苦労も林道 黒森山

2020.06.27(土) 日帰り
七半
七半

チェックポイント

活動詳細

もっと見る

うつくしま百名山、北西部。 端っこの方で残るのは鏡山と黒森山。 鏡山は飯豊山の弥平四郎登山口か変な林道で往復するしかないようだ。 昔、飯豊山に登ったのは弥平四郎からだ。 バイクで嫌な砂利道を長々と走り何も無い駐車場だったのは覚えている。 車で行くの嫌だなぁ。 ウチの車では無理かもしれない。 鏡山はしばらく諦めよう。 黒森山に向かう。 みるみる道は細まり一車線となる。 ナビやマップにも無い道、入口はどこかと思ったら黒森山ののぼりが立っている。 売り出し中なのか?狭い林道へ。 砂利道だがさほど荒れてない。 と思ってたら一軒家を過ぎた所で露岩の荒れた道になり車の下を打つ。 こりゃダメか? スペースに一旦停めて、ここから行くか進むか考える。 カーブの先は大丈夫そうだ、行こう。 結局、一部分だけ荒れてたようでそのまま丁字路に突き当たる。 はて、駐車スペースはどこか。 何故か場違いな妙に立派な看板が高々と掲げられている。 よくわからないので丁字路でUターンして路肩に停めて出発する。 丁字路を黒森山に進むとすぐゲートがあり、駐車スペースがここにあった。 しばらくダラダラと林道を登る。 これがまた長かった。 1時間弱で登山口に到着。 林道でずいぶん上ったので、あとは登山道をダラダラと登る。 だいぶ急坂、小ピークを越え尾根道を進みまたなかなかの急坂となる。 山頂は広いが展望はいまいち。 何かのアンテナと箱がある。 野性動物の研究用と書いてある。 三角点に腰かけた後、下山する。 特に花も無く、ダダダッと下り林道に到着。 ダラダラと林道を戻る。 そろそろ登山口ゲートって所でヤマップに向山の山頂表記が近いのに気付く。 ちょっと寄ってみようかな。 地図上では破線が尾根筋に集落へ続いている。 しかし入口が見当たらない。 どこだ? とりあえず適当に藪に突入。 尾根道を探すと、うっすらと踏み跡がある。 木々が邪魔だが藪は低難度。 ガサガサと進むが踏み跡は薄く、度々見落としては右往左往。 30分ほどで山頂らしき所に到着。 標識も何も無い。 三角点はあるのかな、草藪を探す。 あった。 三角点?頭が赤く塗られたやつを発見。 よしよし。 来た道を戻る。 林道に戻り駐車場へ。 一休みする。 もうお昼じゃんか。 あぁ、またあそこ通るのか。 来るな来るな~対向車。 祈りつつゴロゴロと県道へ進む。 集落に到着するとすぐに食える所を探す。 ここは天下の飯豊山の岳都。 そしてここいら近辺は蕎麦の名所。 集落に4軒ある蕎麦屋。 期待して向かうも、まだ1時なのに全て閉まっていた。 何でやねーん! もうひたすら南下して、山都駅というなかなか乙な名前の駅に到着。 おぉ、ラーメン屋あるじゃんかと期待したものの、喜多方ラーメンとはまるで別物。 うーん。 あえてとやかくは言うまい。 苦労した黒森山。 荒れた林道、長い徒歩林道。 山はそうでもないのに、とにかく林道に苦労する山でした。

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。

てんきとくらす