三瓶山お鉢巡り

2020.06.27(土) 日帰り
ハマKBT
ハマKBT

チェックポイント

活動詳細

もっと見る

 2018年4月9日。田中陽希が300名山で三瓶に登った時、地震がありテレビでもやっていたので印象に残っているのだが、その時、男三瓶から女三瓶の縦走路が崩れ、通行禁止になっていた。あれから2年。ついに、通行禁止が解除になった。これは、早いとこ三瓶のお鉢巡りをしなくては!と 今週末に計画を立て、楽しみに待っていた。他のお誘いもことわり、今回は、このお鉢巡りを実行した。「ごめんなさい!また、やりましょう!」  さて、いつものように、前日夜出発。深夜到着。金曜日の夜は、教室などがあり、遅くなるが、深夜になっても、車中泊自体が好きなので、ok。  三瓶、サヒメルの駐車場到着は深夜2時。ここで、車中泊。感謝。  土曜日まずまずの天気。登山口の駐車場へ移動し、準備をして登山スタート。姫逃池からの登山道は、よく整備されていて登りやすい。ヤマアジサイがたくさん咲いていて癒される。100Mごとに、後山頂まで何メートルと表示されているのがとてもありがたい。 山頂到着。土曜日というのに、それほど人は多くはなく、数名。曇りなのだが、眼下には雲はなく遠くまで見える。 ここから通行解禁の縦走路。実は初めて通る。(たぶん)崩れていたところは、鎖がつけられてあり、これをもっての通行となる。足場は狭く、やや不安定な感じもあるが慎重に行けば大丈夫。その後は、結構ハードな道だったが、無事女三瓶到着。  前回登った時にはいかなかった室内池にも行ってみることにした。一旦大平山へ行き、そこから戻って室内池というルートだ。室内池はいい雰囲気の池だった。再び尾根にもどり、孫三瓶へ。ここで、昼食。  その後、子三瓶、そして再び男三瓶とお鉢巡り達成。前回の時も思ったが、子三瓶から男三瓶のルートがなかなかしびれる。  下山後、三瓶温泉 志学薬師鶴の湯へ。ここは、なんと300円。感謝。明日の予定は、温泉津の海岸線をぶらカヤックする予定。夜は、温泉津の「ゆうゆう館」前の駐車場で車中泊ここも感謝。

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。

てんきとくらす