地下足袋登山のススメ その3 ~地下足袋の選び方

2020.07.07(火) 日帰り

活動詳細

すべて見る

あ。どーも。こんにちは。 登山中に地下足袋を履いている人を見ると興奮して話しかけてしまう らん坊です。 地下足袋はどれも一緒でしょ?と思われる方が多いと思います。 しかし同じ縫付タイプでも1300円位~2500円位とピンキリです。 で、何が違うの?って不思議に思われる方に、今回は地元のワークマンで売っている縫付タイプの地下足袋を説明します。 また後半に試着する際の注意点を記載してありますので、暇な方は読んでください。 ※地下足袋初心者は、丸五のジョグ地下足袋(貼付けタイプ)が無難でオススメです。 [2020/10/1 追記] ◆力王社製 力王ファイター 一番オススメの地下足袋です。 地下足袋の国内シェア約半分を占めている、地下足袋トップの力王の代表作。 丈夫に作られたファイターは、縫付タイプの中で一番丈夫です。 そしてなんといっても歩きやすいです。 税込2139円と地下足袋では高価ですが、値段に見合う価値があります。 縫付タイプの地下足袋の中で何を買えば迷ったら、ファイターを買っておけば間違いなしです。 マイナス要素がないので、特筆すべき点はありません。 ◆丸五社製 万年縫付 少しでも安く抑えたいという方にオススメの地下足袋。 最近は足袋でファッション業界にも進出している丸五の地下足袋になります。 ファイターに比べれば安いですが、履き心地、歩き心地共にファイターに負けず劣らずの一品です。 しかし素材の綿が弱いのか縫い方が雑なのか分かりませんが、ファイターに比べたら断然弱く、すぐにダメになってしまいます。 税込1508円とファイターに比べたら安いので、縫い付けタイプの地下足袋で登ってみたいという方にオススメです。 ◆ワークマン オリジナル PB地下足袋 (商品名なし) この地下足袋は登山には不向きなので、登山のための購入は止めておきましょう。 ※仕事・現場で使う分には問題ありません。 製造元は書いていませんが、製造元はファイターを作っている力王になります。 ソールなど形状はファイターにそっくりですが、踵の部分が明らかに違います。 この踵の部分が致命的で、とにかく歩きにくいのでオススメできません。 写真を見比べて頂けると分かりますが、踵に立ち上がりがないため、足が足袋の中で下にズリ落ちてしまい、指先に力が入りません。 少しぐらいの坂道なら問題ありませんが、長い距離を登るとなると問題かと。 このワークマンPB地下足袋を履くなら、丸五の万年縫付をオススメします。 この地下足袋は数回しか履いていないので、素材の丈夫さは分かりません。 ソールはどれも新品は柔らかく問題ありません。 またいずれも半年も経つとゴムがすり減り、固くなり滑りやすくなります。 体感ですが、丸五万年縫付よりも力王ファイターの方が一番持つような気はします。 (検証したわけではないので確証はありません。) 貼付けタイプの地下足袋は履かないので、貼付けタイプについては他の方のレビューを参考にしてください。 サイズ寸法ですが、基本的には足の大きさピッタリが良いです。 普通の靴だと踵の隙間に指一本入るようにと言われていますが、地下足袋では指が入らない程度のピッタリサイズで、尚且つキツすぎないサイズがオススメです。 キツすぎると指に圧がかかり痛くなります。 もしいきなり地下足袋を履くことに不安がある方は、5本指の靴下を履いてください。 裸足でも靴下を履いていても問題はありません。 地下足袋を試し履きする際は、コハゼを全部きちんと締めてください。 自分は足が小さいのですが、太腿が太いせいでコハゼが締められない場合があります。 そんな脚が太くて締められないという方には、力王〆太シリーズがオススメです。 また試し履きをする際には、必ず指先を伸ばしてください。 親指と人差し指の間が痛いのはキツすぎです。指の間に全く当たらないのは大きすぎです。 指の間に当たるけど痛くない程度のサイズを選んでください。 地下足袋登山のススメ ◆その1 ~ メリット、デメリット ~ https://yamap.com/activities/6843275 ◆その2 ~地下足袋の種類について https://yamap.com/activities/6845941 ◆その3 ~地下足袋の選び方 https://yamap.com/activities/6845976 ◆その4 ~歩き方 フォアフット & なんば歩き https://yamap.com/activities/6874994 登山の歩き方 ◇その1 ~ 静荷重静移動歩行法 ~ https://yamap.com/moments/416472 ◇その2 ~ 虎ひしぎ ~ (仮) https://yamap.com/activities/14840921 地下足袋初心者にオススメの地下足袋 ◆万能タイプのマルゴ社の「ジョグ」 https://yamap.com/moments/758062 ◆足の小さい女性もピッタリ? 「快足5枚A」 https://yamap.com/moments/855257 もし質問があれば下記の新しいアカウントへメッセージをください。 https://yamap.com/users/2391488

 一番のオススメ
力王社製
力王ファイター

縫付タイプの中で素材は一番丈夫です。
そして歩きやすいです。
税込2139円と地下足袋では高価ですが、値段に見合う価値があります。
一番のオススメ 力王社製 力王ファイター 縫付タイプの中で素材は一番丈夫です。 そして歩きやすいです。 税込2139円と地下足袋では高価ですが、値段に見合う価値があります。
 力王 ファイター
力王 ファイター
 二番目にオススメ
丸五社製
万年縫付12枚

履き心地、歩き心地はファイターに劣りません。
しかし、綿の素材が弱くすぐにボロボロになってしまいます。
税込1508円とファイターに比べたら安いですが、値段相応ってところでしょうか。
二番目にオススメ 丸五社製 万年縫付12枚 履き心地、歩き心地はファイターに劣りません。 しかし、綿の素材が弱くすぐにボロボロになってしまいます。 税込1508円とファイターに比べたら安いですが、値段相応ってところでしょうか。
 丸五 万年縫付12枚
丸五 万年縫付12枚
 丸五 万年縫付の足裏
力王と違い、真ん中に溝があります。
実際に登ってみて、違いはほとんど分かりません。
丸五 万年縫付の足裏 力王と違い、真ん中に溝があります。 実際に登ってみて、違いはほとんど分かりません。
 丸五万年縫付

作りが粗いです。
糊がはみ出したままです。
丸五万年縫付 作りが粗いです。 糊がはみ出したままです。
 登山に向いていない購入NGの地下足袋。
ワークマン オリジナルブランド

製造元は力王でファイターに似ていますが、踵がないので登りにくにです。
現場で使う分には問題ありませんが、長時間坂道を上る登山には向いていません。
登山に向いていない購入NGの地下足袋。 ワークマン オリジナルブランド 製造元は力王でファイターに似ていますが、踵がないので登りにくにです。 現場で使う分には問題ありませんが、長時間坂道を上る登山には向いていません。
 ファイター(左)と、ワークマンPB地下足袋(右)

ソールはヒダの数とブロックの形が多少違うだけで、見た目はほとんど変わりません。
ファイター(左)と、ワークマンPB地下足袋(右) ソールはヒダの数とブロックの形が多少違うだけで、見た目はほとんど変わりません。
 ファイター(左)と、ワークマンPB地下足袋(右)

ワークマンPBの方は安っぽいです。
ファイター(左)と、ワークマンPB地下足袋(右) ワークマンPBの方は安っぽいです。
 力王ファイター
踵の立上りがしっかりしています。
縫製もガッチリで安心です。
力王ファイター 踵の立上りがしっかりしています。 縫製もガッチリで安心です。
 丸五 万年縫付
踵の立上りがあるので、歩きやすいです。
ファイターに比べると縫製が心もとないですが問題ありません。
丸五 万年縫付 踵の立上りがあるので、歩きやすいです。 ファイターに比べると縫製が心もとないですが問題ありません。
 ワークマンPB地下足袋
他と見比べると一目瞭然!
踵の立上りがないので、上り坂では足がズリ下がり、指先に力が入らず歩きにくいです。
ワークマンPB地下足袋 他と見比べると一目瞭然! 踵の立上りがないので、上り坂では足がズリ下がり、指先に力が入らず歩きにくいです。
 実際に必ず試着してください。
同じ商品、同じサイズでも、全く同じ物はありません。
実際に必ず試着してください。 同じ商品、同じサイズでも、全く同じ物はありません。
 試着したら、足先を伸ばしてみてください。
親指と人差し指の間が当る程度のを選びましょう。
足を伸ばしてみて、痛いと感じるのは止めておきましょう。
試着したら、足先を伸ばしてみてください。 親指と人差し指の間が当る程度のを選びましょう。 足を伸ばしてみて、痛いと感じるのは止めておきましょう。

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。