竜ヶ岳でドローン、そのあと怖かったミズナシ峰

2020.06.27(土) 日帰り

活動データ

タイム

05:40

距離

9.4km

のぼり

785m

くだり

898m

チェックポイント

DAY 1
合計時間
5 時間 40
休憩時間
1 時間 24
距離
9.4 km
のぼり / くだり
785 / 898 m
39
29
26
29
43
1 9
24

活動詳細

すべて見る

  前日までは週末の日曜は雨の予報だったので、土曜に山歩き。もっと、ハードなところも考えたけど、睡眠不足、疲労などもあり、サクッと石榑峠から竜ヶ岳か三池岳、綿向山を最終候補にし、久しぶりの竜ヶ岳を選択。風は強いので無理かもしれないがドローンも持参。   駐車場の自動車は思いの外少なく、10台くらい。峠近くの路肩に停めました。行きなれた道、急な上りも楽しい。息を切らせないで登る。途中で3名の先に行かせていただき、それ以降は登る方には会わなかったが、下山者は多数。早朝はガスがかっていたけど、景色は見えたのかな。稜線の笹原でもそれほど風は強くない。山頂が見えだすと、たくさんの方が座ってくつろいでいる。頂上の風下は、鹿さんのマーブルチョコの匂いがかなりキツかった。皆さん、平気なのかな? 風上に座って私も早いけどお昼のチキンラーメン、パン、ドリップ(すべて賞味期限切れの処分😅)で山頂を満喫。そのあと、静ヶ岳への分岐に向かって下降し、獣道を上がってドローンを飛ばしてみる。風の影響が少なく、良い練習になりました。山頂に戻り、もっと大きなドローンを飛ばされているのを見て、下山し始めて、再び笹原でドローン撮影。今度は、ホバーリングさせておいて、先行されているご夫婦や自分の登るところを自撮り。TV番組みたいでちょっと楽しい。だんだん、自分を言うことを聞いてくれる様になって、ワンチャンの散歩見たい気分になってきた。バッテリー3本を消費したところで下山。   まだ、時間も体力も有り余っているし、フォローさせていただいている鈴鹿のプラスさんが以前に行かれたミズナシが下山途中にあることを思い出し、林道途中で駐車して材木置場から登りだした。急な斜面を無理やり尾根まで登り、トラバース道に誘い込まれたけど尾根芯に復帰して登る。ルートには赤テープがあるのでこれが目印。ビクトリーロードかと思ったら、まだ、先があったり、偽頂上に何度か騙された。途中、ドドドドッと足音がする、動物の鳴き声もする。イノシシだろうか。当然、誰も来ないマニアックながらところでぶち当たられたらやばいなあ。かみつくらしいから、下まで降りられなかったら出血多量なら死んでしまうなあ。怖いけど、とりあえず、音を立てながら山頂に向かう。小さな表示板が設けられた頂上に到達。樹林の中でとりあえず、山頂に三角点があるだけ。休憩するスペースはないし、展望もないのでさったと下山し始めたが、北に向かう支尾根に進んでしまい、動物の鳴き声や、足音、さらに鳥の鳴き声も大きくなてきた。これはますますやばい😂。   もとに戻って正しい尾根を降りる。なにか、音を立てないと・・・。「お邪魔してごめんね」「さよなら」「お元気で」、ストックをパンパンしながら、そう叫んで、急斜面を降りた。最後は、テープしたがって、ここを降りるの?と思わずにいられない急斜面を、「鈴鹿ならありかも」って思いながら急下降して川に降り立ち、イバラを越えて林道に出た。登る際に通った材木置場のほうがマシだったなあ。竜ヶ岳よりミズナシの往復のほうが本気モード。短かったけど、心も体も結構、疲れてしまいました。

動画

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。