尾瀬ケ原から燧ヶ岳(柴安嵓)

2020.06.17(水) 日帰り
赤城榛名
赤城榛名

活動データ

タイム

11:20

距離

28.6km

上り

1278m

下り

1281m

チェックポイント

活動詳細

もっと見る

 谷川岳方面に行くか尾瀬にするか迷ったが、毎年春に行っていた尾瀬の山に、今年は登っていななあ!と言うことで、一応尾瀬ケ原を歩いて見るかなと、谷川岳方面は先に延ばした。  尾瀬の最近のレコを見ると、あれ三条の滝は行けない?途中の橋が落ちているらしい。しかし、尾瀬ケ原だけではさみしいので、見晴から燧ヶ岳に行くかと計画してみた。  鳩待峠から燧ヶ岳に登り、大清水に出てバスで戸倉に戻りたかったが、バスの時間が15時50分が最終のため、私の体力と速さではバスに間に合いそうもない。しかし、朝一のバスで鳩待峠を出発すれば、ぎりで燧ヶ岳から沼尻に下りて、見晴から尾瀬ヶ原を歩いて鳩待峠に戻るなら、最終バスの17時20分に間に合うかも?  とりあえず見晴の到着時間で決めようと出かけた。見晴で尾瀬沼方面から来て戻るところと言う単独女性に、沼尻から見晴までの時間を尋ね、燧ヶ岳からナデッ窪を下り沼尻に出ると話したら、難路に残雪もあり今はコロナこともあるから(事故対応)お勧めできないと言われたので、時間短縮のこともあり見晴からのピストンに変更した。  見晴からのコースタイムは、登り3:35、下り2:25の6時間だが、休憩を入れて5時間でピストンすればバスに間に合うと計算し、山頂でのタイムリピットを12時に決めて出発した。  山頂には11時少し前に到着したが、既にソロの登山者がいたので情報交換をしたが驚いた。私と同じ鳩待峠を後から出発し、アヤメ平-白尾山-皿伏山-沼尻から、ナデッ窪を登り俎嵓を越えて来たとのことでした。初めての尾瀬で携帯のGPSを頼りに来たが、倒木等ひどい登山道で一時は引き返そうと考えたと話していた。帰りは一緒に出発したが、数分で姿は見えなくなってしまった。  山頂では360度の展望を楽しみ、12時前に下山を始めたため見晴では時間に余裕ができたので、東電小屋のルートを回って戻ることにした。しかし、尾瀬ヶ原を歩いている時に会ったのは、朝は2人、帰りは5人しかいなかった。最も、朝は一番のバスで帰りは最終のバスだから、一番の人出のときはいなかったのだが?ちなみに先週の土日の人出を、チケット売り場の人に聞いたら200人程だったと言っていた。  なお、現在の尾瀬ヶ原の主役は「ワタスゲ」です。水芭蕉は完全にお化けに変身していました。ニッコウキスゲは中田代でかなりの面積をネットで囲っており、木道脇に蕾を持ったニッコウキスゲが確認できましたが、シカならネットぐらい飛び越えそうな感じです。

尾瀬・燧ヶ岳 鳩待峠-戸倉間のバス時刻表
鳩待峠-戸倉間のバス時刻表
尾瀬・燧ヶ岳 ここから出発
ここから出発
尾瀬・燧ヶ岳 至仏山
至仏山
尾瀬・燧ヶ岳 木道脇は水芭蕉の群落だけど、お花はすでになく・・・・・
木道脇は水芭蕉の群落だけど、お花はすでになく・・・・・
尾瀬・燧ヶ岳 コバイケイソウだっけ。
コバイケイソウだっけ。
尾瀬・燧ヶ岳 ちょっと研究見本園へ寄ってみました。
ちょっと研究見本園へ寄ってみました。
尾瀬・燧ヶ岳 ワタスゲが綺麗でした。
ワタスゲが綺麗でした。
尾瀬・燧ヶ岳 もうチングルマが
もうチングルマが
尾瀬・燧ヶ岳 トイレは山の鼻までです。
トイレは山の鼻までです。
尾瀬・燧ヶ岳 何とか見られる。
何とか見られる。
尾瀬・燧ヶ岳 今日はあの山頂まで。
遠いなあ。
今日はあの山頂まで。 遠いなあ。
尾瀬・燧ヶ岳 ヒメシャクナゲ
ヒメシャクナゲ
尾瀬・燧ヶ岳 振り返ると至仏山が大きい。
今月末まで入山禁止中。
振り返ると至仏山が大きい。 今月末まで入山禁止中。
尾瀬・燧ヶ岳 これは虫さんも大変だ。
これは虫さんも大変だ。
尾瀬・燧ヶ岳 もう咲いている。
今日はこれしか見なかった。
もう咲いている。 今日はこれしか見なかった。
尾瀬・燧ヶ岳 完全に浮いてるなあ。
完全に浮いてるなあ。
尾瀬・燧ヶ岳 これヒツジグサかなあ。
これヒツジグサかなあ。
尾瀬・燧ヶ岳 ワタスゲが素晴らしい。
ワタスゲが素晴らしい。
尾瀬・燧ヶ岳 水芭蕉の時期は人気のビュ―スポットだけど。
水芭蕉の時期は人気のビュ―スポットだけど。
尾瀬・燧ヶ岳 ここの木道は凄いなあ。高速道路のミニュチア版だ。
ここの木道は凄いなあ。高速道路のミニュチア版だ。
尾瀬・燧ヶ岳 ミツガシワ
ミツガシワ
尾瀬・燧ヶ岳 これは何だっけかな。
認知症が近づいてきたか。
これは何だっけかな。 認知症が近づいてきたか。
尾瀬・燧ヶ岳 景鶴山
300名山なんだよなあ。
景鶴山 300名山なんだよなあ。
尾瀬・燧ヶ岳 見晴が見えてきた。
見晴が見えてきた。
尾瀬・燧ヶ岳 見晴から
2軒ほど開いていたけど。
見晴から 2軒ほど開いていたけど。
尾瀬・燧ヶ岳 見晴新道登山口
ここで1合目、標高1500m。
見晴新道登山口 ここで1合目、標高1500m。
尾瀬・燧ヶ岳 大きな倒木が塞いでいた。
大きな倒木が塞いでいた。
尾瀬・燧ヶ岳 4合目。
ここで100mごとに1号上がっていることに気付いた。
4合目。 ここで100mごとに1号上がっていることに気付いた。
尾瀬・燧ヶ岳 6合目。
ここで2000m。
6合目。 ここで2000m。
尾瀬・燧ヶ岳 山頂が見えた。
山頂が見えた。
尾瀬・燧ヶ岳 あと800mか。
あと800mか。
尾瀬・燧ヶ岳 この上を歩くのはいやらしいけど。やむを得ないか。
この上を歩くのはいやらしいけど。やむを得ないか。
尾瀬・燧ヶ岳 ミネザクラか。
ミネザクラか。
尾瀬・燧ヶ岳 9合目、2200m
あれ8合目は?
9合目、2200m あれ8合目は?
尾瀬・燧ヶ岳 おおきな岩の下を抜けると
おおきな岩の下を抜けると
尾瀬・燧ヶ岳 一気に展望が開けた。
あれは俎嵓だ。
一気に展望が開けた。 あれは俎嵓だ。
尾瀬・燧ヶ岳 この標識は?もしかして、ここから温泉小屋に続く道があるのか???
この標識は?もしかして、ここから温泉小屋に続く道があるのか???
尾瀬・燧ヶ岳 赤ナグレ岳の先に日光方面の山々
赤ナグレ岳の先に日光方面の山々
尾瀬・燧ヶ岳 山頂までもう少しだ。
山頂までもう少しだ。
尾瀬・燧ヶ岳 山頂にいたソロの方に撮ってもらいました。燧ヶ岳で会ったのはこの方だけでした。
山頂にいたソロの方に撮ってもらいました。燧ヶ岳で会ったのはこの方だけでした。
尾瀬・燧ヶ岳 平ヶ岳、右後方に中ノ岳
平ヶ岳、右後方に中ノ岳
尾瀬・燧ヶ岳 360度の展望。
これは西側方面。
360度の展望。 これは西側方面。
尾瀬・燧ヶ岳 尾瀬ヶ原、後方は至仏山。
尾瀬ヶ原、後方は至仏山。
尾瀬・燧ヶ岳 左が中ノ岳、右は越後駒ヶ岳
左が中ノ岳、右は越後駒ヶ岳
尾瀬・燧ヶ岳 荒沢岳
荒沢岳
尾瀬・燧ヶ岳 越後の山々
越後の山々
尾瀬・燧ヶ岳 もう一つのピーク俎嵓
もう一つのピーク俎嵓
尾瀬・燧ヶ岳 ミノブチ岳の先に尾瀬沼
ミノブチ岳の先に尾瀬沼
尾瀬・燧ヶ岳 会津駒ヶ岳
会津駒ヶ岳
尾瀬・燧ヶ岳 左から、俎嵓、ミノブチ岳、赤ナグレ岳
左から、俎嵓、ミノブチ岳、赤ナグレ岳
尾瀬・燧ヶ岳 日光白根山をズームする。
日光白根山をズームする。
尾瀬・燧ヶ岳 左奥は俎嵓、中央はミノブチ岳、右が赤ナグレ岳
左奥は俎嵓、中央はミノブチ岳、右が赤ナグレ岳
尾瀬・燧ヶ岳 ここは要注意。
ここは要注意。
尾瀬・燧ヶ岳 リボンは沢山あったが、ここは木にペイントしてある。こんなになくても分かると思うけど。
リボンは沢山あったが、ここは木にペイントしてある。こんなになくても分かると思うけど。
尾瀬・燧ヶ岳 見晴(原の小屋)
見晴(原の小屋)
尾瀬・燧ヶ岳 原から燧ヶ岳を仰ぎ見る。
原から燧ヶ岳を仰ぎ見る。
尾瀬・燧ヶ岳 タテヤマリンドウ
タテヤマリンドウ
尾瀬・燧ヶ岳 橋だけなら、この二日雨はなかったから行けたかな?
橋だけなら、この二日雨はなかったから行けたかな?
尾瀬・燧ヶ岳 いいねえ。
いいねえ。
尾瀬・燧ヶ岳 これは何?ズミか?
これは何?ズミか?
尾瀬・燧ヶ岳 シカが前を走り抜けていく。
(右側付近)
シカが前を走り抜けていく。 (右側付近)
尾瀬・燧ヶ岳 リュウキンカ
リュウキンカ
尾瀬・燧ヶ岳 ヨッピ橋
雪の時は板が外されているので、少しビビる。
ヨッピ橋 雪の時は板が外されているので、少しビビる。
尾瀬・燧ヶ岳 3時間前はあの上で、こちらを見下ろしていたなんて。
3時間前はあの上で、こちらを見下ろしていたなんて。
尾瀬・燧ヶ岳 こんな広い所を貸し切りではなくていいんだけどなあ。
こんな広い所を貸し切りではなくていいんだけどなあ。
尾瀬・燧ヶ岳 うわー。持って帰りたいようだ。
うわー。持って帰りたいようだ。
尾瀬・燧ヶ岳 風があるので波立ち、逆さ燧ヶ岳は写らない。
風があるので波立ち、逆さ燧ヶ岳は写らない。
尾瀬・燧ヶ岳 花の群落は見られなかったけど、このワタスゲは素晴らしかった。
花の群落は見られなかったけど、このワタスゲは素晴らしかった。
尾瀬・燧ヶ岳 コロナの影響は凄いなあ。
はい、入るのは止めます。
コロナの影響は凄いなあ。 はい、入るのは止めます。
尾瀬・燧ヶ岳 足が付かれて、写真を撮るのにかがむと痙攣しそうだ。
足が付かれて、写真を撮るのにかがむと痙攣しそうだ。
尾瀬・燧ヶ岳 あれ緑色っぽい。
あれ緑色っぽい。
尾瀬・燧ヶ岳 帰りは木道が乾いて快適だ。足が疲れいなければ。
帰りは木道が乾いて快適だ。足が疲れいなければ。
尾瀬・燧ヶ岳 鳩待峠到着。
良かった最終便まで余裕があるので、一休みできる。
鳩待峠到着。 良かった最終便まで余裕があるので、一休みできる。

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。

てんきとくらす