ヶ岳・朝熊ガ岳) 湧き上がる霧
湧き上がる霧
朝熊山(朝熊ヶ岳・朝熊ガ岳) 綺麗なグラデーション
綺麗なグラデーション
朝熊山(朝熊ヶ岳・朝熊ガ岳) 気になったので尾根の方へ登ってみました(テープあり)
気になったので尾根の方へ登ってみました(テープあり)
朝熊山(朝熊ヶ岳・朝熊ガ岳) 尾根までごつごつした岩の道、濡れて滑りやすい
尾根までごつごつした岩の道、濡れて滑りやすい
朝熊山(朝熊ヶ岳・朝熊ガ岳) 伊勢市街地が見渡せる展望
伊勢市街地が見渡せる展望
朝熊山(朝熊ヶ岳・朝熊ガ岳) ピーク表示があるところまで行くと名前がついてました
ピーク表示があるところまで行くと名前がついてました
朝熊山(朝熊ヶ岳・朝熊ガ岳) もう一度戻って正面の山を登ります
もう一度戻って正面の山を登ります
朝熊山(朝熊ヶ岳・朝熊ガ岳) 途中、根の周りの岩石がくっついたままの巨木が横たわっていて驚いた
途中、根の周りの岩石がくっついたままの巨木が横たわっていて驚いた
朝熊山(朝熊ヶ岳・朝熊ガ岳) 山の名は楠部山
山の名は楠部山
朝熊山(朝熊ヶ岳・朝熊ガ岳) いつものセンチコガネ。不安定な足場をヨタヨタと一番上まで登って、
いつものセンチコガネ。不安定な足場をヨタヨタと一番上まで登って、
朝熊山(朝熊ヶ岳・朝熊ガ岳) 元気に飛び立ってきました
元気に飛び立ってきました
朝熊山(朝熊ヶ岳・朝熊ガ岳) 葉に近づくとコロコロした雨粒がたくさん、少しの雨ならいいけど今の大雨は早くおさまってほしい
葉に近づくとコロコロした雨粒がたくさん、少しの雨ならいいけど今の大雨は早くおさまってほしい
朝熊山(朝熊ヶ岳・朝熊ガ岳) いろんな樹木、コバノガマズミ
いろんな樹木、コバノガマズミ
朝熊山(朝熊ヶ岳・朝熊ガ岳) 葉っぱの形でわかるようになったサルトリイバラ
葉っぱの形でわかるようになったサルトリイバラ
朝熊山(朝熊ヶ岳・朝熊ガ岳) 小さくて可愛らしい花、ヒメドコロ
小さくて可愛らしい花、ヒメドコロ
朝熊山(朝熊ヶ岳・朝熊ガ岳) 雄花と雌花で形が違うようです(これは雄花)
雄花と雌花で形が違うようです(これは雄花)
朝熊山(朝熊ヶ岳・朝熊ガ岳) お地蔵様🙏
お地蔵様🙏
朝熊山(朝熊ヶ岳・朝熊ガ岳) 倒れても力強く生きる
倒れても力強く生きる
朝熊山(朝熊ヶ岳・朝熊ガ岳) じめじめした区間が多かったですがヒルは見かけませんでした
じめじめした区間が多かったですがヒルは見かけませんでした
朝熊山(朝熊ヶ岳・朝熊ガ岳) 曇天と時折流れる風で暑さが和らぎました
曇天と時折流れる風で暑さが和らぎました
朝熊山(朝熊ヶ岳・朝熊ガ岳) タケニグサの蕾
タケニグサの蕾
朝熊山(朝熊ヶ岳・朝熊ガ岳) 少し霧がかってきた
少し霧がかってきた
朝熊山(朝熊ヶ岳・朝熊ガ岳) マンホールが点々と、電線の通り道かな
マンホールが点々と、電線の通り道かな
朝熊山(朝熊ヶ岳・朝熊ガ岳) 朝熊岳道との合流地点、朝熊峠までやってきました
朝熊岳道との合流地点、朝熊峠までやってきました
朝熊山(朝熊ヶ岳・朝熊ガ岳) 朝熊ヶ岳山頂までもうちょっと。舗装路からも行けるようですが、山中を歩いて、
朝熊ヶ岳山頂までもうちょっと。舗装路からも行けるようですが、山中を歩いて、
朝熊山(朝熊ヶ岳・朝熊ガ岳) 到着
到着
朝熊山(朝熊ヶ岳・朝熊ガ岳) アサマギクを探し
アサマギクを探し
朝熊山(朝熊ヶ岳・朝熊ガ岳) 伊勢志摩スカイライン展望台へ
伊勢志摩スカイライン展望台へ
朝熊山(朝熊ヶ岳・朝熊ガ岳) 金剛證寺の睡蓮
金剛證寺の睡蓮
朝熊山(朝熊ヶ岳・朝熊ガ岳) たくさん、これからが見頃かな
たくさん、これからが見頃かな
朝熊山(朝熊ヶ岳・朝熊ガ岳) 朝熊峠に戻ると、旅するアサギマダラが舞って、嬉しいことに間近で写真を撮る時間をくれました
朝熊峠に戻ると、旅するアサギマダラが舞って、嬉しいことに間近で写真を撮る時間をくれました
朝熊山(朝熊ヶ岳・朝熊ガ岳) 帰りも宇治岳道へ、苔むした石垣があり綺麗
帰りも宇治岳道へ、苔むした石垣があり綺麗
朝熊山(朝熊ヶ岳・朝熊ガ岳) 光が入るとほっとする
光が入るとほっとする
朝熊山(朝熊ヶ岳・朝熊ガ岳) 今日は3ニョロ、鋭い目つきに尻尾を震わせ音を出しての威嚇、やっぱり怖い
今日は3ニョロ、鋭い目つきに尻尾を震わせ音を出しての威嚇、やっぱり怖い
朝熊山(朝熊ヶ岳・朝熊ガ岳) 行きに見逃したピークを踏むため、ちょっと尾根の方へ(荒れてて展望もないのでお勧めはしません…)
行きに見逃したピークを踏むため、ちょっと尾根の方へ(荒れてて展望もないのでお勧めはしません…)
朝熊山(朝熊ヶ岳・朝熊ガ岳) 一宇田ノ頭
一宇田ノ頭
朝熊山(朝熊ヶ岳・朝熊ガ岳) 三角点ちゃんとありました
三角点ちゃんとありました
朝熊山(朝熊ヶ岳・朝熊ガ岳) 帰りも樹木を楽しんで、これだけ残ってて目に留まったジングウツツジの花
帰りも樹木を楽しんで、これだけ残ってて目に留まったジングウツツジの花
朝熊山(朝熊ヶ岳・朝熊ガ岳) セマダラコガネの後ろ足あげ。警戒のポーズらしいですが、何だが可愛いな
セマダラコガネの後ろ足あげ。警戒のポーズらしいですが、何だが可愛いな
朝熊山(朝熊ヶ岳・朝熊ガ岳) 花は無くてもニョロニョロが面白かった
花は無くてもニョロニョロが面白かった
朝熊山(朝熊ヶ岳・朝熊ガ岳) これから赤く変化するのかな、テリハノイバラ
これから赤く変化するのかな、テリハノイバラ
朝熊山(朝熊ヶ岳・朝熊ガ岳) 最後にヒメドコロの雌花、次は青空広がるときに来てみたい宇治岳道歩きでした
最後にヒメドコロの雌花、次は青空広がるときに来てみたい宇治岳道歩きでした

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。

てんきとくらす