(白毛門↑)Mt. Tanigawa Horseshoe(田尻尾根↓)

2020.06.27(土) 日帰り
hiroki
hiroki

活動データ

タイム

13:56

距離

24.8km

上り

2934m

下り

2935m

活動詳細

もっと見る

 今週末はコロナ自粛で延び延びになっていた群馬の弟を訪問することになってました。週末は天気が悪いという予報でしたが、水曜くらいから土曜は晴れの予報に変化。そうするとついでに、、、と虫が騒ぎ始めますw。昨年皇海山に行った時に気になっていた袈裟丸山か?と思いましたが、名物のアカヤシオの旬は過ぎており。。。。それでは自粛明けにはきついかなと思いましたが懸案の谷川岳馬蹄形。CCW反時計回りとして未踏の白毛門、笠ヶ岳、朝日岳に行ければOKと気楽に考えて行ってみることに。前回の主脈縦走の時は西黒尾根を下りましたが、今回一周するならくりのんさんを見習って田尻尾根で下山することにしました。  とはいえ一周はするつもりで水は4.5Lと多めに持ちました。中間地点の蓬ヒュッテがまだ営業していない(行ってみたら開いてましたが)ことと水場が安定してないとの情報から途中での補給はあてにできないという理由からですが、結果的にはほぼ完飲でした。 (白毛門登山口ー朝日岳)  噂通りの急登でした。特に松ノ木沢の頭までの樹林帯。みるみるペースが落ちていくのが自分でも分かるくらいでした。w天気予報は晴れでしたが、雲は流れているものの多目で、樹林帯を抜けた松ノ木沢の頭より上での眺望も今一つでしたが、朝日岳に着いたあたりから晴れはじめ、気分も↑。風が吹くと肌寒いですが足元にはたくさんのお花が見えましたが、勉強不足でフォローしきれません。第一チェックポイントの朝日岳まで予定より遅れてはいなかったので続行としました。 (朝日岳ー清水峠)  一気に標高500mくらい落とされます。昨日の雨のせいか足元がぐちょぐちょで、転倒を避けながら歩くのに疲れます。清水峠の鉄塔や避難小屋を見るとホッとします。半分来たような錯覚をしてしまいますが、それは錯覚ですwこれから登っては叩き落される苦行の始まりです。 (清水峠ー谷川岳)  清水峠(1453m)⤴七ツ小屋山(1675m)⤵蓬峠(1528m)⤴武能岳(1760m)⤵笹平(1594m)⤴茂倉岳(1978m)/一ノ倉岳(1974m)⤵この間のコル(1850mくらい)⤴オキ&トマ(1977m&1963m)とアップダウンが。。。。丹沢で言うと檜洞丸と蛭ヶ岳を往復する感じでしょうか。噂通り、武能岳から下って茂倉岳への400mの登り返しは後半の核心でした。観光地のオキ&トマに到着した時は15時くらいで、すでに人出のピークは過ぎ、ガスっていたので寂しかったです。 (谷川岳ー白毛門登山口)  肩の小屋で小休止して、天神尾根を経て、ロープウェイの誘惑に打ち克って田尻尾根で下山します。天神尾根はロープウェイで下山される方でちょっと混雑、田尻尾根からは貸し切りでしたが、急斜面に濡れた落ち葉や粘土質でスリップしないように歩くのが最後に大変でした。林道に出てからは田尻沢でドロドロになった装備を外して洗い、汗をぬぐってアイシングしながら下山。無事、白毛門の登山口に帰還しました。  帰りは湯テルメで汗を流してから、弟宅へ。サッパリして行ったつもりが、顔を見るなり「戦場から帰ってきたみたいだ」と言われてしまいました。確かに最前線だったかもw (感想)  馬蹄形は初めてでしたが、アップダウンが激しく、昨年歩いた平標から谷川岳への主脈縦走よりも大変と感じました。ダイナミックに瞬間瞬間変化する天気に表情を変える素晴らしい稜線に後押しされて歩を進めることができましたが、まあこの辺りが自分の一日の行動限界かなあと感じました。またやるとしたら逆回りで秋かなあ。もしくはのんびり蓬峠で一泊するか。柄杓形なら肩の小屋で一泊かなあ、と色々妄想が止まりません。状況に応じて適宜エスケープルートを選べるのも谷川岳の魅力ですね。  

谷川岳・七ツ小屋山・大源太山 白毛門駐車場からスタート。群馬県境稜線トレイルの起点でもあります。はじめの一時間くらいはヘッデン装着です。
白毛門駐車場からスタート。群馬県境稜線トレイルの起点でもあります。はじめの一時間くらいはヘッデン装着です。
谷川岳・七ツ小屋山・大源太山 夜が明けてきました。南東側の山並み。中央左は赤沢山。
夜が明けてきました。南東側の山並み。中央左は赤沢山。
谷川岳・七ツ小屋山・大源太山 噂通りの急登なんですが!登山口から松ノ木沢の頭の間の樹林帯が最初の洗礼でした。
噂通りの急登なんですが!登山口から松ノ木沢の頭の間の樹林帯が最初の洗礼でした。
谷川岳・七ツ小屋山・大源太山 やっと松ノ木沢の頭。奥の白毛門はまだ遠いなあ。ジジ岩&ババ岩も見える。
やっと松ノ木沢の頭。奥の白毛門はまだ遠いなあ。ジジ岩&ババ岩も見える。
谷川岳・七ツ小屋山・大源太山 対面のトマ&オキ、一ノ倉は絵に描いたような雲に覆われて。。。左の一ノ倉沢、その右の幽ノ沢は良く見えますね。
対面のトマ&オキ、一ノ倉は絵に描いたような雲に覆われて。。。左の一ノ倉沢、その右の幽ノ沢は良く見えますね。
谷川岳・七ツ小屋山・大源太山 やっと白毛門が近くに。
やっと白毛門が近くに。
谷川岳・七ツ小屋山・大源太山 白毛ハニー到着。
白毛ハニー到着。
谷川岳・七ツ小屋山・大源太山 登ってきた尾根。
登ってきた尾根。
谷川岳・七ツ小屋山・大源太山 現実逃避
現実逃避
谷川岳・七ツ小屋山・大源太山 笠ヶ岳到着。
笠ヶ岳到着。
谷川岳・七ツ小屋山・大源太山 定番
定番
谷川岳・七ツ小屋山・大源太山 ホソバウスユキソウ
ホソバウスユキソウ
谷川岳・七ツ小屋山・大源太山 これは松ぼっくりの赤ちゃんなのだろうか
これは松ぼっくりの赤ちゃんなのだろうか
谷川岳・七ツ小屋山・大源太山 七変化チングルマ
七変化チングルマ
谷川岳・七ツ小屋山・大源太山 日本300名山、朝日岳到着。雲が絶えず流れていて、曇ったり晴れたりの繰り返し。
日本300名山、朝日岳到着。雲が絶えず流れていて、曇ったり晴れたりの繰り返し。
谷川岳・七ツ小屋山・大源太山 ジャンクションピーク。ここから巻機山まで稜線がつながっていますが、熊笹で覆われています。
ジャンクションピーク。ここから巻機山まで稜線がつながっていますが、熊笹で覆われています。
谷川岳・七ツ小屋山・大源太山 ジャンクションピークから清水峠まで下りなのですが、昨日の雨のせいか足元はぐちょぐちょで何度もこけそうになる。
ジャンクションピークから清水峠まで下りなのですが、昨日の雨のせいか足元はぐちょぐちょで何度もこけそうになる。
谷川岳・七ツ小屋山・大源太山 清水峠手前のP1504送電線まで下ってきました。奥は谷川岳方向。雲は流れているけれど絶えずまとっている。
清水峠手前のP1504送電線まで下ってきました。奥は谷川岳方向。雲は流れているけれど絶えずまとっている。
谷川岳・七ツ小屋山・大源太山 清水峠の白崩避難小屋と送電線監視所が右下に。そこから登り返して七ツ小屋山へ。
清水峠の白崩避難小屋と送電線監視所が右下に。そこから登り返して七ツ小屋山へ。
谷川岳・七ツ小屋山・大源太山 これから歩く谷川岳から清水峠までの稜線。。。まだ半分来てないなあ。
これから歩く谷川岳から清水峠までの稜線。。。まだ半分来てないなあ。
谷川岳・七ツ小屋山・大源太山 さあ、清水峠から登り返しです。正面が七ツ小屋山だと思ってたら、左奥でした。泣
さあ、清水峠から登り返しです。正面が七ツ小屋山だと思ってたら、左奥でした。泣
谷川岳・七ツ小屋山・大源太山 大源太山への分岐点。以前谷川岳から大源太山に行ったときはここで稜線とお別れした。
大源太山への分岐点。以前谷川岳から大源太山に行ったときはここで稜線とお別れした。
谷川岳・七ツ小屋山・大源太山 七ツ小屋山到着。
七ツ小屋山到着。
谷川岳・七ツ小屋山・大源太山 山が来たら次はまた下りなんだよね~。
山が来たら次はまた下りなんだよね~。
谷川岳・七ツ小屋山・大源太山 蓬ヒュッテが見えてきた。ヒュッテは開いてました。ここでラジオの11時の時報を聞いた。距離的にはここらでやっと半分過ぎた所。
蓬ヒュッテが見えてきた。ヒュッテは開いてました。ここでラジオの11時の時報を聞いた。距離的にはここらでやっと半分過ぎた所。
谷川岳・七ツ小屋山・大源太山 ここは交通の要衝ですね。小休止
ここは交通の要衝ですね。小休止
谷川岳・七ツ小屋山・大源太山 現実逃避w
現実逃避w
谷川岳・七ツ小屋山・大源太山 これを踏まないで歩くのが大変。もっと人が通らない所に咲いて!と思いますが、人が通らない所は熊笹だらけで、轍になっているわずかな日向に咲いているのでしょうね。
これを踏まないで歩くのが大変。もっと人が通らない所に咲いて!と思いますが、人が通らない所は熊笹だらけで、轍になっているわずかな日向に咲いているのでしょうね。
谷川岳・七ツ小屋山・大源太山 武能山への登り返し!
武能山への登り返し!
谷川岳・七ツ小屋山・大源太山 武能山チョウチャコ。もう毎回小休止w
武能山チョウチャコ。もう毎回小休止w
谷川岳・七ツ小屋山・大源太山 笹平あたりから武能山を振り返って
笹平あたりから武能山を振り返って
谷川岳・七ツ小屋山・大源太山 そして、後半最大の登り返しの試練が。。。これから行く右の茂倉岳と左の一ノ倉岳。その左奥にはオキ耳もチラっと。
そして、後半最大の登り返しの試練が。。。これから行く右の茂倉岳と左の一ノ倉岳。その左奥にはオキ耳もチラっと。
谷川岳・七ツ小屋山・大源太山 なかなか茂倉岳に着かんw笑っちゃうくらい。。。。
なかなか茂倉岳に着かんw笑っちゃうくらい。。。。
谷川岳・七ツ小屋山・大源太山 茂倉岳到着。ここでは小休止せず先を急ぐ。
茂倉岳到着。ここでは小休止せず先を急ぐ。
谷川岳・七ツ小屋山・大源太山 一ノ倉岳。は~、小休止。
一ノ倉岳。は~、小休止。
谷川岳・七ツ小屋山・大源太山 さあ、ラスボスのオキ&トマへ!でもやっぱり一回下るんだよなあ。
さあ、ラスボスのオキ&トマへ!でもやっぱり一回下るんだよなあ。
谷川岳・七ツ小屋山・大源太山 オキ耳ちゃん、ロックオン。
オキ耳ちゃん、ロックオン。
谷川岳・七ツ小屋山・大源太山 ノゾキのあたり。足元が疲労でおぼつかなくなってきているので滑落に気を付けてゆっくりと。。。
ノゾキのあたり。足元が疲労でおぼつかなくなってきているので滑落に気を付けてゆっくりと。。。
谷川岳・七ツ小屋山・大源太山 振り返って右の一ノ倉岳と左の茂倉岳。やっぱりこの稜線は素晴らしいですね。
振り返って右の一ノ倉岳と左の茂倉岳。やっぱりこの稜線は素晴らしいですね。
谷川岳・七ツ小屋山・大源太山 オキノ耳。
オキノ耳。
谷川岳・七ツ小屋山・大源太山 トマノ耳。時間遅いのかなあ?人がいないんですが。。。。
トマノ耳。時間遅いのかなあ?人がいないんですが。。。。
谷川岳・七ツ小屋山・大源太山 肩の小屋まで来ました。また小休止。
肩の小屋まで来ました。また小休止。
谷川岳・七ツ小屋山・大源太山 田尻尾根で下山します。思いの外、急でした。あと足元がぐちゃぐちゃで歩きにくい。
田尻尾根で下山します。思いの外、急でした。あと足元がぐちゃぐちゃで歩きにくい。
谷川岳・七ツ小屋山・大源太山 田尻沢の音が聞こえ始めると、すぐに田尻尾根の入口です。あともう少しです。
田尻沢の音が聞こえ始めると、すぐに田尻尾根の入口です。あともう少しです。
谷川岳・七ツ小屋山・大源太山 白毛門駐車場に戻ってきました。お疲れ様でした。
白毛門駐車場に戻ってきました。お疲れ様でした。
谷川岳・七ツ小屋山・大源太山 湯テルメで汗を流してサッパリ!
湯テルメで汗を流してサッパリ!

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。

てんきとくらす