長崎市南部(遠見山~戸町岳)縦走-2020-06-28

2020.06.28(日) 日帰り
すぅさん
すぅさん

活動データ

タイム

11:27

距離

30.3km

上り

2044m

下り

2043m

チェックポイント

活動詳細

もっと見る

長崎市南部の脇岬から女神大橋(遠見山~戸町岳)までの縦走。 先週チャレンジするも、訳有って計画変更を余儀なくされたこの計画。ゴール後も何かスッキリしない🙄ものが有り、再チャレンジの機会をうかがっていたところ、前日の天気予報で夜明け前に雨は止み、天候は快方🌤へ向かうようだったので、ダメ元で前夜から前乗りし、車中泊🚗😴で朝を待つ…。 当日は、日の出5:15、日の入り19:33。先週一部(と言いつつほぼ8割)歩いてみて計画よりも早くゴールできる目処はたっていたので、夜明け間近の5:00スタート予定で、4:00に起き、雨が降っていない事の確認と、天気予報の再確認とを行ってから準備に取り掛かり、予定通り5:00に脇岬バス停をスタート。 脇岬~①遠見山、②殿隠山、③黒岳、④鶴山、⑤秋葉山、⑥寺岳、⑦佐敷岳、⑧小八郎岳、⑨八郎岳、⑩熊ヶ峰、⑪戸町岳~女神バス停の予定です。 朝のうちは、木々の葉に付いた雨の雫に少し悩まされましたが、足元は予想していたほどは悪くなく、雲のおかげで日差しも強く無く、涼しいくらいの快適な山行でした。当然、眺望はあまり良くありませんでしたが、今回は縦走することが第一目的でしたので、十分に目的を達成することができました。 16:27 予定ルートの縦走を終え、予定の14時間より2時間33分早い11時間27分で、陽の高いうちに無事ゴールできました🤣。尚、計画には休憩や食事の時間も普通に予定していますが、実際には10分以内の休憩を4回程度しか取っていません。ゴール後は、バス🚌でスタート地点の脇岬まで戻ります。(24.6km、49分、690円) これまでの最長距離更新で、今回もさすがに疲れました。今日程度の山行までが今の私の1日の限界のようです。翌日も脚はほぼ問題無く動きましたが、持病の腰痛が少々…。脚は鍛錬で強くなりますが、腰はそうはいかず衰える一方のようで…😟。これだけ歩けば仕方がないですかね…😛。 ※今回も写真が多くなっていますが、次の計画をする際など、分岐間の時間が分かりやすいように、できるだけ分岐の写真(時間)を残しておくようにしているのも一因のようです。いずれにしてもこれだけ距離が長くなればある程度は仕方がないですね…。😛

八郎岳・松尾岳・熊ヶ峰 5:00 脇岬バス停をスタート。雨は降りそうにありませんが、これから登る遠見山方面はガスで見えません。
5:00 脇岬バス停をスタート。雨は降りそうにありませんが、これから登る遠見山方面はガスで見えません。
八郎岳・松尾岳・熊ヶ峰 妙現宮鳥居。脱帽一礼で端を潜り…。
妙現宮鳥居。脱帽一礼で端を潜り…。
八郎岳・松尾岳・熊ヶ峰 妙現宮。ここで今日の山行の安全を祈願します。その後、振り返り…。
妙現宮。ここで今日の山行の安全を祈願します。その後、振り返り…。
八郎岳・松尾岳・熊ヶ峰 境内奥の、ここから遠見山に取り付きます。
境内奥の、ここから遠見山に取り付きます。
八郎岳・松尾岳・熊ヶ峰 遠見山(259m)山頂。
遠見山(259m)山頂。
八郎岳・松尾岳・熊ヶ峰 遠見山(259m)山頂。残念ながらガスで樺島方面の眺望は叶わず…。
遠見山(259m)山頂。残念ながらガスで樺島方面の眺望は叶わず…。
八郎岳・松尾岳・熊ヶ峰 殿隠山(とのがくれやま263m)山頂。
殿隠山(とのがくれやま263m)山頂。
八郎岳・松尾岳・熊ヶ峰 殿隠山(とのがくれやま263m)山頂。※眺望無し。
殿隠山(とのがくれやま263m)山頂。※眺望無し。
八郎岳・松尾岳・熊ヶ峰 分岐(↓殿隠山、↙高浜、↑木場)目印の奇形木。どうしてこんな形になったのでしょうか???
分岐(↓殿隠山、↙高浜、↑木場)目印の奇形木。どうしてこんな形になったのでしょうか???
八郎岳・松尾岳・熊ヶ峰 県道34号への出合い。ここから500m程県道を歩き…。
県道34号への出合い。ここから500m程県道を歩き…。
八郎岳・松尾岳・熊ヶ峰 ここが脇岬町終点の野母半島サイクリング道路に入り、↑江川町起点方面へ進みます。(↑サイクリング道路江川町起点、↗川原、↓野母)
ここが脇岬町終点の野母半島サイクリング道路に入り、↑江川町起点方面へ進みます。(↑サイクリング道路江川町起点、↗川原、↓野母)
八郎岳・松尾岳・熊ヶ峰 野母半島サイクリング道路の脇岬町終点。ここから4km程は自転車道を歩きますが…。
野母半島サイクリング道路の脇岬町終点。ここから4km程は自転車道を歩きますが…。
八郎岳・松尾岳・熊ヶ峰 早速入口付近から少し荒れています。
早速入口付近から少し荒れています。
八郎岳・松尾岳・熊ヶ峰 時折太陽が顔を出すようになりました。このあたりで歩きながら行動食による朝食です。
時折太陽が顔を出すようになりました。このあたりで歩きながら行動食による朝食です。
八郎岳・松尾岳・熊ヶ峰 自転車道3.2km程の地点から階段をショートカット。
自転車道3.2km程の地点から階段をショートカット。
八郎岳・松尾岳・熊ヶ峰 自転車道と林道との交差点。ここからは林道のほうが近いので、↖林道を750m程歩きます。
自転車道と林道との交差点。ここからは林道のほうが近いので、↖林道を750m程歩きます。
八郎岳・松尾岳・熊ヶ峰 標柱のある分岐(↖以下宿(夫婦岩)、↗蚊焼、↓脇岬)を↗蚊焼方面へ。
標柱のある分岐(↖以下宿(夫婦岩)、↗蚊焼、↓脇岬)を↗蚊焼方面へ。
八郎岳・松尾岳・熊ヶ峰 分岐標柱。(御嵜ヨリ二里、長崎ヨリ五里) 」※「御嵜(みさき)」とは、たぶん脇岬町の観音寺。
分岐標柱。(御嵜ヨリ二里、長崎ヨリ五里) 」※「御嵜(みさき)」とは、たぶん脇岬町の観音寺。
八郎岳・松尾岳・熊ヶ峰 野母半島サイクリング道路と再合流。しばらく並走しますが自転車道を200m程進み…。
野母半島サイクリング道路と再合流。しばらく並走しますが自転車道を200m程進み…。
八郎岳・松尾岳・熊ヶ峰 野母半島サイクリング道路の黒岳方面取り付き(→黒岳、↑蚊焼、↓以下宿)。ここで自転車道とはしばらくお別れし…。
野母半島サイクリング道路の黒岳方面取り付き(→黒岳、↑蚊焼、↓以下宿)。ここで自転車道とはしばらくお別れし…。
八郎岳・松尾岳・熊ヶ峰 これより黒岳方面へ向かい山に入ります。(↑黒岳、←蚊焼、→以下宿)。
これより黒岳方面へ向かい山に入ります。(↑黒岳、←蚊焼、→以下宿)。
八郎岳・松尾岳・熊ヶ峰 みさき道から黒岳への取り付き(↖黒岳、↑秋葉山、↓以下宿)。
みさき道から黒岳への取り付き(↖黒岳、↑秋葉山、↓以下宿)。
八郎岳・松尾岳・熊ヶ峰 黒岳(243.6m)山頂。眺望無し。昨年YAMAPの山頂マークに仲間入り。
黒岳(243.6m)山頂。眺望無し。昨年YAMAPの山頂マークに仲間入り。
八郎岳・松尾岳・熊ヶ峰 黒岳(243.6m)山頂三角点。
黒岳(243.6m)山頂三角点。
八郎岳・松尾岳・熊ヶ峰 黒岳山頂の石標。陸軍省「長崎要塞区域標」と彫られています。
黒岳山頂の石標。陸軍省「長崎要塞区域標」と彫られています。
八郎岳・松尾岳・熊ヶ峰 分岐(↑秋葉山、→高巻尾根道、↓以下宿)。今回はここから→へ鶴山方面を目指してみます…。右へ曲がり20m程進むと…。
分岐(↑秋葉山、→高巻尾根道、↓以下宿)。今回はここから→へ鶴山方面を目指してみます…。右へ曲がり20m程進むと…。
八郎岳・松尾岳・熊ヶ峰 案内標識がありました。ありがたいですが…。
案内標識がありました。ありがたいですが…。
八郎岳・松尾岳・熊ヶ峰 ↑と←になんとなく踏み跡が有り…。思案の結果、左に進み、所々にあるテープをたどると…。
↑と←になんとなく踏み跡が有り…。思案の結果、左に進み、所々にあるテープをたどると…。
八郎岳・松尾岳・熊ヶ峰 到着しました。
鶴山(251m)山頂。眺望無し。昨年YAMAPの山頂マークに仲間入り。
到着しました。 鶴山(251m)山頂。眺望無し。昨年YAMAPの山頂マークに仲間入り。
八郎岳・松尾岳・熊ヶ峰 鶴山(251m)山頂。あまり感心できない山頂目印。
鶴山(251m)山頂。あまり感心できない山頂目印。
八郎岳・松尾岳・熊ヶ峰 みさき道(←黒岳、→秋葉山、↓鶴山)に戻り…。→秋葉山方面へ。
みさき道(←黒岳、→秋葉山、↓鶴山)に戻り…。→秋葉山方面へ。
八郎岳・松尾岳・熊ヶ峰 みさきみちの秋葉山分岐(↑蚊焼、↗秋葉山、↓以下宿)を↗秋葉山方面へ。
みさきみちの秋葉山分岐(↑蚊焼、↗秋葉山、↓以下宿)を↗秋葉山方面へ。
八郎岳・松尾岳・熊ヶ峰 秋葉山(254m)三角点。 山頂標識はこの先東北東へ150m程の位置ですが、YAMAPではここが山頂マークになっています。
秋葉山(254m)三角点。 山頂標識はこの先東北東へ150m程の位置ですが、YAMAPではここが山頂マークになっています。
八郎岳・松尾岳・熊ヶ峰 秋葉山(254m)三角点。
秋葉山(254m)三角点。
八郎岳・松尾岳・熊ヶ峰 秋葉山(254m)山頂。眺望無し。三角点は西南西へ150m程の位置です。どちらが山頂なのでしょうか?
秋葉山(254m)山頂。眺望無し。三角点は西南西へ150m程の位置です。どちらが山頂なのでしょうか?
八郎岳・松尾岳・熊ヶ峰 秋葉山山頂の祠。ここでも安全を祈願した後、今日は秋葉神社へは下らず…。
秋葉山山頂の祠。ここでも安全を祈願した後、今日は秋葉神社へは下らず…。
八郎岳・松尾岳・熊ヶ峰 来た道を50m程戻った所の分岐(→、蚊焼、↑秋葉山三角点、↓山頂標識)を→蚊焼方面へ100m程下り…。
来た道を50m程戻った所の分岐(→、蚊焼、↑秋葉山三角点、↓山頂標識)を→蚊焼方面へ100m程下り…。
八郎岳・松尾岳・熊ヶ峰 みさき道(←以下宿、→蚊焼山、↓秋葉山)に合流し、→蚊焼方面へ。
みさき道(←以下宿、→蚊焼山、↓秋葉山)に合流し、→蚊焼方面へ。
八郎岳・松尾岳・熊ヶ峰 みさき道分岐(↑以下宿、↓蚊焼山、←秋葉山)見返り。
みさき道分岐(↑以下宿、↓蚊焼山、←秋葉山)見返り。
八郎岳・松尾岳・熊ヶ峰 秋葉山分岐付近の郷路八幡にも立ち寄り安全祈願。
秋葉山分岐付近の郷路八幡にも立ち寄り安全祈願。
八郎岳・松尾岳・熊ヶ峰 分岐。(↑蚊焼、↓秋葉山、↘秋葉神社)を↑蚊焼方面へ。前回は秋葉神社の方からここに合流しました。
分岐。(↑蚊焼、↓秋葉山、↘秋葉神社)を↑蚊焼方面へ。前回は秋葉神社の方からここに合流しました。
八郎岳・松尾岳・熊ヶ峰 林道に出合い、斜めに横断してガードレールの切れ目から下ります。
林道に出合い、斜めに横断してガードレールの切れ目から下ります。
八郎岳・松尾岳・熊ヶ峰 再度、林道に出合い、振り返ると…。
再度、林道に出合い、振り返ると…。
八郎岳・松尾岳・熊ヶ峰 「みさきみち」取付きの道標です。これより→へ向かい、舗装道路を元宮公園まで約2km程度歩きます。
「みさきみち」取付きの道標です。これより→へ向かい、舗装道路を元宮公園まで約2km程度歩きます。
八郎岳・松尾岳・熊ヶ峰 立体交差上より、下を走る野母半島サイクリング道路(脇岬町終点側方面)と縦走してきた秋葉山方面。
立体交差上より、下を走る野母半島サイクリング道路(脇岬町終点側方面)と縦走してきた秋葉山方面。
八郎岳・松尾岳・熊ヶ峰 これから向かう縦走路(寺岳、佐敷岳、小八郎岳、八郎岳)が見える場所ですが、ガスが低く垂れこめています。
これから向かう縦走路(寺岳、佐敷岳、小八郎岳、八郎岳)が見える場所ですが、ガスが低く垂れこめています。
八郎岳・松尾岳・熊ヶ峰 花の名は?。近くにいたお宅の方にお伺いしたら、ブーゲンビリアだそうです。山から下りてきた所で癒されました。
花の名は?。近くにいたお宅の方にお伺いしたら、ブーゲンビリアだそうです。山から下りてきた所で癒されました。
八郎岳・松尾岳・熊ヶ峰 またまた合流した野母半島サイクリング道路(←江川町起点、→脇岬町終点)を←江川町起点方面へ。
またまた合流した野母半島サイクリング道路(←江川町起点、→脇岬町終点)を←江川町起点方面へ。
八郎岳・松尾岳・熊ヶ峰 これから向かう縦走路。先程からわずか10分程の間にガスもだいぶ晴れてきたような気がします。頂上に着くころにはどうでしょうか???
これから向かう縦走路。先程からわずか10分程の間にガスもだいぶ晴れてきたような気がします。頂上に着くころにはどうでしょうか???
八郎岳・松尾岳・熊ヶ峰 自転車道は脇岬町終点から14km地点。正面に見える交差点を右に横断し…。
自転車道は脇岬町終点から14km地点。正面に見える交差点を右に横断し…。
八郎岳・松尾岳・熊ヶ峰 そのまま自転車道を進むと…。やっぱりガスが徐々に晴れてきている…。期待が持てます。
そのまま自転車道を進むと…。やっぱりガスが徐々に晴れてきている…。期待が持てます。
八郎岳・松尾岳・熊ヶ峰 元宮公園。ここで自転車道とはお別れです。ここは標高約16m、これから寺岳452mへの一気登りに備え、栄養・水分補給の小休憩後…。
元宮公園。ここで自転車道とはお別れです。ここは標高約16m、これから寺岳452mへの一気登りに備え、栄養・水分補給の小休憩後…。
八郎岳・松尾岳・熊ヶ峰 まずは公園内の階段を上ります。
まずは公園内の階段を上ります。
八郎岳・松尾岳・熊ヶ峰 元宮公園内の394段の階段を一気に上り切ります。正面の寺岳にはまだガスが…。
元宮公園内の394段の階段を一気に上り切ります。正面の寺岳にはまだガスが…。
八郎岳・松尾岳・熊ヶ峰 元宮公園を後に、車道を450m程歩くと…。
元宮公園を後に、車道を450m程歩くと…。
八郎岳・松尾岳・熊ヶ峰 ↖寺岳登山口。恐らく今日一番きつい登りの始まりです。
↖寺岳登山口。恐らく今日一番きつい登りの始まりです。
八郎岳・松尾岳・熊ヶ峰 登山口の防獣柵。ロープを解き開けたら閉めます。この先約200m程は防獣柵沿いに進みます。
登山口の防獣柵。ロープを解き開けたら閉めます。この先約200m程は防獣柵沿いに進みます。
八郎岳・松尾岳・熊ヶ峰 ここは🐗が潜ったみたいです…。
ここは🐗が潜ったみたいです…。
八郎岳・松尾岳・熊ヶ峰 ここで防獣柵とはお別れ…。
ここで防獣柵とはお別れ…。
八郎岳・松尾岳・熊ヶ峰 やっぱり祠かなぁ~?
やっぱり祠かなぁ~?
八郎岳・松尾岳・熊ヶ峰 結構な急斜面で足掛かりが少ないので、ふくらはぎが伸び切り、結構きついです。階段状になっていればまだ楽なのですが…。
結構な急斜面で足掛かりが少ないので、ふくらはぎが伸び切り、結構きついです。階段状になっていればまだ楽なのですが…。
八郎岳・松尾岳・熊ヶ峰 道の真ん中に🍄…。思わず踏みそうに…。
道の真ん中に🍄…。思わず踏みそうに…。
八郎岳・松尾岳・熊ヶ峰 寺岳山頂手前の利作岩。残念ながらガスは晴れていませんでしたが、休憩していると…。
寺岳山頂手前の利作岩。残念ながらガスは晴れていませんでしたが、休憩していると…。
八郎岳・松尾岳・熊ヶ峰 見る見るガスが晴れてきた利作岩。秋葉山までは見えませんが、椿が丘団地・蚊焼方面が見え…。
見る見るガスが晴れてきた利作岩。秋葉山までは見えませんが、椿が丘団地・蚊焼方面が見え…。
八郎岳・松尾岳・熊ヶ峰 高島・伊王島まで見える程にガスが晴れてきました。休憩を終え約30m程歩けば…。
高島・伊王島まで見える程にガスが晴れてきました。休憩を終え約30m程歩けば…。
八郎岳・松尾岳・熊ヶ峰 寺岳(451.8m)山頂。眺望無し。ここで今日の予定の半分以上は終わったようなもの…。
寺岳(451.8m)山頂。眺望無し。ここで今日の予定の半分以上は終わったようなもの…。
八郎岳・松尾岳・熊ヶ峰 寺岳(451.8m)山頂三角点。
寺岳(451.8m)山頂三角点。
八郎岳・松尾岳・熊ヶ峰 寺岳(451.8m)山頂。
寺岳(451.8m)山頂。
八郎岳・松尾岳・熊ヶ峰 寺岳~桟敷岳間の岩場より寺岳方面。
寺岳~桟敷岳間の岩場より寺岳方面。
八郎岳・松尾岳・熊ヶ峰 寺岳~桟敷岳間の岩場より城山・高島・伊王島方面。
寺岳~桟敷岳間の岩場より城山・高島・伊王島方面。
八郎岳・松尾岳・熊ヶ峰 これも🍄?
これも🍄?
八郎岳・松尾岳・熊ヶ峰 桟敷岳から100mちょっと手前の岩場より寺岳(451.8m)方面や…。
桟敷岳から100mちょっと手前の岩場より寺岳(451.8m)方面や…。
八郎岳・松尾岳・熊ヶ峰 城山・香焼・伊王島方面はよく見えていますが…。
城山・香焼・伊王島方面はよく見えていますが…。
八郎岳・松尾岳・熊ヶ峰 寺岳(451.8m)よりも標高が138m程高い長崎市内最高峰八郎岳(590m)山頂は残念ながらまだガスの中…。
寺岳(451.8m)よりも標高が138m程高い長崎市内最高峰八郎岳(590m)山頂は残念ながらまだガスの中…。
八郎岳・松尾岳・熊ヶ峰 佐敷岳(502m)山頂。ここまで上がるとガスで市内方面は見えませんが…。
佐敷岳(502m)山頂。ここまで上がるとガスで市内方面は見えませんが…。
八郎岳・松尾岳・熊ヶ峰 縦走してきた寺岳方面は見えていました。
縦走してきた寺岳方面は見えていました。
八郎岳・松尾岳・熊ヶ峰 超派手な🍄発見😲
調べてみたらタマゴタケっていうのに似ていますが、はたして正解は???
超派手な🍄発見😲 調べてみたらタマゴタケっていうのに似ていますが、はたして正解は???
八郎岳・松尾岳・熊ヶ峰 千々峠(乙女峠)に出てきました。正面は小八郎岳。山から出て急に広がる好きな風景です。
千々峠(乙女峠)に出てきました。正面は小八郎岳。山から出て急に広がる好きな風景です。
八郎岳・松尾岳・熊ヶ峰 小八郎岳の牧道分岐(↖八郎岳、↗小八郎岳、↘千々峠)を↗小八郎岳方面へ。
小八郎岳の牧道分岐(↖八郎岳、↗小八郎岳、↘千々峠)を↗小八郎岳方面へ。
八郎岳・松尾岳・熊ヶ峰 小八郎岳(564m)山頂。眺望ほぼ無し。
小八郎岳(564m)山頂。眺望ほぼ無し。
八郎岳・松尾岳・熊ヶ峰 小八郎岳(564m)山頂見返り。
小八郎岳(564m)山頂見返り。
八郎岳・松尾岳・熊ヶ峰 小八郎岳山頂付近見返り。わずかにツツジが残っていました。
小八郎岳山頂付近見返り。わずかにツツジが残っていました。
八郎岳・松尾岳・熊ヶ峰 分岐(↖小八郎岳、↗八郎岳、↘千々)を↗八郎岳方面へ。
分岐(↖小八郎岳、↗八郎岳、↘千々)を↗八郎岳方面へ。
八郎岳・松尾岳・熊ヶ峰 小八郎岳巻道分岐(→八郎岳、↙小八郎岳、↖千々峠)を→八郎岳方面へ。
小八郎岳巻道分岐(→八郎岳、↙小八郎岳、↖千々峠)を→八郎岳方面へ。
八郎岳・松尾岳・熊ヶ峰 巻道分岐からは約200m程、未舗装の林道を歩きます。道が広くなり少しホッとするのでここも好きな所です。
巻道分岐からは約200m程、未舗装の林道を歩きます。道が広くなり少しホッとするのでここも好きな所です。
八郎岳・松尾岳・熊ヶ峰 林道からの分岐(↑八郎岳、↗熊ヶ峰、↙小八郎岳)を↑八郎岳方面への山道へ。
林道からの分岐(↑八郎岳、↗熊ヶ峰、↙小八郎岳)を↑八郎岳方面への山道へ。
八郎岳・松尾岳・熊ヶ峰 分岐。今日もゴールまでまだ先が長いので8分ルートで八郎岳へ。ちなみにかかった時間は正解!本当に8分でした。
分岐。今日もゴールまでまだ先が長いので8分ルートで八郎岳へ。ちなみにかかった時間は正解!本当に8分でした。
八郎岳・松尾岳・熊ヶ峰 分岐(↖八郎岳、↑熊ヶ峰、↓小八郎岳)を↖八郎岳方面へ。
分岐(↖八郎岳、↑熊ヶ峰、↓小八郎岳)を↖八郎岳方面へ。
八郎岳・松尾岳・熊ヶ峰 分岐(←八郎岳、→熊ヶ峰、↓小八郎岳)を←八郎岳方面へ。
分岐(←八郎岳、→熊ヶ峰、↓小八郎岳)を←八郎岳方面へ。
八郎岳・松尾岳・熊ヶ峰 八郎岳(590m)山頂。長崎市内で一番標高の高い山です。残念ながら今日はガスで眺望は叶わず…。
八郎岳(590m)山頂。長崎市内で一番標高の高い山です。残念ながら今日はガスで眺望は叶わず…。
八郎岳・松尾岳・熊ヶ峰 八郎岳(590m)山頂三角点。今日も賑わっているかと思いきや…。この天気のせいか、熊本からおいでの4名の方々のみ。少しお話した後、熊ヶ峰方面へ。結局、今日一日11時間27分の山行でお会いしたのはこの4名の方々だけでした。
八郎岳(590m)山頂三角点。今日も賑わっているかと思いきや…。この天気のせいか、熊本からおいでの4名の方々のみ。少しお話した後、熊ヶ峰方面へ。結局、今日一日11時間27分の山行でお会いしたのはこの4名の方々だけでした。
八郎岳・松尾岳・熊ヶ峰 分岐見返り(↑八郎岳、←小八郎岳、→熊ヶ峰)を→熊ヶ峰方面へ。
分岐見返り(↑八郎岳、←小八郎岳、→熊ヶ峰)を→熊ヶ峰方面へ。
八郎岳・松尾岳・熊ヶ峰 林道出合い(↓八郎岳、←土井首、→大崎、↑熊ヶ峰)。林道を横断し、その先を…。
林道出合い(↓八郎岳、←土井首、→大崎、↑熊ヶ峰)。林道を横断し、その先を…。
八郎岳・松尾岳・熊ヶ峰 横断した先を↗熊ヶ峰・烏帽子岩・唐八景方面へ。
横断した先を↗熊ヶ峰・烏帽子岩・唐八景方面へ。
八郎岳・松尾岳・熊ヶ峰 防火帯傍の中継所。何を中継している鉄塔でしょうか?
防火帯傍の中継所。何を中継している鉄塔でしょうか?
八郎岳・松尾岳・熊ヶ峰 中継所付近防火帯の下り始め。
中継所付近防火帯の下り始め。
八郎岳・松尾岳・熊ヶ峰 未舗装の林道沿いに出て、この後約600m程は林道沿いに出たり入ったりしながら進み…。
未舗装の林道沿いに出て、この後約600m程は林道沿いに出たり入ったりしながら進み…。
八郎岳・松尾岳・熊ヶ峰 ここで林道沿いから離れ、熊ヶ峰方面へ。
ここで林道沿いから離れ、熊ヶ峰方面へ。
八郎岳・松尾岳・熊ヶ峰 悪所岳分岐(↑熊ヶ峰、→悪所岳、↓八郎岳)を熊ヶ峰方面へ。
悪所岳分岐(↑熊ヶ峰、→悪所岳、↓八郎岳)を熊ヶ峰方面へ。
八郎岳・松尾岳・熊ヶ峰 熊ヶ峰(569m)山頂。眺望無し。
熊ヶ峰(569m)山頂。眺望無し。
八郎岳・松尾岳・熊ヶ峰 熊ヶ峰山頂。(←八郎岳、↑土井首(難路らしい)、→大山)
熊ヶ峰山頂。(←八郎岳、↑土井首(難路らしい)、→大山)
八郎岳・松尾岳・熊ヶ峰 分岐(↑烏帽子岩、←熊ヶ峰、→八郎岳)に戻り、↑烏帽子岩方面へ。
分岐(↑烏帽子岩、←熊ヶ峰、→八郎岳)に戻り、↑烏帽子岩方面へ。
八郎岳・松尾岳・熊ヶ峰 防火帯にチラホラ咲くツツジも終わりが近そう…。
防火帯にチラホラ咲くツツジも終わりが近そう…。
八郎岳・松尾岳・熊ヶ峰 分岐(↑止り、→林道、↓熊ヶ峰)を今日も素直に→林道へ下ります。
分岐(↑止り、→林道、↓熊ヶ峰)を今日も素直に→林道へ下ります。
八郎岳・松尾岳・熊ヶ峰 林道出会い。取り付きには八郎岳登山道の標識があります。
林道出会い。取り付きには八郎岳登山道の標識があります。
八郎岳・松尾岳・熊ヶ峰 林道分岐(↓熊ヶ峰、→烏帽子岩、←大山)。→烏帽子岩方面へ100m程舗装道路を歩き、左手から再び山に入ります。
林道分岐(↓熊ヶ峰、→烏帽子岩、←大山)。→烏帽子岩方面へ100m程舗装道路を歩き、左手から再び山に入ります。
八郎岳・松尾岳・熊ヶ峰 戸町岳分岐(↑烏帽子岩、→熊ヶ峰、↓戸町岳)の標識が掛かる木の根元には…。
戸町岳分岐(↑烏帽子岩、→熊ヶ峰、↓戸町岳)の標識が掛かる木の根元には…。
八郎岳・松尾岳・熊ヶ峰 「天明藩境塚E-5」の標識があります。
「天明藩境塚E-5」の標識があります。
八郎岳・松尾岳・熊ヶ峰 天明藩境塚E-5」の分岐(↑戸町岳、←熊ヶ峰、↓烏帽子岩)を↑戸町岳方面へ。シダの小道を進みます。
天明藩境塚E-5」の分岐(↑戸町岳、←熊ヶ峰、↓烏帽子岩)を↑戸町岳方面へ。シダの小道を進みます。
八郎岳・松尾岳・熊ヶ峰 シダの小道に終わりかけのツツジが映えます。
シダの小道に終わりかけのツツジが映えます。
八郎岳・松尾岳・熊ヶ峰 戸町岳が見えてきました。
戸町岳が見えてきました。
八郎岳・松尾岳・熊ヶ峰 戸町岳手前の急登。今日最後の登りで短い急登ですが、ジグザク登りが非常にありがたい。ここを登りきった後…。
戸町岳手前の急登。今日最後の登りで短い急登ですが、ジグザク登りが非常にありがたい。ここを登りきった後…。
八郎岳・松尾岳・熊ヶ峰 傾斜の緩い100m程の登りを経て…。
傾斜の緩い100m程の登りを経て…。
八郎岳・松尾岳・熊ヶ峰 戸町岳(427.2m)山頂。今日の縦走最後の山頂です。
戸町岳(427.2m)山頂。今日の縦走最後の山頂です。
八郎岳・松尾岳・熊ヶ峰 戸町岳(427.2m)山頂三角点。
戸町岳(427.2m)山頂三角点。
八郎岳・松尾岳・熊ヶ峰 戸町岳(427.2m)山頂より長崎港と市街地方面。彼方にはかすかに岩屋山の姿も…。
戸町岳(427.2m)山頂より長崎港と市街地方面。彼方にはかすかに岩屋山の姿も…。
八郎岳・松尾岳・熊ヶ峰 戸町岳山頂より小ヶ倉水源地・星取山・長崎市街地方面。これから向かうゴールの女神大橋も見えています。さぁ後は下るだけです。
戸町岳山頂より小ヶ倉水源地・星取山・長崎市街地方面。これから向かうゴールの女神大橋も見えています。さぁ後は下るだけです。
八郎岳・松尾岳・熊ヶ峰 分岐(←大山、→戸町、↓戸町岳)を→戸町方面へ。
分岐(←大山、→戸町、↓戸町岳)を→戸町方面へ。
八郎岳・松尾岳・熊ヶ峰 植林帯や…。
植林帯や…。
八郎岳・松尾岳・熊ヶ峰 竹林帯…。など飽きない登山道です。
竹林帯…。など飽きない登山道です。
八郎岳・松尾岳・熊ヶ峰 分岐(↑戸町中学校、↖新戸町、↓戸町岳、→戸町岳(竹林経由))は今回も↑戸町中学校方面へ。
分岐(↑戸町中学校、↖新戸町、↓戸町岳、→戸町岳(竹林経由))は今回も↑戸町中学校方面へ。
八郎岳・松尾岳・熊ヶ峰 新戸町配水槽の金網フェンスの傍を通り…。その先の…。
新戸町配水槽の金網フェンスの傍を通り…。その先の…。
八郎岳・松尾岳・熊ヶ峰 民家裏の石垣の上を通り、車道終端に出た所で見返り。これからゴールの女神バス停まで舗装道路を約2.6km歩きます。
民家裏の石垣の上を通り、車道終端に出た所で見返り。これからゴールの女神バス停まで舗装道路を約2.6km歩きます。
八郎岳・松尾岳・熊ヶ峰 団地(ウェリスパーク南長崎)の進入道路より大久保山方面。
団地(ウェリスパーク南長崎)の進入道路より大久保山方面。
八郎岳・松尾岳・熊ヶ峰 県道237号交差点(↑女神大橋、←野母崎、→長崎市街)を女神大橋方面へ。
※長崎県道51号長崎南環状線取付き道路と長崎県道237号小ヶ倉田上線の交差点です。
県道237号交差点(↑女神大橋、←野母崎、→長崎市街)を女神大橋方面へ。 ※長崎県道51号長崎南環状線取付き道路と長崎県道237号小ヶ倉田上線の交差点です。
八郎岳・松尾岳・熊ヶ峰 ながさき女神大橋道路の魚見山トンネル近くの高架道路より縦走してきた戸町岳~熊ヶ峰方面見返り。
ながさき女神大橋道路の魚見山トンネル近くの高架道路より縦走してきた戸町岳~熊ヶ峰方面見返り。
八郎岳・松尾岳・熊ヶ峰 魚見山トンネルの新戸町側。
魚見山トンネルの新戸町側。
八郎岳・松尾岳・熊ヶ峰 何の花かと思ったら幼いころよく遊んだ葉っぱでわかりました…。ネムの花ですね。ちらし寿司に乗っかっているピンクのやつみたいだなぁ~と思って調べてみたら田麩(でんぶ)って言うらしいです…。
何の花かと思ったら幼いころよく遊んだ葉っぱでわかりました…。ネムの花ですね。ちらし寿司に乗っかっているピンクのやつみたいだなぁ~と思って調べてみたら田麩(でんぶ)って言うらしいです…。
八郎岳・松尾岳・熊ヶ峰 予定より随分早かったので早い時間のバスが無いか金鍔(きんつば)バス停にここから下ってみますが…。
予定より随分早かったので早い時間のバスが無いか金鍔(きんつば)バス停にここから下ってみますが…。
八郎岳・松尾岳・熊ヶ峰 金鍔(きんつば)バス停。予定時間までバスは無し。
※余談:金鍔というこの地区は、次兵衛岩洞窟でも知られ、ローマ教皇庁によって福者となった、あの金鍔次兵衛ゆかりの地で、キリシタンを助けるために次兵衛が設けた隠れ家が有った所で、密告者によって捕らえられたのもこの地だったといわれているらしい。
金鍔(きんつば)バス停。予定時間までバスは無し。 ※余談:金鍔というこの地区は、次兵衛岩洞窟でも知られ、ローマ教皇庁によって福者となった、あの金鍔次兵衛ゆかりの地で、キリシタンを助けるために次兵衛が設けた隠れ家が有った所で、密告者によって捕らえられたのもこの地だったといわれているらしい。
八郎岳・松尾岳・熊ヶ峰 女神バス停に無事ゴール。時刻は16:26。次のバス16:52まで26分時間を潰して、スタート地点までバスで戻ります…。バスでも24.6km、49分、690円の旅です。
女神バス停に無事ゴール。時刻は16:26。次のバス16:52まで26分時間を潰して、スタート地点までバスで戻ります…。バスでも24.6km、49分、690円の旅です。
八郎岳・松尾岳・熊ヶ峰 時間潰し中、近くのローソンで買ったアイスクリームを食べていたら五島航路のジェットフォイルが通ったので慌ててパシャリ📸
時間潰し中、近くのローソンで買ったアイスクリームを食べていたら五島航路のジェットフォイルが通ったので慌ててパシャリ📸
八郎岳・松尾岳・熊ヶ峰 バスでスタート地点の脇岬に戻り、朝一で登った遠見山・殿隠山を漁港から眺め感慨に浸る…。
バスでスタート地点の脇岬に戻り、朝一で登った遠見山・殿隠山を漁港から眺め感慨に浸る…。
八郎岳・松尾岳・熊ヶ峰 入浴後、とある場所を走行中、夕陽がきれいだったので車を止めてパシャリ📸。
※野母崎にあった温泉施設「Alega軍艦島」が昨年末閉館になったので、女神大橋を渡り、神ノ島の長崎市西工場でお風呂に入った後の帰路から福田のサンセットマリーナ付近に沈む夕陽です。
入浴後、とある場所を走行中、夕陽がきれいだったので車を止めてパシャリ📸。 ※野母崎にあった温泉施設「Alega軍艦島」が昨年末閉館になったので、女神大橋を渡り、神ノ島の長崎市西工場でお風呂に入った後の帰路から福田のサンセットマリーナ付近に沈む夕陽です。

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。

てんきとくらす