活動詳細

詳しく見る
仕事で伐採をすると、春に花が咲く様な木の命を沢山奪ってしまうから辛いです。しかしお金がないと暮らせないから伐採しています。切った木をゴミにするより薪として暖炉で使って頂くことで木の温もりが残るかと思います。今回は宝満山の麓の山の図書館さんにお願いして受けとって頂きました。深く感謝いたします。経費を考えて近くで処分するより命の重み優先です。福岡より軽トラことことでした。竈門神社さんにより神仏に頭を垂れて来ました。後どれぐらい木の命を奪うのだろうか。いきながらえ、酒を食らい、よからぬ事も思ったりします。

コメント

読み込み中...

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。 報告フォームはこちら

登山ほけん

1日単位で入れる YAMAP登山ほけん

週末の登山に、1日250円から入れる手軽なYAMAP登山ほけん。