もう雨は結構です!~雨乞岳・黒岩山を周回

2020.06.28(日) 日帰り
じなし
じなし

活動データ

タイム

02:46

距離

4.4km

上り

353m

下り

348m

チェックポイント

活動詳細

もっと見る

前夜まで大雨だったが朝にはお日様も出てきた。梅雨前線が南下して今日は何とか天気も良さそうだ。 こんな時(雨はもういらん!)におかしいが・・湯布院の雨乞岳~黒岩山を周回してきた。 調べてみたら2007年7月(大分百山制覇中)以来、13年ぶり2度目の登頂だった。 期待していたヤマアジサイ群は少し早かった・・・

倉木山 由布岳正面登山口からやまなみハイウエイ(県道11)で湯布院へ向かって500mほどのところから左へ雨乞林道?に入る。倉木山登山口を過ぎ、道なりに進み5.5㎞のところでゲートがあってここが登山口。
「雨乞岳1号集材路 L=2125m」の標識がある。
由布岳正面登山口からやまなみハイウエイ(県道11)で湯布院へ向かって500mほどのところから左へ雨乞林道?に入る。倉木山登山口を過ぎ、道なりに進み5.5㎞のところでゲートがあってここが登山口。 「雨乞岳1号集材路 L=2125m」の標識がある。
倉木山 あら・・クモキリソウだ。
あら・・クモキリソウだ。
倉木山 コンクリート林道を緩やかに登っていく。
コンクリート林道を緩やかに登っていく。
倉木山 少し歩いた最初の分岐は左へ。
少し歩いた最初の分岐は左へ。
倉木山 小さなコケ?の世界・・・
小さなコケ?の世界・・・
倉木山 オレンジ標識があって・・ここが取り付きだ。
オレンジ標識があって・・ここが取り付きだ。
倉木山 潜ったり、跨いだり・・倒木が多い。
このあたりにヤマアジサイが群生しているのだが・・まだ開花していなかった。
潜ったり、跨いだり・・倒木が多い。 このあたりにヤマアジサイが群生しているのだが・・まだ開花していなかった。
倉木山 尾根(鞍部)に上がる。
左が雨乞岳。右が黒岩山。
尾根(鞍部)に上がる。 左が雨乞岳。右が黒岩山。
倉木山 サングラス(壊れた)がテープに掛けられている。
サングラス(壊れた)がテープに掛けられている。
倉木山 雨乞岳に向かって緩やかな登りを進む。
雨乞岳に向かって緩やかな登りを進む。
倉木山 小ピーク2つ目は大岩が集まっている。
小ピーク2つ目は大岩が集まっている。
倉木山 一旦下って標高差10mほどをひと登りすると・・
一旦下って標高差10mほどをひと登りすると・・
倉木山 山頂に到着。
広さは4畳半ほど?
山頂に到着。 広さは4畳半ほど?
倉木山 臼杵山岳会山頂標識。
雨乞岳(1073.7m) 
~大分百山・2回目
臼杵山岳会山頂標識。 雨乞岳(1073.7m)  ~大分百山・2回目
倉木山 2等三角点だ。
2等三角点だ。
倉木山 前回はこの松の上に登ってみた。
もう今回はその元気はない^^;
何も見えないのですぐに下山。
前回はこの松の上に登ってみた。 もう今回はその元気はない^^; 何も見えないのですぐに下山。
倉木山 さきの鞍部へ下りた。
まっすぐに黒岩山へ向かう。
さきの鞍部へ下りた。 まっすぐに黒岩山へ向かう。
倉木山 途中から植林帯の急坂を上る。
前日の雨でズルズル・・・
途中から植林帯の急坂を上る。 前日の雨でズルズル・・・
倉木山 登りあがったところが黒岩山山頂だ。 安武標識あり。標高1106m。
  ここで昼ご飯。
登りあがったところが黒岩山山頂だ。 安武標識あり。標高1106m。   ここで昼ご飯。
倉木山 登ってきた急斜面の反対側も急斜面、 ズルリと滑らないよう気を付けて下る。
登ってきた急斜面の反対側も急斜面、 ズルリと滑らないよう気を付けて下る。
倉木山 広場のようなところへ下りた。
2重の赤テープも見えて・・ここから倉木山へ続くようだ。
右へ向かう。
広場のようなところへ下りた。 2重の赤テープも見えて・・ここから倉木山へ続くようだ。 右へ向かう。
倉木山 左に防獣ネットあり。
少しづつ下っていく。
左に防獣ネットあり。 少しづつ下っていく。
倉木山 左上に倉木山が見えた。
左上に倉木山が見えた。
倉木山 ツマグロヒョウモンチョウか?
ツマグロヒョウモンチョウか?
倉木山 林道へ下りてきた。
林道へ下りてきた。
倉木山 サワギクか?
サワギクか?
倉木山 ヤマアジサイ
ヤマアジサイ
倉木山 無事に下山。
無事に下山。
倉木山 雨乞林道から由布岳。
雨乞林道から由布岳。
倉木山 ヒメユリ。由布高原にて・・
ヒメユリ。由布高原にて・・

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。

てんきとくらす