残雪の男体山

2014.03.23(日) 07:11 - 2014.03.23(日) 15:03
前月の八ヶ岳と同様のメンバーで入山。22日夜に東武日光にて前夜泊(東照宮観光)。翌日タクシーにて登山口まで移動。 男体山はシーズンならば入山料も払う必要もある信仰の山である。 しかし冬は「登山者の良心を信じます」ということで入山は非推奨(前述の看板あり)。 何人かのパーティも見かけたが入山するときは自己責任を。 ただひたすら急登を登り続ける必要のあるきつい山。雪は締まっており、わかんなどの必要はない。 この日は天候にはあまり恵まれず、それほど寒くはなかったが雪もちらほら降っていた。 3合目から4合目の間は車道歩きとなるが3合目車道に出ての左脇からショートカットができる。 分かりにくいが大幅に時間を削減できるため、活用するとよい(ちなみに行きは車道を歩いているが、鹿の死体が転がっているなどあまりお勧めしない)。 4合目から8合目までは1合目から3合目と同じように樹林の中の急な登り。休憩場所は少ないので、各合目の道標あたりで休むとよい。 8合目から先は風よけもないため、一気に抜けて山頂を目指す。 残念ながら展望はあまりなく、シッティンググリセード、などといいながら滑り落ちたり、駆け下りたりと特筆するものはなし。 夏も含めると3回目の入山となるが展望は一度も恵まれていない。意外に東京からはアクセスするのは安い(時間はかかるが)ためチャンスがあったらまた登ろうと思う。(東武の往復パスポートが非常に役立つ。割引が適用されるレイクサイドホテルの日帰り湯はお勧め)

写真

コメント

読み込み中...

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。 報告フォームはこちら

登山ほけん

1日単位で入れる YAMAP登山ほけん

週末の登山に、1日250円から入れる手軽なYAMAP登山ほけん。