2020_07 暑寒別岳(箸別コース)

2020.07.03(金) 2 DAYS
TOM
TOM

活動データ

タイム

08:04

距離

18.0km

上り

1078m

下り

1079m

チェックポイント

活動詳細

もっと見る

ロングルートの山行を想定してかAKさんが足慣らしで計画した暑寒別岳の山行に参加する。 朝5時に近所のコンビニでHNさんにピックアップしてもらう。 HNさんとも久々の山行だ、密接を避けて後部座席に乗り込む。 石狩でAKさんとSSKさんと合流し増毛に向かう。 登山道に向かう林道から見上げる暑寒別岳は僅かだが雪を残した姿が涼しげだ。 暑寒別岳の登山は2回目で、いずれも箸別コースからだ。 登山目当てかタケノコ目当てかわからないが、まだ8時だというのに駐車場は車でビッシリだった。 何とか駐車スペースを確保して登山開始する。 涼しげな山頂とは違い歩き始めの登山道は暑く直ぐに汗ばむ、藪蚊が少ないのが唯一の救いだ。 最近話題の「妻のトリセツ」の話になる。 「妻のトリセツ」に対する夫側の見解を討論しながら進んで行く。 7合目の雪渓を渡るとショウジョウバカマの群落が迎えてくれた。 広々とした草原から3月に登った信砂岳の平たい山頂部が見える。 ここで一息入れて稜線へ上がるとシナノキンバイとエゾノハクサンイチゲが斜面に咲き誇ってる。 一気にテンションが上がり疲れを忘れ写真を撮る。 白と黄色の世界からチシマフウロやハクサンチドリにヨツバシオガマなどの青系の花が加わり賑やかになってくる。 9合目を過ぎた登りの斜面に入るとアズマギクと固有種のマシケゲンゲが現れバックの南暑寒岳とマッチして行った事は無いのだがアルプスの草原を歩いている気分になる。 白や黄色もまだまだ負けてない、ウサギギク、ウコンウツギやチングルマも負けじとこれに参戦してくる。 百花乱舞とはこのことかと思うぐらい競って咲いている。 一つ山で、しかも稜線の一部でこんなに多くの種類の花を見るのは初めてかもしれない。 そんなお花畑を抜けて這松帯に入る。 風が吹きつけ揺れる這松の森が波を打つ海のようで面白い。 這松を抜けるとイワギキョウ、エゾツツジなどがつつましく咲き岩場に入るとゴゼンタチバナ、コケモモモ、アオノツガザクラなどが可憐な花をつけ草原とはまた違った形で目を楽しませてくれる。 花見に夢中になっていたらあっという間に山頂に着いてしまった。 例のごとく山座同定しながら山頂で昼飯を食べている時に、鬼も笑う話になるがAKさんから群別岳への招待を頂き、夏が来たというのにもうはや冬山に思いを馳せる。 少し計画より時間がかかっているので昼食を済ますと直ぐ下山にかかる。 下山途中の6合目あたりで山菜好きのSSKさんの音頭でタケノコの生育調査を行い、酒の肴に合うかどうか研究材料としてサンプルを採取する。 登山口に戻ると満車状態だった駐車場には、我々の車を含む4台程度しか停まっていなかった。 殆どすれ違わなかったし山頂にも数名しか居なかったところを見ると駐車していた車の殆どは山菜取りだったのだろう。 予定より戻りが遅くなったので温泉には寄らず帰札することとなる。 今までの暑寒別岳に対するイメージは、増毛山地の主峰で雪を纏った白い山容のイメージが強かったが、緑豊かな花の名山でもあることを改めて知ることが出来た。 次回は暑寒コースから登るとしよう。

 まだ雪を残す暑寒別岳。
まだ雪を残す暑寒別岳。
 木の実を食べたと思う熊の糞。
木の実を食べたと思う熊の糞。
 熊の嫌がらせ?
破壊された合目標。
熊の嫌がらせ? 破壊された合目標。
 雪渓から流れる水。
雪渓から流れる水。
 雪渓を渡る。
雪渓を渡る。
 ショウジョウバカマの群落。
ショウジョウバカマの群落。
 7合目からの雨竜沼湿原。
7合目からの雨竜沼湿原。
 去年登ぼった信砂岳。
去年登ぼった信砂岳。
 キンバイの咲き誇る斜面を登る。
キンバイの咲き誇る斜面を登る。
 【山道の花】
ハナウド。
【山道の花】 ハナウド。
 【山道の花】
ツバメオモト。
【山道の花】 ツバメオモト。
 【山道の花】
ミズバショウ。
【山道の花】 ミズバショウ。
 【山道の花】
ミヤマキンポゲ。
【山道の花】 ミヤマキンポゲ。
 【山道の花】
スミレ。
【山道の花】 スミレ。
 【山道の花】
ショウジョウバカマ。
【山道の花】 ショウジョウバカマ。
 【山道の花】
シナノキンバイ。
【山道の花】 シナノキンバイ。
 【山道の花】
チシマフウロ。
【山道の花】 チシマフウロ。
 【山道の花】
這松の花。
【山道の花】 這松の花。
 お花畑と南暑寒岳①
お花畑と南暑寒岳①
 お花畑と南暑寒岳②
お花畑と南暑寒岳②
 お花畑と南暑寒岳③
お花畑と南暑寒岳③
 愉しい稜線歩き。
愉しい稜線歩き。
 【山道の花】
ミヤマオダマキ。
【山道の花】 ミヤマオダマキ。
 【山道の花】
エゾツツジ。
【山道の花】 エゾツツジ。
 【山道の花】
ハクサンイチゲ。
【山道の花】 ハクサンイチゲ。
 【山道の花】
オオハナウド。
【山道の花】 オオハナウド。
 【山道の花】
ウサギギク。
【山道の花】 ウサギギク。
 ハクサンイチゲの群落。
ハクサンイチゲの群落。
 【山道の花】
チングルマ。
【山道の花】 チングルマ。
 【山道の花】
アズマギクとヨツバシオガマ。
【山道の花】 アズマギクとヨツバシオガマ。
 9合目到着。
9合目到着。
 【山道の花】
ウコンウツギ。
【山道の花】 ウコンウツギ。
 この辺から青系の花が多くなる。
この辺から青系の花が多くなる。
 【山道の花】
マシケゲンゲ。
【山道の花】 マシケゲンゲ。
 お花畑と南暑寒岳④
お花畑と南暑寒岳④
 【山道の花】
ツマトリソウ。
【山道の花】 ツマトリソウ。
 這松の海。
這松の海。
 【山道の花】
チングルマ。
【山道の花】 チングルマ。
 【山道の花】
ゴゼンタチバナとコケモモ。
【山道の花】 ゴゼンタチバナとコケモモ。
 【山道の花】
イワギキョウ。
【山道の花】 イワギキョウ。
 【山道の花】
アオノツガザクラ。
【山道の花】 アオノツガザクラ。
 【山道の花】
マイヅルソウ。
【山道の花】 マイヅルソウ。
 ケルンに到着。
ケルンに到着。
 山頂到着。
山頂到着。
 いつものように国稀が供えてある。
いつものように国稀が供えてある。
 【山頂からの眺望】
左が奥徳富岳、右が群別岳。
【山頂からの眺望】 左が奥徳富岳、右が群別岳。
 【山頂からの眺望】
浜益岳。
【山頂からの眺望】 浜益岳。
 【山頂からの眺望】
南暑寒岳。
【山頂からの眺望】 南暑寒岳。
 三角点と西暑寒岳。
三角点と西暑寒岳。
 【山頂からの眺望】
知来岳。
【山頂からの眺望】 知来岳。
 【山頂からの眺望】
ホンジャマ平。
【山頂からの眺望】 ホンジャマ平。
 【山道の花】
マルバダケブキ
【山道の花】 マルバダケブキ
 【山道の花】
タカネナナカマド。
【山道の花】 タカネナナカマド。
 【山道の花】
pon連れさんから教えてもらって正体が判明!!
アイヌネギの蕾。
【山道の花】 pon連れさんから教えてもらって正体が判明!! アイヌネギの蕾。
 【山道の花】
カラマツソウ。
【山道の花】 カラマツソウ。
 【山道の花】
イワイチョウ。
【山道の花】 イワイチョウ。

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。