溶け始めた三嶺の池

2020.03.07(土) 日帰り
sanrei30
sanrei30

活動詳細

もっと見る

新人2人とベテラン+アルファの4人に同行して夜がメインの山歩き。 ルートは往路がカヤハゲコース、復路がフスベヨリ谷コース(光石登山口~さおりが原~カヤハゲ~三嶺~フスベヨリ谷~八丁~光石登山口)で西熊・お亀は次の機会に。 昼前まで晴れてたが、予報通り西から次第に雲が広がり山頂に着く頃はガスに包まれてしまった。 氷が緩んできた三嶺の池はもう歩かない方がよさそう。 ■行先・位置 三嶺(二等三角点 [三嶺] 1893.63m) 高知県香美市・徳島県三好市/北緯33度50分22秒・東経133度59分16秒 ■(*)コースタイム 光石登山口 6:55(13分)→ 堂床谷出合 7:08(19分)→ 尾根1050m地点 7:27/7:34(27分)→ さおりが原(標高点1162m)8:01/8:07(42分)→ カヤハゲ西尾根1410m地点 8:49/8:55(31分)→ カヤハゲ西尾根1600m地点 9:26/9:30(18分)→ カヤハゲ 9:48/10:00(59分)→ 三嶺 10:59/11:02(8分)→ 三嶺の池 11:10/11:11(2分)→ 三嶺ヒュッテ 11:13/11:14(7分)→ 三嶺 11:21/11:27(2分分)→ 山頂直下1850m地点 11:29(昼食)/11:41(2分)→ 稜線分岐 11:43(3分)→ 水場 11:46/11:47(37分)→ 谷1390m地点 12:24/12:29(27分)→ ヌスビト沢1207m 12:56/13:09(51分)→ 八丁ヒュッテ 14:00/14:07(25分)→ 堂床谷出合 14:32(21分)→ 光石登山口 14:53 【往路 3時間39分 復路 2時間55分 計 6時間34分(三嶺ヒュッテまでの往復)】 (*)コースタイムポイント(/あり)での休憩時間は含まない ■コース水平距離 14.5㎞ ■天気 晴れのち曇り ■楽しさ ★★★★★(満点!)

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。