局ヶ岳から三峰山 / 日帰り縦走

2020.06.27(土) 日帰り
あるく
あるく

飯高にある局ヶ岳から三峰山へ日帰り縦走😊 道の駅 飯高 を起点に三重交通 富永バス停 まで。 ✏️レポは縦走路区間のみ。 土曜は曇り、日曜は雨予報の台高山脈。 …土曜のお昼頃なら晴れ間が期待出来そう。 がっつり歩きたかったので前から狙ってた縦走プラン、局ヶ岳~三峰山を歩いてみることに。 三峰山から高見山の日帰り縦走レポはこちら。 https://yamap.com/activities/5697741 ■ 登山ルート情報 6:44(0:00) 道の駅飯高 駐車場 7:21(0:37) 局ヶ岳 駐車場 8:31(1:47) 局ヶ岳 山頂 10:29(3:45) 庄司峠 10:52(4:08) 庄司山 11:44 ~ 12:30 (5:00 ~ 5:46) 若宮峠 12:48(6:04) 栗ノ木岳 13:12(6:28) 若宮八幡宮 分岐 13:28(6:44) 修験業山 15:08(8:24) 平倉峰 15:26(8:42) 三峰山 山頂 15:29(8:45) 八丁平 (下山取り付き) 16:00(9:16) 福本ルート登山口 17:26(10:42) 三重交通 富永バス停 17:29 ~ 17:54 道の駅 飯高 駐車場 ※山道歩き 18km約8:30 / 林道歩き 10km約2:00 🚰 ルート上に水場無し(下山口の林道には有り) 🚻 道の駅飯高、局ヶ岳神社駐車場付近 ⚠️ 全体的に険しいが崩落等は無し 三重交通バス時刻表(富永~道の駅飯高) https://www.sanco.co.jp/krs/sp/dep_arr_time_table.php?week=2&hour=6&minute=0&IsDep=1&dep=6064&DepStopStr=%E5%AF%8C%E6%B0%B8%EF%BC%88%E6%9D%BE%E9%98%AA%EF%BC%89&arr=6563&ArrStopStr=%E9%81%93%E3%81%AE%E9%A7%85%E9%A3%AF%E9%AB%98%E9%A7%85&lang= ■ ルート概要 今回歩いた縦走ルートは、 ① 道の駅 飯高 から局ヶ岳を新道ルートで登り、 ② 局ヶ岳山頂から縦走路を使い三峰山山頂を経て、 ③ 福本登山道で下山し、三重交通 富永バス停まで。 公共バス使って起点の道の駅まで戻ってくるマイカー1台での縦走ルートです😊 レポは全部書くと長くなるので、②縦走区間の雰囲気、日帰り縦走に使ったアクセス方法について書いてます。 ■ 道の駅飯高 ~ 局ヶ岳 ~ 庄司峠 道の駅から登山口まで車道歩き3kmほど。 今回使った新道ルートはよく整備され歩きやすい。 局ヶ岳山頂からは尖ってる見た目通りの急下り。 特記すべき点は小ピークが多く、そのピークほぼ全てに急下り、急登りがあります。 快適な尾根歩きではなく、ゴロゴロした岩や痩せ尾根、急傾斜など時間の取られる道が多くCTが縮まりません。 技術的に難しい箇所は無く、コースサインはテープ看板が充実。 道迷いの心配は油断しなければ少ないでしょう。 庄司峠は色々な登山道の合流地点になっていて、道の駅飯高にも帰りやすいエスケープ地点にもなります。 ここまで歩いて体力・時間に不安なら戻ることをお勧め、縦走路終盤の平倉峰手前まで平坦はほぼ無く、険しいアップダウンがずっと続きます。 縦走を続ける場合は目の前にある急な坂道(新しいピンクテープ)を登る。 ■ 庄司峠 ~ 栗ノ木岳 ~ 修験業山 距離もあり急なアップダウンも休まるどころか継続して続きます。 栗ノ木岳が縦走路でいう折り返し地点、前後は更に道も険しく足場もモロくなってるので要注意。(特別な技術は必要ありません) テープや看板はこれまで通り数も充分。 進むべき道は明瞭ですが局ヶ岳~庄司峠と同様に険しくアップダウンの数も多く、特に庄司峠~庄司山・若宮峠~栗ノ木岳の傾斜はかなり堪えるので、休憩を取るなら若宮峠で取ることをおすすめ。 栗ノ木岳手前の若宮峠、栗ノ木岳と修験業山の中間地点から若宮八幡宮に下る分岐が続きます。 エスケープの一つとして考えてもいいですが、若宮八幡宮は稜線を隔てて北側(道の駅飯高は南側)なので公共交通機関で帰るにはアクセスがかなり悪いので注意。 ■ 修験業山 ~ 平倉峰 残り1/3区間、これまでずっと見えなかった平倉峰や三峰山の姿もやっと見えて来ます。 傾斜はこれまでと変わらず、何ならアップダウンは更に細かくなるのでさすがに参ってくる頃😳 道もこれまでと同様わかりやすく明瞭、道の険しさは修験業山の先、P1101を境に少し落ち着き、P1048手前からフラットな平坦道もやっと歩けるように。 行動時間的にも辛くなってきますが、道は平倉峰からは明らかに歩きやすくなるので踏ん張り所。 ■ 三峰山 ~ 福本登山口 ~ 富永バス停 三峰山山頂へ、八丁平から福本登山口を下り、富永バス停に向けて林道を7kmほど下ります。 この林道歩き(アスファルト)で谷からやっと水を補給出来ます。 林道下山口から富永バス停は案内板などないので方向間違いには注意、基本的に人里へ向けて下っていく道。 バスの休日最終便、17:29に間に合うようゆっくり休みながら下りました。 ■ 登山前、登山後のアクセス方法(マイカー1台) 登り方を三峰山~局ヶ岳ではなく、局ヶ岳~三峰山にした理由にもなりますが、三峰山スタートはマイカー1台だと圧倒的にアクセスが不便です。 ・駐車場は“道の駅 飯高”をお借りする すぐ温泉に入れて食事も出来る、出発前トイレも◎ ・帰りに利用する交通機関は【三重交通バス】 1日5便(朝一に3便、夕方に2便)松阪駅前行き 夕方便は16:06と17:29(2020.6.27土曜) 局ヶ岳~三峰山の稜線を隔てて北側は更にアクセスが悪いので、南側から登って南側に下るこの方法になると思います。 バス最終便が17~18:00なので行きは車で早朝出発、自分のペースを踏まえてバス最終時間をベースに山行を計画しています😊 ■ 局ヶ岳~三峰山 縦走路について 高見山から三峰山より遥かに険しく感じました。 距離はそこまで変わりません、何なら今回は林道が長い分、登山道は短かったんですが道の険しさ、アップダウンの多さはこちらが上。 獲得標高を見ると、 約2000m 高見山~三峰山 約2500m 局ヶ岳~三峰山 縦走でもキツい部類でYAMAPの獲得標高が正しいかわかりませんが、険しさも合わせて日帰りだとかなり大変な区間😒 ただ、険しいから楽しい登山道だと感じてます。 伊勢の槍と親しまれる局ヶ岳のかっこよさ、自然の厳しさ残る縦走路はこのルート特有の面白さがありました😊 理想を言えば、栗ノ木岳や伊勢槍へ迫るようにアプローチ出来る三峰山から局ヶ岳に登るほうが絶対ワクワク出来るので、車2台あるグループ登山なら三峰山スタートがおすすめ。 ロマン溢れる縦走路なので分割してでも歩いて見てほしい素晴らしい縦走路でした。 歩き終わる頃には局ヶ岳が大好きになってるはず、機会があればぜひ😊

いい天気☀️楽しんできます😊

いい天気☀️楽しんできます😊

いい天気☀️楽しんできます😊

まずは局ヶ岳、あの尖りを目指す。

まずは局ヶ岳、あの尖りを目指す。

まずは局ヶ岳、あの尖りを目指す。

この縦走を企む方は局ヶ岳に登ったことのある人が多いと思うのでレポは省略。

いきなり局ヶ岳の急登は堪えます…
先は長いので意識してゆっくり歩く。

この縦走を企む方は局ヶ岳に登ったことのある人が多いと思うのでレポは省略。 いきなり局ヶ岳の急登は堪えます… 先は長いので意識してゆっくり歩く。

この縦走を企む方は局ヶ岳に登ったことのある人が多いと思うのでレポは省略。 いきなり局ヶ岳の急登は堪えます… 先は長いので意識してゆっくり歩く。

好展望の局ヶ岳へ到着😊
今回の縦走で歩いたことのあるのは新道ルート区間、修験業山~栗木岳区間のみ。

好展望の局ヶ岳へ到着😊 今回の縦走で歩いたことのあるのは新道ルート区間、修験業山~栗木岳区間のみ。

好展望の局ヶ岳へ到着😊 今回の縦走で歩いたことのあるのは新道ルート区間、修験業山~栗木岳区間のみ。

これから歩く縦走稜線が一望。
ギザギザだなー…高見山~三峰山みたいにアップダウンばかりなんでしょう、楽しみですね😳

これから歩く縦走稜線が一望。 ギザギザだなー…高見山~三峰山みたいにアップダウンばかりなんでしょう、楽しみですね😳

これから歩く縦走稜線が一望。 ギザギザだなー…高見山~三峰山みたいにアップダウンばかりなんでしょう、楽しみですね😳

まずは庄司峠を目指す。

まずは庄司峠を目指す。

まずは庄司峠を目指す。

いきなり急下り。
“伊勢の槍”と呼ばれる局ヶ岳、西側の尾根はその名に負けない険しいアップダウンの道。

いきなり急下り。 “伊勢の槍”と呼ばれる局ヶ岳、西側の尾根はその名に負けない険しいアップダウンの道。

いきなり急下り。 “伊勢の槍”と呼ばれる局ヶ岳、西側の尾根はその名に負けない険しいアップダウンの道。

予想外だったのが新しめのピンクテープが縦走路に充実してて、ルートがかなりわかりやすい事。

白い看板(縦走路・栗木岳へetc)も完備。
油断さえしなけばテープと看板を追って縦走路を辿れるので登ることに集中出来ます😊

予想外だったのが新しめのピンクテープが縦走路に充実してて、ルートがかなりわかりやすい事。 白い看板(縦走路・栗木岳へetc)も完備。 油断さえしなけばテープと看板を追って縦走路を辿れるので登ることに集中出来ます😊

予想外だったのが新しめのピンクテープが縦走路に充実してて、ルートがかなりわかりやすい事。 白い看板(縦走路・栗木岳へetc)も完備。 油断さえしなけばテープと看板を追って縦走路を辿れるので登ることに集中出来ます😊

→ へ行くと北側の登り口【仁柿峠コース】、今回の縦走は ↑ 健脚コース【栗ノ木岳】へ。

→ へ行くと北側の登り口【仁柿峠コース】、今回の縦走は ↑ 健脚コース【栗ノ木岳】へ。

→ へ行くと北側の登り口【仁柿峠コース】、今回の縦走は ↑ 健脚コース【栗ノ木岳】へ。

こんな感じの看板とテープが充実。
今縦走路はこの新しめのピンクテープを追う事になり、分岐などでも進む方向を指示してくれます😋

こんな感じの看板とテープが充実。 今縦走路はこの新しめのピンクテープを追う事になり、分岐などでも進む方向を指示してくれます😋

こんな感じの看板とテープが充実。 今縦走路はこの新しめのピンクテープを追う事になり、分岐などでも進む方向を指示してくれます😋

かなり目立ち、数も充分。
ただ進む道を示すことはあっても登る人は少ないので、道は歩きにくく全体的に険しい。

かなり目立ち、数も充分。 ただ進む道を示すことはあっても登る人は少ないので、道は歩きにくく全体的に険しい。

かなり目立ち、数も充分。 ただ進む道を示すことはあっても登る人は少ないので、道は歩きにくく全体的に険しい。

局ヶ岳には今まで新旧道からしか登った事がなく、地味な尖った山だなーくらいのイメージでした。

庄司峠から望む局ヶ岳は険しく、尖って見えて一段とかっこいい。

この縦走路は栗ノ木岳までずっーと局ヶ岳の尖りが見え、見守っててくれます。
かっこいいんですよね局ヶ岳の尖りが😳
この縦走を歩き切る頃には、みんな局ヶ岳が好きになっちゃうはず。

局ヶ岳には今まで新旧道からしか登った事がなく、地味な尖った山だなーくらいのイメージでした。 庄司峠から望む局ヶ岳は険しく、尖って見えて一段とかっこいい。 この縦走路は栗ノ木岳までずっーと局ヶ岳の尖りが見え、見守っててくれます。 かっこいいんですよね局ヶ岳の尖りが😳 この縦走を歩き切る頃には、みんな局ヶ岳が好きになっちゃうはず。

局ヶ岳には今まで新旧道からしか登った事がなく、地味な尖った山だなーくらいのイメージでした。 庄司峠から望む局ヶ岳は険しく、尖って見えて一段とかっこいい。 この縦走路は栗ノ木岳までずっーと局ヶ岳の尖りが見え、見守っててくれます。 かっこいいんですよね局ヶ岳の尖りが😳 この縦走を歩き切る頃には、みんな局ヶ岳が好きになっちゃうはず。

栗ノ木岳はまだまだ先。
全体的に尾根歩きですがフラットな道なんて無く、 常に急な下りか登り。
ゴロゴロした道や痩せ尾根も多く、登る事が難しい道はありませんが軽快に歩く事は難しい。

栗ノ木岳はまだまだ先。 全体的に尾根歩きですがフラットな道なんて無く、 常に急な下りか登り。 ゴロゴロした道や痩せ尾根も多く、登る事が難しい道はありませんが軽快に歩く事は難しい。

栗ノ木岳はまだまだ先。 全体的に尾根歩きですがフラットな道なんて無く、 常に急な下りか登り。 ゴロゴロした道や痩せ尾根も多く、登る事が難しい道はありませんが軽快に歩く事は難しい。

ここまでアップダウンしかない縦走路も珍しいんじゃないでしょうか。

小粒ですが本当に漏れなく全て急でした😳
名前のあるピーク前は、しっかり下って登り返す、距離の割に時間が掛かります。

ここまでアップダウンしかない縦走路も珍しいんじゃないでしょうか。 小粒ですが本当に漏れなく全て急でした😳 名前のあるピーク前は、しっかり下って登り返す、距離の割に時間が掛かります。

ここまでアップダウンしかない縦走路も珍しいんじゃないでしょうか。 小粒ですが本当に漏れなく全て急でした😳 名前のあるピーク前は、しっかり下って登り返す、距離の割に時間が掛かります。

局ヶ岳があんなところに😊

局ヶ岳があんなところに😊

局ヶ岳があんなところに😊

ここらへんでフラットなご褒美尾根歩きは諦め、とことんアップダウンに付き合う覚悟を決めます。
(本当に平倉峰手前までありません)

ここらへんでフラットなご褒美尾根歩きは諦め、とことんアップダウンに付き合う覚悟を決めます。 (本当に平倉峰手前までありません)

ここらへんでフラットなご褒美尾根歩きは諦め、とことんアップダウンに付き合う覚悟を決めます。 (本当に平倉峰手前までありません)

人があまり歩かないのか、動物の気配と自然が濃い。

人があまり歩かないのか、動物の気配と自然が濃い。

人があまり歩かないのか、動物の気配と自然が濃い。

・局ヶ岳~庄司峠
・庄司峠~修験業山
・修験業山~三峰山
が縦走路の三分割ポイント。

エスケープは庄司峠、修験業山(若宮峠)から考えるといいと思います。

・局ヶ岳~庄司峠 ・庄司峠~修験業山 ・修験業山~三峰山 が縦走路の三分割ポイント。 エスケープは庄司峠、修験業山(若宮峠)から考えるといいと思います。

・局ヶ岳~庄司峠 ・庄司峠~修験業山 ・修験業山~三峰山 が縦走路の三分割ポイント。 エスケープは庄司峠、修験業山(若宮峠)から考えるといいと思います。

休憩適地の 庄司峠 へ。
ここが縦走路1/3ポイント、中々に道が険しくこの時点でコースタイムを縮める事を諦めペースを落とし歩き切る事を優勢する。

…時間に余裕があったら沢で水浴びしたかったんですよね😳

休憩適地の 庄司峠 へ。 ここが縦走路1/3ポイント、中々に道が険しくこの時点でコースタイムを縮める事を諦めペースを落とし歩き切る事を優勢する。 …時間に余裕があったら沢で水浴びしたかったんですよね😳

休憩適地の 庄司峠 へ。 ここが縦走路1/3ポイント、中々に道が険しくこの時点でコースタイムを縮める事を諦めペースを落とし歩き切る事を優勢する。 …時間に余裕があったら沢で水浴びしたかったんですよね😳

庄司峠もいろんな分岐がありますが、縦走路は一番急な登り(新しいピンクテープ有り)に取りつく。

庄司峠もいろんな分岐がありますが、縦走路は一番急な登り(新しいピンクテープ有り)に取りつく。

庄司峠もいろんな分岐がありますが、縦走路は一番急な登り(新しいピンクテープ有り)に取りつく。

まだまだ看板とテープも充実。

まだまだ看板とテープも充実。

まだまだ看板とテープも充実。

庄司山へ到着、小ピークを登る度に一旦下ってまた登る。

庄司山へ到着、小ピークを登る度に一旦下ってまた登る。

庄司山へ到着、小ピークを登る度に一旦下ってまた登る。

キツくても頑張れるのは、整備されすぎていない自然濃い登山道の面白さ、緑の美しさ。
稜線の展望も良く、こんな良い縦走路だと思ってなかったので良い意味で期待を裏切ってくれました😊

キツくても頑張れるのは、整備されすぎていない自然濃い登山道の面白さ、緑の美しさ。 稜線の展望も良く、こんな良い縦走路だと思ってなかったので良い意味で期待を裏切ってくれました😊

キツくても頑張れるのは、整備されすぎていない自然濃い登山道の面白さ、緑の美しさ。 稜線の展望も良く、こんな良い縦走路だと思ってなかったので良い意味で期待を裏切ってくれました😊

写真じゃ伝わり辛いので斜度を真横から。

写真じゃ伝わり辛いので斜度を真横から。

写真じゃ伝わり辛いので斜度を真横から。

空も近くて台高大峰方面に開けた展望も多い。

空も近くて台高大峰方面に開けた展望も多い。

空も近くて台高大峰方面に開けた展望も多い。

山深い…まつさか香肌イレブンの縦走区間でもありますが、体力度的にこの縦走路が一番辛いと思うなー。

山深い…まつさか香肌イレブンの縦走区間でもありますが、体力度的にこの縦走路が一番辛いと思うなー。

山深い…まつさか香肌イレブンの縦走区間でもありますが、体力度的にこの縦走路が一番辛いと思うなー。

栗ノ木岳手前の若宮峠に到着😊
ここでランチタイム。

栗ノ木岳手前の若宮峠に到着😊 ここでランチタイム。

栗ノ木岳手前の若宮峠に到着😊 ここでランチタイム。

この縦走路のやっかいなポイント水場0問題…
水4L担いでるので軽量化のためご飯も簡単な物に。

この縦走路のやっかいなポイント水場0問題… 水4L担いでるので軽量化のためご飯も簡単な物に。

この縦走路のやっかいなポイント水場0問題… 水4L担いでるので軽量化のためご飯も簡単な物に。

クスクスとフリーズドライシチューに乾燥野菜を入れた物で済ませる。
この若宮峠で縦走路の半分手前、まだまだ先は長いので20分ほどお昼寝しちゃいました。

クスクスとフリーズドライシチューに乾燥野菜を入れた物で済ませる。 この若宮峠で縦走路の半分手前、まだまだ先は長いので20分ほどお昼寝しちゃいました。

クスクスとフリーズドライシチューに乾燥野菜を入れた物で済ませる。 この若宮峠で縦走路の半分手前、まだまだ先は長いので20分ほどお昼寝しちゃいました。

この段階で帰りの16時発バスを諦める。
林道歩き2時間を含め10時間じゃキツいかー、バス最終は17時半発。
少し余裕が出来ましたがまだまだタイト。

この段階で帰りの16時発バスを諦める。 林道歩き2時間を含め10時間じゃキツいかー、バス最終は17時半発。 少し余裕が出来ましたがまだまだタイト。

この段階で帰りの16時発バスを諦める。 林道歩き2時間を含め10時間じゃキツいかー、バス最終は17時半発。 少し余裕が出来ましたがまだまだタイト。

栗ノ木岳直下の核心部、土が脆くロープを設置してくれてます。

栗ノ木岳直下の核心部、土が脆くロープを設置してくれてます。

栗ノ木岳直下の核心部、土が脆くロープを設置してくれてます。

斜度はこれまでと変わりませんが栗ノ木岳前後は道も険しめ。

斜度はこれまでと変わりませんが栗ノ木岳前後は道も険しめ。

斜度はこれまでと変わりませんが栗ノ木岳前後は道も険しめ。

これまで歩いてきた稜線。
右の尖った山が局ヶ岳。

これまで歩いてきた稜線。 右の尖った山が局ヶ岳。

これまで歩いてきた稜線。 右の尖った山が局ヶ岳。

別の日ですが見やすく撮れてる局ヶ岳の稜線。
こんな美しい稜線を歩けるんだから、縦走は止められませんね😳
ちなみにこの稜線は全行程の約半分。

別の日ですが見やすく撮れてる局ヶ岳の稜線。 こんな美しい稜線を歩けるんだから、縦走は止められませんね😳 ちなみにこの稜線は全行程の約半分。

別の日ですが見やすく撮れてる局ヶ岳の稜線。 こんな美しい稜線を歩けるんだから、縦走は止められませんね😳 ちなみにこの稜線は全行程の約半分。

稜線を見送り、折り返し地点の栗ノ木岳。
若宮八幡宮からの登山も面白い名山です😊

稜線を見送り、折り返し地点の栗ノ木岳。 若宮八幡宮からの登山も面白い名山です😊

稜線を見送り、折り返し地点の栗ノ木岳。 若宮八幡宮からの登山も面白い名山です😊

稜線はモヤるとダメですが森は外しませんね。

稜線はモヤるとダメですが森は外しませんね。

稜線はモヤるとダメですが森は外しませんね。

エスケープ最終候補地。
残り水1L、気力満タン、続行です😋

エスケープ最終候補地。 残り水1L、気力満タン、続行です😋

エスケープ最終候補地。 残り水1L、気力満タン、続行です😋

登ったことのある道はホッとする。

登ったことのある道はホッとする。

登ったことのある道はホッとする。

目の前にイキりたつP1101。
名前つけてあげたいくらい堂々としてます笑

目の前にイキりたつP1101。 名前つけてあげたいくらい堂々としてます笑

目の前にイキりたつP1101。 名前つけてあげたいくらい堂々としてます笑

しっかりピーク手前で下って登り返す。
急登大好きな私でももうお腹いっぱい、平倉峰手前でやっとご褒美のフラットな尾根歩き😳

しっかりピーク手前で下って登り返す。 急登大好きな私でももうお腹いっぱい、平倉峰手前でやっとご褒美のフラットな尾根歩き😳

しっかりピーク手前で下って登り返す。 急登大好きな私でももうお腹いっぱい、平倉峰手前でやっとご褒美のフラットな尾根歩き😳

馴染み深い平倉峰へ。
あとは三峰山まではいつもの歩きやすい道。

馴染み深い平倉峰へ。 あとは三峰山まではいつもの歩きやすい道。

馴染み深い平倉峰へ。 あとは三峰山まではいつもの歩きやすい道。

三峰山も三重県側は険しい。

三峰山も三重県側は険しい。

三峰山も三重県側は険しい。

誰もいない三峰山山頂へ到着😊

誰もいない三峰山山頂へ到着😊

誰もいない三峰山山頂へ到着😊

八丁平も静か。
ここから 福本登山道 で下山して、富永バス停まで林道を7kmほど歩く。

八丁平も静か。 ここから 福本登山道 で下山して、富永バス停まで林道を7kmほど歩く。

八丁平も静か。 ここから 福本登山道 で下山して、富永バス停まで林道を7kmほど歩く。

またね😊
福本ルートは急だけど下りやすいのであとは気楽。

またね😊 福本ルートは急だけど下りやすいのであとは気楽。

またね😊 福本ルートは急だけど下りやすいのであとは気楽。

地味に長い林道歩きの始まり。

地味に長い林道歩きの始まり。

地味に長い林道歩きの始まり。

バスの時間に合わせてゆっくり下山。
あー疲れたー、早くコーラ飲みたい😳

バスの時間に合わせてゆっくり下山。 あー疲れたー、早くコーラ飲みたい😳

バスの時間に合わせてゆっくり下山。 あー疲れたー、早くコーラ飲みたい😳

ただいまー😊最高の縦走路でした!
個人的には登り応え、険しさ、景観、面白さ、全て三峰山~高見山より上だと思います。

日帰り狙いだと登山口までのアクセスが悪いのでこの方法に落ち着きました。
時間はかなりタイト、最終バス見逃すと2~3時間ほど車道歩きが始まるのでご注意を。

勝利の温泉入ってまったりお蕎麦でも食べます😌皆様もよい山行を🎵

ただいまー😊最高の縦走路でした! 個人的には登り応え、険しさ、景観、面白さ、全て三峰山~高見山より上だと思います。 日帰り狙いだと登山口までのアクセスが悪いのでこの方法に落ち着きました。 時間はかなりタイト、最終バス見逃すと2~3時間ほど車道歩きが始まるのでご注意を。 勝利の温泉入ってまったりお蕎麦でも食べます😌皆様もよい山行を🎵

ただいまー😊最高の縦走路でした! 個人的には登り応え、険しさ、景観、面白さ、全て三峰山~高見山より上だと思います。 日帰り狙いだと登山口までのアクセスが悪いのでこの方法に落ち着きました。 時間はかなりタイト、最終バス見逃すと2~3時間ほど車道歩きが始まるのでご注意を。 勝利の温泉入ってまったりお蕎麦でも食べます😌皆様もよい山行を🎵

いい天気☀️楽しんできます😊

まずは局ヶ岳、あの尖りを目指す。

この縦走を企む方は局ヶ岳に登ったことのある人が多いと思うのでレポは省略。 いきなり局ヶ岳の急登は堪えます… 先は長いので意識してゆっくり歩く。

好展望の局ヶ岳へ到着😊 今回の縦走で歩いたことのあるのは新道ルート区間、修験業山~栗木岳区間のみ。

これから歩く縦走稜線が一望。 ギザギザだなー…高見山~三峰山みたいにアップダウンばかりなんでしょう、楽しみですね😳

まずは庄司峠を目指す。

いきなり急下り。 “伊勢の槍”と呼ばれる局ヶ岳、西側の尾根はその名に負けない険しいアップダウンの道。

予想外だったのが新しめのピンクテープが縦走路に充実してて、ルートがかなりわかりやすい事。 白い看板(縦走路・栗木岳へetc)も完備。 油断さえしなけばテープと看板を追って縦走路を辿れるので登ることに集中出来ます😊

→ へ行くと北側の登り口【仁柿峠コース】、今回の縦走は ↑ 健脚コース【栗ノ木岳】へ。

こんな感じの看板とテープが充実。 今縦走路はこの新しめのピンクテープを追う事になり、分岐などでも進む方向を指示してくれます😋

かなり目立ち、数も充分。 ただ進む道を示すことはあっても登る人は少ないので、道は歩きにくく全体的に険しい。

局ヶ岳には今まで新旧道からしか登った事がなく、地味な尖った山だなーくらいのイメージでした。 庄司峠から望む局ヶ岳は険しく、尖って見えて一段とかっこいい。 この縦走路は栗ノ木岳までずっーと局ヶ岳の尖りが見え、見守っててくれます。 かっこいいんですよね局ヶ岳の尖りが😳 この縦走を歩き切る頃には、みんな局ヶ岳が好きになっちゃうはず。

栗ノ木岳はまだまだ先。 全体的に尾根歩きですがフラットな道なんて無く、 常に急な下りか登り。 ゴロゴロした道や痩せ尾根も多く、登る事が難しい道はありませんが軽快に歩く事は難しい。

ここまでアップダウンしかない縦走路も珍しいんじゃないでしょうか。 小粒ですが本当に漏れなく全て急でした😳 名前のあるピーク前は、しっかり下って登り返す、距離の割に時間が掛かります。

局ヶ岳があんなところに😊

ここらへんでフラットなご褒美尾根歩きは諦め、とことんアップダウンに付き合う覚悟を決めます。 (本当に平倉峰手前までありません)

人があまり歩かないのか、動物の気配と自然が濃い。

・局ヶ岳~庄司峠 ・庄司峠~修験業山 ・修験業山~三峰山 が縦走路の三分割ポイント。 エスケープは庄司峠、修験業山(若宮峠)から考えるといいと思います。

休憩適地の 庄司峠 へ。 ここが縦走路1/3ポイント、中々に道が険しくこの時点でコースタイムを縮める事を諦めペースを落とし歩き切る事を優勢する。 …時間に余裕があったら沢で水浴びしたかったんですよね😳

庄司峠もいろんな分岐がありますが、縦走路は一番急な登り(新しいピンクテープ有り)に取りつく。

まだまだ看板とテープも充実。

庄司山へ到着、小ピークを登る度に一旦下ってまた登る。

キツくても頑張れるのは、整備されすぎていない自然濃い登山道の面白さ、緑の美しさ。 稜線の展望も良く、こんな良い縦走路だと思ってなかったので良い意味で期待を裏切ってくれました😊

写真じゃ伝わり辛いので斜度を真横から。

空も近くて台高大峰方面に開けた展望も多い。

山深い…まつさか香肌イレブンの縦走区間でもありますが、体力度的にこの縦走路が一番辛いと思うなー。

栗ノ木岳手前の若宮峠に到着😊 ここでランチタイム。

この縦走路のやっかいなポイント水場0問題… 水4L担いでるので軽量化のためご飯も簡単な物に。

クスクスとフリーズドライシチューに乾燥野菜を入れた物で済ませる。 この若宮峠で縦走路の半分手前、まだまだ先は長いので20分ほどお昼寝しちゃいました。

この段階で帰りの16時発バスを諦める。 林道歩き2時間を含め10時間じゃキツいかー、バス最終は17時半発。 少し余裕が出来ましたがまだまだタイト。

栗ノ木岳直下の核心部、土が脆くロープを設置してくれてます。

斜度はこれまでと変わりませんが栗ノ木岳前後は道も険しめ。

これまで歩いてきた稜線。 右の尖った山が局ヶ岳。

別の日ですが見やすく撮れてる局ヶ岳の稜線。 こんな美しい稜線を歩けるんだから、縦走は止められませんね😳 ちなみにこの稜線は全行程の約半分。

稜線を見送り、折り返し地点の栗ノ木岳。 若宮八幡宮からの登山も面白い名山です😊

稜線はモヤるとダメですが森は外しませんね。

エスケープ最終候補地。 残り水1L、気力満タン、続行です😋

登ったことのある道はホッとする。

目の前にイキりたつP1101。 名前つけてあげたいくらい堂々としてます笑

しっかりピーク手前で下って登り返す。 急登大好きな私でももうお腹いっぱい、平倉峰手前でやっとご褒美のフラットな尾根歩き😳

馴染み深い平倉峰へ。 あとは三峰山まではいつもの歩きやすい道。

三峰山も三重県側は険しい。

誰もいない三峰山山頂へ到着😊

八丁平も静か。 ここから 福本登山道 で下山して、富永バス停まで林道を7kmほど歩く。

またね😊 福本ルートは急だけど下りやすいのであとは気楽。

地味に長い林道歩きの始まり。

バスの時間に合わせてゆっくり下山。 あー疲れたー、早くコーラ飲みたい😳

ただいまー😊最高の縦走路でした! 個人的には登り応え、険しさ、景観、面白さ、全て三峰山~高見山より上だと思います。 日帰り狙いだと登山口までのアクセスが悪いのでこの方法に落ち着きました。 時間はかなりタイト、最終バス見逃すと2~3時間ほど車道歩きが始まるのでご注意を。 勝利の温泉入ってまったりお蕎麦でも食べます😌皆様もよい山行を🎵

類似するルートを通った活動日記