2020_06 浦臼山~樺戸山~隈根尻山 縦走(ピストン)

2020.06.06(土) 日帰り
TOM
TOM

活動データ

タイム

07:10

距離

15.4km

上り

1239m

下り

1239m

チェックポイント

活動詳細

もっと見る

助さんと約束していた樺戸連峰への山行に出かける。 8時に浦臼町役場で待ち合わせ、珍しく助さんがちょっと遅れて到着。 合流して登山口に向かう。 樺戸の山に入るのは三年ぶりになるが、ガタガタで倒木もあった登山口までの道が砂利で整地され道路脇も刈り払われて快適になっていた。 登山口には既に3台の車が止まっていた。 準備を整え8:30登山口を出発する。 最初に訪れたのは10月で木の葉も色付き出し始めた頃で、ひっつき虫が体中にひっついて難儀したのをよく憶えている。 登山道を歩いているとカサカサカサと音がして小動物が動くのが見えた。 最初リスかと思ったがピーピー鳴いているので雛鳥だとわかる、雛の傍に居た親鳥を見てビックリ、なんとエゾライチョウだった。 直ぐにカメラを手に持ったが後の祭り、エゾライチョウの親子は笹薮に消えて行った。 初っ端からエゾライチョウに出会うとは幸先がいいぞ。 トタンの案内看板が健在なのを確認しチェックポイントの反射板を通り過ぎると、ここから少し勾配がきつくなる。 道路沿いにはタニウツギをはじめスミレなど春の花が咲き誇っている。 前回訪れたときは花が終わった秋だったのでわからなかったが、なかなかの花の山だ。 ライオンズクラブの記念碑に着く、銅板の枠が腐食して錆だらけになっていた。 助さんが前に来たときは、もっとキレイだったらしい。 9:53浦臼山到着、軽く休憩して樺戸山に向かう。 昔は山頂まで車で来れたというだけあって広々とした道で歩きやすい。 助さんの話だと樺戸山まで繋がる予定だったらしいが頓挫してしまったらしい。 歩きやすかった元車道の登山道が終了するあたりに樺戸山への方向指示標識があり、ここから本格的な尾根歩きとなる。 先週の西野の山に比べて、ここは花粉の飛散量が少ないようで鼻も快適な状態だ。 アップダウンを繰り返しウグイスのさえずりを聞きながら尾根を進む。 足元にはハクサンチドリやカラマツソウ、山道脇にはムラサキヤシオにヤマザクラ、谷側に目を移せば新緑の渓谷にチラッと残った残雪、この季節の樺戸連峰もなかなか良い。 やっと樺戸山が見えたあたりで下山してくる男女二人組、助さんが「隈根尻まで行ったんですか?」と聞くと「行ってきました」という返事が返って来た。 そんな会話をしてすれ違ったのだが、女性をどこかで見た気がして立ち止まる。 そうだ、YAMAPでフォローしてるともちんさんに似ている。 「人間違いだったらごめんなさい」と言って再び声を掛けると正解だった。 最近、YAMAPに活動報告されていなかったのでどうしてるかなと思っていたが、山は続けられているようでうれしかった。 11:25樺戸山に到着、薄曇りだった天気も青空に変わった。 山頂には3年前に作った山頂標識がまだ残っていた。 ダイソーのペラペラ板で作ったので多少バラバラにはなっていたがまだ健在だった。 バラバラの山頂標識をパズルのようにはめて写真を撮る。 新しい山頂標識が出来たのでお役御免ということで撤去しザックに仕舞う。 風が出て来たので笹を風除けに腰を下ろし休憩とする。 保冷剤を入れて冷やして持ってきたノンアルのビールで助さんと乾杯する。 助さん、山ではビールは初ということで喜んでくれた。 重い思いをして持ってきた甲斐があった。 新しい山頂標識で記念写真を撮り、いよいよ未踏の隈根尻山へと向かう。 隈根尻には助さんはピンネシリから登っているが、このルートは初とのこと、笹刈りされた情報を聞いて二人で狙っていたルートだ。 ここの笹は太くて高く、笹というより竹といった感じで、開削の苦労が伺える。 開通までに何日かかたんだろう、その大変な作業を思いながら感謝して進む。 勾配が急で刈り払った笹が残っている為滑りやすいので転ばぬように気を配りながら下る。 下り切ったコルから仰ぎ見る隈根尻山頂までのルートも急登だ。 登り始めると南の方向に三角山が見える。 十戒の海が割れたシーンのような笹藪を切り開いた開削道を登っていく。 ここも刈り払いで残った笹で足元が滑り登り辛い。 ようやく笹原を抜けると谷側にポツポツとシラネアオイが咲いており谷筋には雪がまだ残っている。 山頂手前に今は廃道となったピンネシリ山へ向かう山道との分岐に着く、そこから少し進み12:20隈根尻山山頂に到着。 樺戸山からの平均コースタイム40分のところ、おおよそ20分で登り切った。 山頂には浦臼山同様に立派な方位石盤と樺戸山より時代を感じる山頂標石が斜めに傾いて建っていた。 助さんが傾いた標石を真っすぐに直したいというので手伝う。 標石を真っすぐに修復してから山頂看板をもって記念撮影をする。 山頂標石の直ぐ後ろには三角点があり、因みに点名は「熊根知山」。 一通り写真を撮り終えて、ここでやっと昼食をとる。 家から持ってきたお手製の山ウドの漬物をおかずにおにぎりを頬張る。 お腹を満たして下山する。 樺戸山の登り返しの方がきつく、汗だくになりながら樺戸山に戻ったのが13:35、復路の方が10分近く時間がかかった。 本来であれば、もう夏山モードの体になっているところだがコロナ禍だったこともあって、まだ体が出来上がってない。 それでも先週、助さんと一叩きしておいたので少しは良い。 アップダウンを繰り返し今回も自然とソーシャルディスタンスになりながら助さんの後ろを付いて下る。 なんだかんだ言っても下りは早い14:45浦臼山に戻り軽く水分補給してザックザック下る。 下っているとライオンズクラブの記念碑のところに単独の男性が居た。 親切な助さんは「ここは山頂じゃなくて、山頂はもうちょっと進んだところだよ」と男性に教えている。 助さんとタケノコの生育調査をしながらズンズン下る。 往路でエゾライチョウが現れた辺りを下っていたら、なんとまた現れてくれた。 助さんは気づかず歩いている。 助さんに声を掛け今度こそとカメラを手に取り、特ダネを狙うマスコミの記者のようにエゾライチョウの後を追う。 カメラがオートモードになっていたせいでシャッターボタンを押しても、照準が合わないのかなかなかシャッターが切らさらない。 そうこうしているとエゾライチョウが飛んで木の枝に乗った。 「うわっ!飛んだ!!」と驚き、慌てて飛び乗った木にカメラを向けたときには時既に遅し、またエゾライチョウは森の中に消えて行った。 子連れだったので、子供を残して逃げるとは思っていなかったので不意をつかれた。 雛も日ごろから訓練されているようで、親鳥に気を取られている隙に既に隠れてしまい鳴き声一つ出さずに息を潜めている。 二度も出会えたのに後ろ姿のみの写真しか撮れず、しかもピンボケぎみという結果に終わった。 それでもエゾライチョウが飛ぶ姿を見れただけでもラッキーだったと前向きに納得して再び登山道を下る。 登山口が近づく頃、往路では乾いていた道が、雪解け水でグチャグチャになっていた。 15:40無事登山口に到着する。 下山後は、浦臼温泉で汗を流す。 コロナ前は下山したら温泉というルーティーンが当たり前だったが、温泉もしばらく自粛していた。 「やっぱり登山後の温泉はいいなぁ~」と何気ない日常が幸せなことなんだとしみじみ考えながら温泉に浸かる。 しかし宣言は解除されたがウィルスが消えたわけではない。 助さんとはここで別れ、これまで通りに気を緩めずマスクを着けて真っすぐ帰路に就いた。

神居尻山・ピンネシリ 浦臼山への登山道。
浦臼山への登山道。
神居尻山・ピンネシリ 案内看板健在。
案内看板健在。
神居尻山・ピンネシリ 反射板を過ぎるとやや勾配がきつくなってくる。
反射板を過ぎるとやや勾配がきつくなってくる。
神居尻山・ピンネシリ 錆の腐食が激しくなって来たライオンズクラブの記念碑。
錆の腐食が激しくなって来たライオンズクラブの記念碑。
神居尻山・ピンネシリ 浦臼山山頂標識。
浦臼山山頂標識。
神居尻山・ピンネシリ ライオンズクラブの方位石盤。
ライオンズクラブの方位石盤。
神居尻山・ピンネシリ 樺戸山に向かいます。
樺戸山に向かいます。
神居尻山・ピンネシリ 浦臼山を振り返る。
浦臼山を振り返る。
神居尻山・ピンネシリ さすが元車道、広々として歩きやすい。
さすが元車道、広々として歩きやすい。
神居尻山・ピンネシリ ここから本格的な登山道。
ここから本格的な登山道。
神居尻山・ピンネシリ 844m峰。
844m峰。
神居尻山・ピンネシリ やっと樺戸山が見えて来た。
隈根尻山には雲がかかっている。
やっと樺戸山が見えて来た。 隈根尻山には雲がかかっている。
神居尻山・ピンネシリ みんなが良く撮る朽木。
みんなが良く撮る朽木。
神居尻山・ピンネシリ 花越しの朽木。
花越しの朽木。
神居尻山・ピンネシリ 残雪が残る谷筋。
残雪が残る谷筋。
神居尻山・ピンネシリ パズルのようにバラバラに朽ちた旧山頂標識。
パズルのようにバラバラに朽ちた旧山頂標識。
神居尻山・ピンネシリ 新しい山頂標識。
新しい山頂標識。
神居尻山・ピンネシリ おニューの山頂標識とワタクシ。
おニューの山頂標識とワタクシ。
神居尻山・ピンネシリ 新旧交代。
新旧交代。
神居尻山・ピンネシリ 青空と山頂標石。
青空と山頂標石。
神居尻山・ピンネシリ 助さんと乾杯♪
助さんと乾杯♪
神居尻山・ピンネシリ 古い山頂標識にも乾杯。
お勤めご苦労様でした。
古い山頂標識にも乾杯。 お勤めご苦労様でした。
神居尻山・ピンネシリ いよいよ隈根尻山に向かいます。
いよいよ隈根尻山に向かいます。
神居尻山・ピンネシリ 凄い高さのと太さの根曲がり竹。
凄い高さのと太さの根曲がり竹。
神居尻山・ピンネシリ 既に覆いかぶさってきている笹。
一部トンネル状態。
既に覆いかぶさってきている笹。 一部トンネル状態。
神居尻山・ピンネシリ コルから隈根尻山を見上げる。
コルから隈根尻山を見上げる。
神居尻山・ピンネシリ モーゼ十戒をイメージさせる登山道。
モーゼ十戒をイメージさせる登山道。
神居尻山・ピンネシリ 笹薮を抜けるとシラネアオイがお出向かい。
笹薮を抜けるとシラネアオイがお出向かい。
神居尻山・ピンネシリ 隈根尻山へ向かう途中から見える三角山。
隈根尻山へ向かう途中から見える三角山。
神居尻山・ピンネシリ ピンネシリへの分岐。
ピンネ側は廃道。
ピンネシリへの分岐。 ピンネ側は廃道。
神居尻山・ピンネシリ 隈根尻山山頂到着。
隈根尻山山頂到着。
神居尻山・ピンネシリ 三等三角点「熊根知山」。
三等三角点「熊根知山」。
神居尻山・ピンネシリ 隈根尻山山頂の方位石盤。
隈根尻山山頂の方位石盤。
神居尻山・ピンネシリ 隈根尻山の山頂標識。
隈根尻山の山頂標識。
神居尻山・ピンネシリ 山頂標識とワタクシ。
山頂標識とワタクシ。
神居尻山・ピンネシリ ピンネシリ方向の登山道。
藪化してます。
ピンネシリ方向の登山道。 藪化してます。
神居尻山・ピンネシリ 下山します。
下山します。
神居尻山・ピンネシリ モンタナマツだろうか??
枯れ具合が良い。
モンタナマツだろうか?? 枯れ具合が良い。
神居尻山・ピンネシリ 隈根~樺戸のコル、北側の谷筋。
隈根~樺戸のコル、北側の谷筋。
神居尻山・ピンネシリ 浦臼山に向かう稜線からの隈根尻山。
浦臼山に向かう稜線からの隈根尻山。
神居尻山・ピンネシリ 782m峰、浦臼山はこの奥。
782m峰、浦臼山はこの奥。
神居尻山・ピンネシリ 雲が抜けて美唄山も見えた。
雲が抜けて美唄山も見えた。
神居尻山・ピンネシリ ゲートまで戻ってきました。
ゲートまで戻ってきました。
神居尻山・ピンネシリ 下山して入山届に記入。
下山して入山届に記入。
神居尻山・ピンネシリ 【登山道に咲く花】
タニウツギ。
【登山道に咲く花】 タニウツギ。
神居尻山・ピンネシリ 【登山道に咲く花】
スミレ。
【登山道に咲く花】 スミレ。
神居尻山・ピンネシリ 【登山道に咲く花】
コンロンソウ。
【登山道に咲く花】 コンロンソウ。
神居尻山・ピンネシリ 【登山道に咲く花】
ノウゴウイチゴ。
【登山道に咲く花】 ノウゴウイチゴ。
神居尻山・ピンネシリ 【登山道に咲く花】
ハクサンチドリ。
【登山道に咲く花】 ハクサンチドリ。
神居尻山・ピンネシリ 【登山道に咲く花】
オオカメノキ。
【登山道に咲く花】 オオカメノキ。
神居尻山・ピンネシリ 【登山道に咲く花】
スミレ。
【登山道に咲く花】 スミレ。
神居尻山・ピンネシリ 【登山道に咲く花】
ヘビイチゴ。
【登山道に咲く花】 ヘビイチゴ。
神居尻山・ピンネシリ 【登山道に咲く花】
スミレ。
【登山道に咲く花】 スミレ。
神居尻山・ピンネシリ 【登山道に咲く花】
カラマツソウ。
【登山道に咲く花】 カラマツソウ。
神居尻山・ピンネシリ 【登山道に咲く花】
シラネアオイ。
【登山道に咲く花】 シラネアオイ。
神居尻山・ピンネシリ 【登山道に咲く花】
ムラサキヤシオツツジ。
【登山道に咲く花】 ムラサキヤシオツツジ。
神居尻山・ピンネシリ 【登山道に咲く花】
ヒメイチゲ。
【登山道に咲く花】 ヒメイチゲ。
神居尻山・ピンネシリ 【登山道に咲く花】
ヤマザクラ。
【登山道に咲く花】 ヤマザクラ。
神居尻山・ピンネシリ 【登山道に咲く花】
チシマフウロ。
【登山道に咲く花】 チシマフウロ。
神居尻山・ピンネシリ 【登山道で見かけた動物】
シマリス。
【登山道で見かけた動物】 シマリス。
神居尻山・ピンネシリ 【登山道で見かけた動物】
辛うじてカメラに写ったエゾライチョウ。
【登山道で見かけた動物】 辛うじてカメラに写ったエゾライチョウ。

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。

てんきとくらす