前巻機・御機屋(巻機山 山標柱)・巻機山・牛ヶ岳

2020.06.21(日) 日帰り
デラ坊や
デラ坊や

待ってましたこの時を!県をまたぐ移動が解禁されてようやく他県の山に行けるようになり、解禁第1弾としてチョイスしたのは「巻機山」でした。 朝早く登山開始したいのと、プチキャンプを味わいたいということで、地元を昼過ぎに出て16時にキャンプ場に着きました。 先客1組ありましたがほとんど貸切?と思ったら日没前に8組ほどになり、まずまずのにぎわい。 翌朝5時スタート。駐車場はさすがに他県ナンバーの車でほぼ満車状態。前日泊しておいて正解でした。樹林帯の中をひたすら登っていきますが、昨日の雨で足元はドロドロで大変滑りやすいコンディション。帰りが心配になります。5合目からは眺望も開け割引岳、これから向かう前巻機、巻機山が見えてきます。9合目あたりからは湯沢方面のスキー場や谷川方面もよく見えました。 避難小屋は2階建てで広く、きれいでした。なんといってもトイレにびっくり!バイオトイレで自転車をこいで撹拌させる仕組み。小用でしたが、こいできました。 織姫ノ池ではミズバショウが咲いており残雪あとわせて楽しめました。 山頂標識から先が最高点ですが、ケルンあるのみ、また牛ヶ岳まで足を延ばしましたが読めない標識があるのみで、この時ガスって何も見えなかったので、早々に退散。 避難小屋まで戻ると、なんと快晴・・・。避難小屋で昼食をとり下山。晴れたおかげで行きのドロドロポイントも難なくクリアーして来れました。このコースは登山口から山頂まで沢に下ることや、小さなピークをいくつも越えることがなく、体力を削られないのがポイント。 下山後は「金城の里」(350円、安い!)に入って帰路に着きました。 ※途中で部分日食見ようとしましたが、関東に入ると曇り、雨まで降ってきて断念! 新潟に留まっていれば見れたでしょうが、17時過ぎでは帰りが遅くなるので仕方なし。

桜坂キャンプ場
貸切かと思えば日没前に8組くらいになりました。

桜坂キャンプ場 貸切かと思えば日没前に8組くらいになりました。

桜坂キャンプ場 貸切かと思えば日没前に8組くらいになりました。

車なんで普段持ってこれないキャンプ道具を広げてます

車なんで普段持ってこれないキャンプ道具を広げてます

車なんで普段持ってこれないキャンプ道具を広げてます

「わかったよ!」と言いたくなるくらいの警告

「わかったよ!」と言いたくなるくらいの警告

「わかったよ!」と言いたくなるくらいの警告

井戸尾根から割引岳

井戸尾根から割引岳

井戸尾根から割引岳

6合目を過ぎた所で再び割引岳

6合目を過ぎた所で再び割引岳

6合目を過ぎた所で再び割引岳

7号目手前のところで前巻機と巻機山

7号目手前のところで前巻機と巻機山

7号目手前のところで前巻機と巻機山

「ニセ」って名前が・・・

「ニセ」って名前が・・・

「ニセ」って名前が・・・

小屋の内部

小屋の内部

小屋の内部

バイオトイレ
自転車こいで撹拌させます

バイオトイレ 自転車こいで撹拌させます

バイオトイレ 自転車こいで撹拌させます

2階も広いです

2階も広いです

2階も広いです

小屋の前の雪渓

小屋の前の雪渓

小屋の前の雪渓

立派な避難小屋でした

立派な避難小屋でした

立派な避難小屋でした

ミズバショウの群生

ミズバショウの群生

ミズバショウの群生

標識はここでも最高地点はまだ先

標識はここでも最高地点はまだ先

標識はここでも最高地点はまだ先

牛ヶ岳。字が書いてあったのか?読めず

牛ヶ岳。字が書いてあったのか?読めず

牛ヶ岳。字が書いてあったのか?読めず

朝日岳方面への分岐。わかりづらい標識が立っています。

朝日岳方面への分岐。わかりづらい標識が立っています。

朝日岳方面への分岐。わかりづらい標識が立っています。

割引岳方面

割引岳方面

割引岳方面

ガスの合間から八海山方面

ガスの合間から八海山方面

ガスの合間から八海山方面

白毛門方面

白毛門方面

白毛門方面

桜坂キャンプ場 貸切かと思えば日没前に8組くらいになりました。

車なんで普段持ってこれないキャンプ道具を広げてます

「わかったよ!」と言いたくなるくらいの警告

井戸尾根から割引岳

6合目を過ぎた所で再び割引岳

7号目手前のところで前巻機と巻機山

「ニセ」って名前が・・・

小屋の内部

バイオトイレ 自転車こいで撹拌させます

2階も広いです

小屋の前の雪渓

立派な避難小屋でした

ミズバショウの群生

標識はここでも最高地点はまだ先

牛ヶ岳。字が書いてあったのか?読めず

朝日岳方面への分岐。わかりづらい標識が立っています。

割引岳方面

ガスの合間から八海山方面

白毛門方面

類似するルートを通った活動日記