弥谷山・天霧山 夏至並びに父の日に 祈りと癒しのプチ縦走

2020.06.21(日) 日帰り
ネイ・ビー
ネイ・ビー

活動データ

タイム

02:57

距離

5.0km

上り

484m

下り

485m

チェックポイント

活動詳細

もっと見る

ここ、四国にても県境移動自粛制限が解除され、満を持しての天空の鳥居アタック❗なるかと思いきや、私達を取り巻く未だに出口の見えない現状と、お隣香川県の懸命の対策に理解と共感を抱きつつ、潔く次回の山行へとお預けに。 地元徳島の地域医療の現場に携わる私もまだまだ気持ちを弛めることなく引き締め直さなければ。 お大師に 導かれるまま父及び 御先祖様に感謝して 登り詣れり涅槃の道場 の巻 はじまりはじまり~

四国遍路その19 見えてきた❗香川県のヤマッパーの先輩方の活動日記を見て知った本日のお目当て山“稲積山”。絶景オーシャンビュー、天空の鳥居にいよいよアタック出来る‼️😍ワクワクワク
見えてきた❗香川県のヤマッパーの先輩方の活動日記を見て知った本日のお目当て山“稲積山”。絶景オーシャンビュー、天空の鳥居にいよいよアタック出来る‼️😍ワクワクワク
四国遍路その19 最寄りのコンビニの店長さんに親切に教えて頂いた上に、詳しい地図まで頂き、迷うことなく進む❗GO、GO、GO~‼️
最寄りのコンビニの店長さんに親切に教えて頂いた上に、詳しい地図まで頂き、迷うことなく進む❗GO、GO、GO~‼️
四国遍路その19 案内看板通り高屋神社下社境内に駐車してすわ登頂準備開始と思いきや…ん🧐❓
ななな、なんとあろうことか、新型コロナの影響なのか、30日までは土、日曜日は入山規制中なのだとか😭
案内看板通り高屋神社下社境内に駐車してすわ登頂準備開始と思いきや…ん🧐❓ ななな、なんとあろうことか、新型コロナの影響なのか、30日までは土、日曜日は入山規制中なのだとか😭
四国遍路その19 しばし放心状態の末に正気を取り戻し、高屋神社に御挨拶を兼ねて参拝。とりあえずここを立ち去り、もう一つの目的地善通寺に向かおうとしてたら、黒のプードル?ちゃん達を伴い、これから初登頂しようとおいでになられた地元香川の方と、どうしようかと思案に暮れる。…と、そこに間もなくお見えになられた地元の方に詳しい事情を聞けて諦めがついたのだが、何故かひょか~っとここでヤマッパーの先輩方のレポで見た”琴弾公園“の存在を思い出し、即断直行。
このスピンアウトが思いがけず有り難きことに、68番神恵院と69番観音寺の初参拝も出来、銭形砂絵の寛永通宝とオーシャンビューにもご対面が叶いました。
しばし放心状態の末に正気を取り戻し、高屋神社に御挨拶を兼ねて参拝。とりあえずここを立ち去り、もう一つの目的地善通寺に向かおうとしてたら、黒のプードル?ちゃん達を伴い、これから初登頂しようとおいでになられた地元香川の方と、どうしようかと思案に暮れる。…と、そこに間もなくお見えになられた地元の方に詳しい事情を聞けて諦めがついたのだが、何故かひょか~っとここでヤマッパーの先輩方のレポで見た”琴弾公園“の存在を思い出し、即断直行。 このスピンアウトが思いがけず有り難きことに、68番神恵院と69番観音寺の初参拝も出来、銭形砂絵の寛永通宝とオーシャンビューにもご対面が叶いました。
四国遍路その19 善通寺へ向かう途中、これまた先輩方のレポで知り得た弥谷山山行レポを思い出し(讃岐のヤマッパーの皆様、心より感謝します☺️)、弥谷寺に参拝し、且つ弥谷山~天霧山に登ることに。
セオリー通り、道の駅“ふれあいパークみの”に駐車。意外にも涼しくて、沢山のお子さんを連れた家族連れで賑わってました。
善通寺へ向かう途中、これまた先輩方のレポで知り得た弥谷山山行レポを思い出し(讃岐のヤマッパーの皆様、心より感謝します☺️)、弥谷寺に参拝し、且つ弥谷山~天霧山に登ることに。 セオリー通り、道の駅“ふれあいパークみの”に駐車。意外にも涼しくて、沢山のお子さんを連れた家族連れで賑わってました。
四国遍路その19 ここから行動開始。ちなみにお寺の駐車場も参拝者さん達の車でほぼ満車。
ここから行動開始。ちなみにお寺の駐車場も参拝者さん達の車でほぼ満車。
四国遍路その19 階段が多いとは聞いていましたが(本堂まで540段)、一段一段のスペースも広く、登りも下りも脚に優しいと感じられました。
階段が多いとは聞いていましたが(本堂まで540段)、一段一段のスペースも広く、登りも下りも脚に優しいと感じられました。
四国遍路その19 威風堂々!弥谷寺の仁王門です。ここから金剛拳菩薩様までの道のりは賽の河原だとのこと…南~無~
威風堂々!弥谷寺の仁王門です。ここから金剛拳菩薩様までの道のりは賽の河原だとのこと…南~無~
四国遍路その19 いかにも慈悲深そうな柔和なお佇まいの金剛拳菩薩様に迎えられて…いよいよ霊域へ。
いかにも慈悲深そうな柔和なお佇まいの金剛拳菩薩様に迎えられて…いよいよ霊域へ。
四国遍路その19 一段登る度に煩悩が剥がれ落ちると噂の108階段に臨む。
一段登る度に煩悩が剥がれ落ちると噂の108階段に臨む。
四国遍路その19 この階段も足場が広くて安全。
ここに辿り着くまでの経緯と御縁に感謝しつつ、且つ受け入れて登らせて頂けることへの有り難みを噛み締めながら、一段一段神妙な面持ちでまずは大師堂を目指します。
この階段も足場が広くて安全。 ここに辿り着くまでの経緯と御縁に感謝しつつ、且つ受け入れて登らせて頂けることへの有り難みを噛み締めながら、一段一段神妙な面持ちでまずは大師堂を目指します。
四国遍路その19 108段無事に登りきると頭上が明るく開けたので、はて、弥谷山はどの辺りに?と、ふと空を仰ぐと、たわわに膨らんだ青梅を見つけました…(逆光で見辛しυ)
108段無事に登りきると頭上が明るく開けたので、はて、弥谷山はどの辺りに?と、ふと空を仰ぐと、たわわに膨らんだ青梅を見つけました…(逆光で見辛しυ)
四国遍路その19 弥谷寺名物、あの世と繋がるほにゃららら⁉️否💦可愛らしいお寺ライクな屋根と、ハイカラなガラス張りのボディとの調和が取れた公衆電話ボックス✨イカしてます☺️
弥谷寺名物、あの世と繋がるほにゃららら⁉️否💦可愛らしいお寺ライクな屋根と、ハイカラなガラス張りのボディとの調和が取れた公衆電話ボックス✨イカしてます☺️
四国遍路その19 ↑お寺あるある、二重の塔なのだとか。
↑お寺あるある、二重の塔なのだとか。
四国遍路その19 本堂への途中にある水場、並びに極楽浄土への入り口と伝えられる洞窟。
標高382mの霊山、弥谷山に降った雨水を集め、こんこんと沁み出る地下水は、かつてどんなに日照りが続いても枯れることはなかったのだそう。
本堂への途中にある水場、並びに極楽浄土への入り口と伝えられる洞窟。 標高382mの霊山、弥谷山に降った雨水を集め、こんこんと沁み出る地下水は、かつてどんなに日照りが続いても枯れることはなかったのだそう。
四国遍路その19 岩盤の高さは如何ほどか?と見上げると、ほぼ頭上から神秘的なお日様の光が降り注ぎ、正午が近づいてることを知らせてくれました。
岩盤の高さは如何ほどか?と見上げると、ほぼ頭上から神秘的なお日様の光が降り注ぎ、正午が近づいてることを知らせてくれました。
四国遍路その19 本堂に到着。御本尊様は千の御手で余すことなく衆生をお救いくださると伝えられる千手観世音菩薩様です。
おん ばざら たらま きりく
本堂に到着。御本尊様は千の御手で余すことなく衆生をお救いくださると伝えられる千手観世音菩薩様です。 おん ばざら たらま きりく
四国遍路その19 参拝を終えて振り返ると、眼下に連なる山々と調和の取れたのどかな里の風景に心が癒されます。
参拝を終えて振り返ると、眼下に連なる山々と調和の取れたのどかな里の風景に心が癒されます。
四国遍路その19 さあ、ここからいよいよ入山します。願わくば同行二人、お大師様と共に…(ここより先は登山にてソーロー(←ソロの意)お一人で行ってきなさい😒←お大師様より)
さあ、ここからいよいよ入山します。願わくば同行二人、お大師様と共に…(ここより先は登山にてソーロー(←ソロの意)お一人で行ってきなさい😒←お大師様より)
四国遍路その19 昨夜雨が降ったのか、それとも地質の影響なのか、足元がぬかるんでいるエリアがありました。
ミミズやイノシシいっぱい居そうυ
昨夜雨が降ったのか、それとも地質の影響なのか、足元がぬかるんでいるエリアがありました。 ミミズやイノシシいっぱい居そうυ
四国遍路その19 生命溢れる森の中はピュアな少年だったあの頃に戻れる数少ない場所。初見の山なれば尚のこと、年甲斐もなくワクワクします✨
躊躇することなくいざ緑のトンネルへ。
生命溢れる森の中はピュアな少年だったあの頃に戻れる数少ない場所。初見の山なれば尚のこと、年甲斐もなくワクワクします✨ 躊躇することなくいざ緑のトンネルへ。
四国遍路その19 まずは霊山弥谷山へ。分岐点を←左に…
まずは霊山弥谷山へ。分岐点を←左に…
四国遍路その19 さらに左に…ここからプチ急登
さらに左に…ここからプチ急登
四国遍路その19 自称キノコフェチの偉大なる香川県のJ先輩に捧げる(笑)
自称キノコフェチの偉大なる香川県のJ先輩に捧げる(笑)
四国遍路その19 弥谷山の三角点発見❗無事に到着✌️🙂
弥谷山の三角点発見❗無事に到着✌️🙂
四国遍路その19 ヤックル🦌と足並みを合わせて三角点タッチ🖐️☺️
ヤックル🦌と足並みを合わせて三角点タッチ🖐️☺️
四国遍路その19 最初の分岐点に戻り、ここを直進して天霧城跡へ
最初の分岐点に戻り、ここを直進して天霧城跡へ
四国遍路その19 尾根道に入り森の表情が変化して、道も若干広くなったような気がしました。阿讃縦走路みたい…
尾根道に入り森の表情が変化して、道も若干広くなったような気がしました。阿讃縦走路みたい…
四国遍路その19 豊かな新緑の森のお陰で眺望は少なめ。早春頃に訪れたら結構見渡せそう⁉️
豊かな新緑の森のお陰で眺望は少なめ。早春頃に訪れたら結構見渡せそう⁉️
四国遍路その19 のんびりハイクなので寄り道して隠れ砦跡を探しましたが、やはり私もそれらしきもの確認出来ず…汗
のんびりハイクなので寄り道して隠れ砦跡を探しましたが、やはり私もそれらしきもの確認出来ず…汗
四国遍路その19 コルに到達したと思ったら脇道を発見。
コルに到達したと思ったら脇道を発見。
四国遍路その19 一度言ってみたかった「鉄塔あるある~🎵」
一度言ってみたかった「鉄塔あるある~🎵」
四国遍路その19 意味もなく、鉄塔のトライアングルにピークを重ねてみました。
意味もなく、鉄塔のトライアングルにピークを重ねてみました。
四国遍路その19 レポで見たことのある犬返りの険に到達。スリルを味わいたくて迷わず右→を選択‼️
レポで見たことのある犬返りの険に到達。スリルを味わいたくて迷わず右→を選択‼️
四国遍路その19 登城の安全と誘導を兼ねたトラロープありました。途中、無惨にも剥がれたソールが放置されてましたが、持ち主さんはさぞかし困っただろうなぁ😓💦
登城の安全と誘導を兼ねたトラロープありました。途中、無惨にも剥がれたソールが放置されてましたが、持ち主さんはさぞかし困っただろうなぁ😓💦
四国遍路その19 体型に似合わずゴキ○リなみのフットワークを駆使してしゃかしゃかと登りきると城跡らしき広場に到達。
体型に似合わずゴキ○リなみのフットワークを駆使してしゃかしゃかと登りきると城跡らしき広場に到達。
四国遍路その19 間もなく天霧城本丸跡に到着しました。
間もなく天霧城本丸跡に到着しました。
四国遍路その19 この前に…
この前に…
四国遍路その19 ケルンあり。崩れるのでタッチはパスしました。三角点は他のポイントにあったのだろうけど、シャリバテ及びカフェイン欠乏症が顕著な為、ここでザックを降ろして休憩です(苦笑)
ケルンあり。崩れるのでタッチはパスしました。三角点は他のポイントにあったのだろうけど、シャリバテ及びカフェイン欠乏症が顕著な為、ここでザックを降ろして休憩です(苦笑)
四国遍路その19 本日のメニューは今朝の食べ残しのコーヒー・ロールとアミノ酸系チューチューゼリー也。
本日のメニューは今朝の食べ残しのコーヒー・ロールとアミノ酸系チューチューゼリー也。
四国遍路その19 珍しい花発見❗ホタルブクロ?
珍しい花発見❗ホタルブクロ?
四国遍路その19 ステンレスボトルの自家煎れコーヒーを飲み干して元の道を戻ります。エネルギーチャージしてザックも軽くなったし歩き易~い🎵
ステンレスボトルの自家煎れコーヒーを飲み干して元の道を戻ります。エネルギーチャージしてザックも軽くなったし歩き易~い🎵
四国遍路その19 先ほどの108段階段の途中にて。まだ三分咲きかな?
先ほどの108段階段の途中にて。まだ三分咲きかな?
四国遍路その19 先輩ヤマッパーさんも仰ってましたが、秋の紅葉の頃は素敵だろうなぁ✨
ちなみに…帰り道は死者を背負ってしまうから決して振り返ってはいけないのだそう😱
先輩ヤマッパーさんも仰ってましたが、秋の紅葉の頃は素敵だろうなぁ✨ ちなみに…帰り道は死者を背負ってしまうから決して振り返ってはいけないのだそう😱
四国遍路その19 最終目的地善通寺までの余力を残して無事に帰着。ヤックルもお疲れ様😌出発時より車多し、ほぼ🈵
最終目的地善通寺までの余力を残して無事に帰着。ヤックルもお疲れ様😌出発時より車多し、ほぼ🈵
四国遍路その19 これこれこれー✨楽しみにしてたお目当てのご褒美、巨峰ソフト🍦私はハーフ・ハーフに☺️
これこれこれー✨楽しみにしてたお目当てのご褒美、巨峰ソフト🍦私はハーフ・ハーフに☺️
四国遍路その19 回り道して覗いてみたご当地スパ♨️入りたいのは山々なれど、この日は残り時間が少ない為次回のお楽しみ🎵
回り道して覗いてみたご当地スパ♨️入りたいのは山々なれど、この日は残り時間が少ない為次回のお楽しみ🎵
四国遍路その19 善通寺に向かう途中ナビに表示されたので、車を降りて見渡してみた天霧山。採石された山腹が痛々しい…
三の丸を降りた辺りに張ってあったトラロープは滑落防止の為だったと知り、冷水三斗の思いがしました😱💦
善通寺に向かう途中ナビに表示されたので、車を降りて見渡してみた天霧山。採石された山腹が痛々しい… 三の丸を降りた辺りに張ってあったトラロープは滑落防止の為だったと知り、冷水三斗の思いがしました😱💦
四国遍路その19 お大師様の父の名“善通”から号したとも伝えられる善通寺参拝を終え、父の日用のお土産物も確保し、安堵しながら慌ただしくも充実した一日を振り返りつつ香色山を望む。
山の会を引退された師匠から渡された五岳山のルートマップを手にしてここを訪れるのはいつの日か?
皆既日食の事象に向けて傾いてゆく西日に照らされた駐車場にて、このまま帰るのが余りにも勿体なくて、しばしの間一人感傷に浸り続けるネイなのであった。
お大師様の父の名“善通”から号したとも伝えられる善通寺参拝を終え、父の日用のお土産物も確保し、安堵しながら慌ただしくも充実した一日を振り返りつつ香色山を望む。 山の会を引退された師匠から渡された五岳山のルートマップを手にしてここを訪れるのはいつの日か? 皆既日食の事象に向けて傾いてゆく西日に照らされた駐車場にて、このまま帰るのが余りにも勿体なくて、しばしの間一人感傷に浸り続けるネイなのであった。

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。

てんきとくらす