龍門岳のお社と桜の木

2020.06.07(日) 日帰り
よもぎもち
よもぎもち

チェックポイント

活動詳細

もっと見る

龍門岳にのぼりました。 奈良盆地の南東のはしっこにあって、よく目にする山です。でも、のぼったのははじめてでした。 山頂にはお社がおまつりされていて、おおきな桜の木がありました。あとで調べたら、高皇産霊神(たかみむすびのかみ)がおまつりされてるみたいです。ふもとの高鉾神社のもとがここらしいです。また、桜の花の季節におとづれたいですね。 ずっといいお天気でしたけど、ずっと北からの風が吹いていて、ぜんぜん暑くなくて、心地のいい日でした。 コースは地図にかかれていません。山口の集落からのぼれるのは知ってたので、とりあえず、そこからスタート。龍門の滝を経由して嶽川をさかのぼりました。近畿自然歩道に設定されてるみたいなんですけど、地形図の点線が山頂までつづいてないのが不思議です。道はちゃんとありました。 くだりは現地で判断。西は西谷の集落、東は田尻の集落、北は桜井市方面、南は山口へもどる。山頂付近にぜんぶの道標はあったので、どの方向へでもおりれそうです。ちがう道でスタート地点へもどりたかったので、西(西谷)へおりることにしました。東(田尻)はとおまわりになりそうだったので。西谷への道はちゃんとありましたけど、尾根から谷へおりるあたりで道がわかりにくくなっていました。あるく人がすくないみたいで、道がきえかかってるんでしょうね。しかも、照葉樹の落葉が敷きつめられていて、あるきにくかったです。

音羽山(奈良県)・竜門岳・熊ヶ岳 緑の道標 吉野路龍門。緑の道標というのは奈良県が設定してるパーキングエリアみたいなやつのようです。設置したはいいけど、ほとんど利用されてないようです。
緑の道標 吉野路龍門。緑の道標というのは奈良県が設定してるパーキングエリアみたいなやつのようです。設置したはいいけど、ほとんど利用されてないようです。
音羽山(奈良県)・竜門岳・熊ヶ岳 お堂。石仏が何体もおまつりされています。
お堂。石仏が何体もおまつりされています。
音羽山(奈良県)・竜門岳・熊ヶ岳 右は西蓮寺。左は吉野山口神社と高鉾神社。
右は西蓮寺。左は吉野山口神社と高鉾神社。
音羽山(奈良県)・竜門岳・熊ヶ岳 参道。
参道。
音羽山(奈良県)・竜門岳・熊ヶ岳 手水鉢。延宝7(1679)年のものらしいです。
手水鉢。延宝7(1679)年のものらしいです。
音羽山(奈良県)・竜門岳・熊ヶ岳 高鉾神社。正面の燈籠は文亀3(1503)年の銘。吉野で一番古いらしいです。
高鉾神社。正面の燈籠は文亀3(1503)年の銘。吉野で一番古いらしいです。
音羽山(奈良県)・竜門岳・熊ヶ岳 高鉾神社。御祭神は高皇産霊神。もともとは龍門岳の山頂におまつりされていたそうです。山口神社と合祀されているというよりも、おなじ境内にあるということみたいです。
高鉾神社。御祭神は高皇産霊神。もともとは龍門岳の山頂におまつりされていたそうです。山口神社と合祀されているというよりも、おなじ境内にあるということみたいです。
音羽山(奈良県)・竜門岳・熊ヶ岳 御神木。
御神木。
音羽山(奈良県)・竜門岳・熊ヶ岳 吉野山口神社。奈良県には山口神社がいくつもあります。山の入口にあるから山口神社というみたいです。
吉野山口神社。奈良県には山口神社がいくつもあります。山の入口にあるから山口神社というみたいです。
音羽山(奈良県)・竜門岳・熊ヶ岳 栗の花。
栗の花。
音羽山(奈良県)・竜門岳・熊ヶ岳 田んぼ。
田んぼ。
音羽山(奈良県)・竜門岳・熊ヶ岳 ウツギの花。
ウツギの花。
音羽山(奈良県)・竜門岳・熊ヶ岳 舗装道路。
舗装道路。
音羽山(奈良県)・竜門岳・熊ヶ岳 山の神さま。分岐点になってて近畿自然歩道の道標があります。
山の神さま。分岐点になってて近畿自然歩道の道標があります。
音羽山(奈良県)・竜門岳・熊ヶ岳 谷が近いです。水のせせらぎがここちいいです。
谷が近いです。水のせせらぎがここちいいです。
音羽山(奈良県)・竜門岳・熊ヶ岳 舗装道路はここまで。ここまでは車で来れるみたいです。
舗装道路はここまで。ここまでは車で来れるみたいです。
音羽山(奈良県)・竜門岳・熊ヶ岳 手入れされた人工林。そろそろ間伐のし時かな。
手入れされた人工林。そろそろ間伐のし時かな。
音羽山(奈良県)・竜門岳・熊ヶ岳 セラピーロードの拠点的なところ。龍門の滝までの道がセラピーロードに認定されてるみたいです。たしかに、こんないいお天気の日には気持ちがいいところかも。
セラピーロードの拠点的なところ。龍門の滝までの道がセラピーロードに認定されてるみたいです。たしかに、こんないいお天気の日には気持ちがいいところかも。
音羽山(奈良県)・竜門岳・熊ヶ岳 下乗石。元弘3(1333)の銘。龍門寺のものみたいです。この奥には塔跡があります。
下乗石。元弘3(1333)の銘。龍門寺のものみたいです。この奥には塔跡があります。
音羽山(奈良県)・竜門岳・熊ヶ岳 分岐。左(下)は龍門の滝へむかってます。左へいきました。
分岐。左(下)は龍門の滝へむかってます。左へいきました。
音羽山(奈良県)・竜門岳・熊ヶ岳 積み石。セラピー的なイベントで積まれたものなんでしょうか。ケルンのつもりなのかな。三途の川のつもりなんかな。不気味です。
積み石。セラピー的なイベントで積まれたものなんでしょうか。ケルンのつもりなのかな。三途の川のつもりなんかな。不気味です。
音羽山(奈良県)・竜門岳・熊ヶ岳 お社と松尾芭蕉の句碑。「龍門の花や上戸の土産にせん」
お社と松尾芭蕉の句碑。「龍門の花や上戸の土産にせん」
音羽山(奈良県)・竜門岳・熊ヶ岳 龍門の滝。こもれびと水の音がここちいいです。
龍門の滝。こもれびと水の音がここちいいです。
音羽山(奈良県)・竜門岳・熊ヶ岳 滝の下流側もいい雰囲気です。
滝の下流側もいい雰囲気です。
音羽山(奈良県)・竜門岳・熊ヶ岳 車道への階段が整備されています。
車道への階段が整備されています。
音羽山(奈良県)・竜門岳・熊ヶ岳 車道の石積み。近代遺産みたいなもんかな。
車道の石積み。近代遺産みたいなもんかな。
音羽山(奈良県)・竜門岳・熊ヶ岳 分岐。いったん、左(塔跡)へ。
分岐。いったん、左(塔跡)へ。
音羽山(奈良県)・竜門岳・熊ヶ岳 龍門寺の塔跡。奈良時代に建立された大寺らしいです。室町時代に戦乱とか焼き討ちとかで廃寺になったそうです。
龍門寺の塔跡。奈良時代に建立された大寺らしいです。室町時代に戦乱とか焼き討ちとかで廃寺になったそうです。
音羽山(奈良県)・竜門岳・熊ヶ岳 分岐。左へ。
分岐。左へ。
音羽山(奈良県)・竜門岳・熊ヶ岳 シダが元気です。
シダが元気です。
音羽山(奈良県)・竜門岳・熊ヶ岳 立派な杉の木。
立派な杉の木。
音羽山(奈良県)・竜門岳・熊ヶ岳 左右はなだらかな谷。ゆるやかな尾根をあるきます。
左右はなだらかな谷。ゆるやかな尾根をあるきます。
音羽山(奈良県)・竜門岳・熊ヶ岳 右の谷はかつては棚田だったようにみえます。
右の谷はかつては棚田だったようにみえます。
音羽山(奈良県)・竜門岳・熊ヶ岳 尾根の道。たぶん、かつては車道だったようです。
尾根の道。たぶん、かつては車道だったようです。
音羽山(奈良県)・竜門岳・熊ヶ岳 道標。ここから傾斜がきつくなります。
道標。ここから傾斜がきつくなります。
音羽山(奈良県)・竜門岳・熊ヶ岳 テイカカズラの葉っぱ?
テイカカズラの葉っぱ?
音羽山(奈良県)・竜門岳・熊ヶ岳 道の石積み。立派な石積みなので、重要な道だったんでしょうか。
道の石積み。立派な石積みなので、重要な道だったんでしょうか。
音羽山(奈良県)・竜門岳・熊ヶ岳 この下に滝があるみたいです。
この下に滝があるみたいです。
音羽山(奈良県)・竜門岳・熊ヶ岳 渡渉点。
渡渉点。
音羽山(奈良県)・竜門岳・熊ヶ岳 テイカカズラの葉っぱ?
テイカカズラの葉っぱ?
音羽山(奈良県)・竜門岳・熊ヶ岳 石積みの堰堤。近代遺産っぽい。これを越えます。
石積みの堰堤。近代遺産っぽい。これを越えます。
音羽山(奈良県)・竜門岳・熊ヶ岳 堰堤で谷が埋まっています。道がわかりにくいので、目印を見落とさないように。
堰堤で谷が埋まっています。道がわかりにくいので、目印を見落とさないように。
音羽山(奈良県)・竜門岳・熊ヶ岳 枯れ木の上にのってる石。人為なのか自然なのか。
枯れ木の上にのってる石。人為なのか自然なのか。
音羽山(奈良県)・竜門岳・熊ヶ岳 谷がわかれるところ。左の谷をまわりこんで尾根へ。
谷がわかれるところ。左の谷をまわりこんで尾根へ。
音羽山(奈良県)・竜門岳・熊ヶ岳 手入れされてないヒノキ林。みすぼらしいです。
手入れされてないヒノキ林。みすぼらしいです。
音羽山(奈良県)・竜門岳・熊ヶ岳 道標。近畿自然歩道のやつじゃなくて、吉野町が設置したやつ。どんな縄張り争いがあるんやろ?
道標。近畿自然歩道のやつじゃなくて、吉野町が設置したやつ。どんな縄張り争いがあるんやろ?
音羽山(奈良県)・竜門岳・熊ヶ岳 黄葉。ウラジロノキかなにかかな?上から落ちてきた葉っぱがヒサカキの木にひっかかってるみたいです。
黄葉。ウラジロノキかなにかかな?上から落ちてきた葉っぱがヒサカキの木にひっかかってるみたいです。
音羽山(奈良県)・竜門岳・熊ヶ岳 左がきれいなヒノキ林、右が天然更新の山みたいです。
左がきれいなヒノキ林、右が天然更新の山みたいです。
音羽山(奈良県)・竜門岳・熊ヶ岳 道は右。左はたぶん、昔の道。掘れてるからつけかえたっぽいです。尾根道なのにこれだけ掘れるのは、昔は街道とかだったのかな。
道は右。左はたぶん、昔の道。掘れてるからつけかえたっぽいです。尾根道なのにこれだけ掘れるのは、昔は街道とかだったのかな。
音羽山(奈良県)・竜門岳・熊ヶ岳 岩。目印になりそう。
岩。目印になりそう。
音羽山(奈良県)・竜門岳・熊ヶ岳 ホソバノヨツバムグラの花かな?
ホソバノヨツバムグラの花かな?
音羽山(奈良県)・竜門岳・熊ヶ岳 緑がきれい。
緑がきれい。
音羽山(奈良県)・竜門岳・熊ヶ岳 ゆるやか。
ゆるやか。
音羽山(奈良県)・竜門岳・熊ヶ岳 龍門岳の山頂。
龍門岳の山頂。
音羽山(奈良県)・竜門岳・熊ヶ岳 お社。高皇産霊神がおまつりされてるそうです。
お社。高皇産霊神がおまつりされてるそうです。
音羽山(奈良県)・竜門岳・熊ヶ岳 桜の木。ヤマザクラなのかな。来年の花の季節にはまた来たいです。
桜の木。ヤマザクラなのかな。来年の花の季節にはまた来たいです。
音羽山(奈良県)・竜門岳・熊ヶ岳 道標。南は山口、北は音羽山とか桜井市方面。宇陀市との境界はここからもうちょっと北になるみたいです。
道標。南は山口、北は音羽山とか桜井市方面。宇陀市との境界はここからもうちょっと北になるみたいです。
音羽山(奈良県)・竜門岳・熊ヶ岳 東の方、田尻への道標。たぶん、おりれるみたいです。
東の方、田尻への道標。たぶん、おりれるみたいです。
音羽山(奈良県)・竜門岳・熊ヶ岳 ヤブウツギの花。
ヤブウツギの花。
音羽山(奈良県)・竜門岳・熊ヶ岳 分岐。ここから西谷の集落へおります。
分岐。ここから西谷の集落へおります。
音羽山(奈良県)・竜門岳・熊ヶ岳 道はあるけど、落葉で埋まっています。あるく人があまりいないのかな。
道はあるけど、落葉で埋まっています。あるく人があまりいないのかな。
音羽山(奈良県)・竜門岳・熊ヶ岳 ヒノキ林と青空。
ヒノキ林と青空。
音羽山(奈良県)・竜門岳・熊ヶ岳 サンショウの木。
サンショウの木。
音羽山(奈良県)・竜門岳・熊ヶ岳 オカタツナミソウかな?
オカタツナミソウかな?
音羽山(奈良県)・竜門岳・熊ヶ岳 尾根が分岐してるから道がうねうねしてるけど、スズタケが生えてて道はわかりやすいです。
尾根が分岐してるから道がうねうねしてるけど、スズタケが生えてて道はわかりやすいです。
音羽山(奈良県)・竜門岳・熊ヶ岳 倒木で道が荒れています。
倒木で道が荒れています。
音羽山(奈良県)・竜門岳・熊ヶ岳 コルから小ピークへ。
コルから小ピークへ。
音羽山(奈良県)・竜門岳・熊ヶ岳 右は間伐したてのヒノキ林。
右は間伐したてのヒノキ林。
音羽山(奈良県)・竜門岳・熊ヶ岳 目印テープを見落とさないように。木についてる白い目印は所有者の境界で、かならずしも道とは一致しないです。
目印テープを見落とさないように。木についてる白い目印は所有者の境界で、かならずしも道とは一致しないです。
音羽山(奈良県)・竜門岳・熊ヶ岳 小ピーク。
小ピーク。
音羽山(奈良県)・竜門岳・熊ヶ岳 分岐。左(南)は「激下り」って書いてます。463.8(鎌屋)と420.9(山口)を経由して山口へおりるそうです。地図にはのってない道です。ここは直進しました(西へ)。
分岐。左(南)は「激下り」って書いてます。463.8(鎌屋)と420.9(山口)を経由して山口へおりるそうです。地図にはのってない道です。ここは直進しました(西へ)。
音羽山(奈良県)・竜門岳・熊ヶ岳 分岐。直進(西)は西谷尾根っていうみたい。県道へおりるそうです。点線は左(南)につづいてるので、そっちへおりました。
分岐。直進(西)は西谷尾根っていうみたい。県道へおりるそうです。点線は左(南)につづいてるので、そっちへおりました。
音羽山(奈良県)・竜門岳・熊ヶ岳 南へおりる前にいったん、小ピークへ。「激下りあり」って書いてます。
南へおりる前にいったん、小ピークへ。「激下りあり」って書いてます。
音羽山(奈良県)・竜門岳・熊ヶ岳 南へおります。道はほとんど消えてます。すべりやすいです。
南へおります。道はほとんど消えてます。すべりやすいです。
音羽山(奈良県)・竜門岳・熊ヶ岳 モチツツジの花。
モチツツジの花。
音羽山(奈良県)・竜門岳・熊ヶ岳 どこが道かはわかりません。落葉ですべりやすいです。
どこが道かはわかりません。落葉ですべりやすいです。
音羽山(奈良県)・竜門岳・熊ヶ岳 ヤブツバキのトンネル。
ヤブツバキのトンネル。
音羽山(奈良県)・竜門岳・熊ヶ岳 このあたりで谷へおります。目印テープがあちこちにあって、どれが正しい道かはわかりません。ここは、尾根沿いにおりました。
このあたりで谷へおります。目印テープがあちこちにあって、どれが正しい道かはわかりません。ここは、尾根沿いにおりました。
音羽山(奈良県)・竜門岳・熊ヶ岳 道跡にでました。落葉でうもれています。
道跡にでました。落葉でうもれています。
音羽山(奈良県)・竜門岳・熊ヶ岳 車道の跡がつづいています。右はヒノキ林。
車道の跡がつづいています。右はヒノキ林。
音羽山(奈良県)・竜門岳・熊ヶ岳 分岐。目印テープは右についてて、谷へおりてます。道は直進です。ここは直進しました。
分岐。目印テープは右についてて、谷へおりてます。道は直進です。ここは直進しました。
音羽山(奈良県)・竜門岳・熊ヶ岳 舗装道路にでました。さきほどの分岐はどちらでもよかったみたいです。
舗装道路にでました。さきほどの分岐はどちらでもよかったみたいです。
音羽山(奈良県)・竜門岳・熊ヶ岳 犬に注意。公道で犬を飼うのはどうなんでしょうね。
犬に注意。公道で犬を飼うのはどうなんでしょうね。
音羽山(奈良県)・竜門岳・熊ヶ岳 県道37号線にでました。桜井への抜け道になってて、交通量が多いので注意。
県道37号線にでました。桜井への抜け道になってて、交通量が多いので注意。
音羽山(奈良県)・竜門岳・熊ヶ岳 旧道は地形図にはのってるけど、封鎖されてます。
旧道は地形図にはのってるけど、封鎖されてます。
音羽山(奈良県)・竜門岳・熊ヶ岳 田んぼ。
田んぼ。
音羽山(奈良県)・竜門岳・熊ヶ岳 側溝のなかの水路。田んぼのための水路みたいです。
側溝のなかの水路。田んぼのための水路みたいです。
音羽山(奈良県)・竜門岳・熊ヶ岳 西谷の集落。
西谷の集落。
音羽山(奈良県)・竜門岳・熊ヶ岳 分岐。県道(右)は危険なので、旧道(左)をあるきます。
分岐。県道(右)は危険なので、旧道(左)をあるきます。
音羽山(奈良県)・竜門岳・熊ヶ岳 キュウリ畑。
キュウリ畑。
音羽山(奈良県)・竜門岳・熊ヶ岳 この日はじめての遠景かも。南の方に大峰山脈(青根ヶ峰、四寸岩山)がみえます。
この日はじめての遠景かも。南の方に大峰山脈(青根ヶ峰、四寸岩山)がみえます。
音羽山(奈良県)・竜門岳・熊ヶ岳 田んぼ。
田んぼ。
音羽山(奈良県)・竜門岳・熊ヶ岳 田んぼ。
田んぼ。
音羽山(奈良県)・竜門岳・熊ヶ岳 小学校。
小学校。
音羽山(奈良県)・竜門岳・熊ヶ岳 立派な家がおおいです。
立派な家がおおいです。
音羽山(奈良県)・竜門岳・熊ヶ岳 ヒマワリ畑。
ヒマワリ畑。
音羽山(奈良県)・竜門岳・熊ヶ岳 お堂。
お堂。
音羽山(奈良県)・竜門岳・熊ヶ岳 古い道標。「いせ道」とか書かれてるみたい。ちゃんと読めないです。
古い道標。「いせ道」とか書かれてるみたい。ちゃんと読めないです。
音羽山(奈良県)・竜門岳・熊ヶ岳 菅生寺。
菅生寺。
音羽山(奈良県)・竜門岳・熊ヶ岳 この谷の奥が龍門岳です。
この谷の奥が龍門岳です。
音羽山(奈良県)・竜門岳・熊ヶ岳 龍門の滝の道標。いつごろのものなのかな。吉野山口神社の鳥居の足元にあります。
龍門の滝の道標。いつごろのものなのかな。吉野山口神社の鳥居の足元にあります。
音羽山(奈良県)・竜門岳・熊ヶ岳 緑の道標へもどってきました。名阪国道 針インターへの抜け道になってるので、交通量はおおいです。
緑の道標へもどってきました。名阪国道 針インターへの抜け道になってるので、交通量はおおいです。

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。

てんきとくらす