山形百名山 10座目 面白山 ヤマガタトラバースショートヴァージョン【一昨年7/18日踏破済】

2020.06.04(木) 日帰り
ジュン
ジュン

活動データ

タイム

10:29

距離

21.2km

上り

2450m

下り

2464m

チェックポイント

活動詳細

もっと見る

面白山自体は一昨年の7月に踏破しております YAMAP登録以前だったもので記録を取りに二度ほど雪山に挑戦しましたが、経験不足で撤退が続いていました 夏山のシーズンになり以前と同じようなルートで登るのも面白くないので、面白山らしく面白いルートに挑戦しようと天童高原から稜線沿いに大東岳を目指し帰りに小東岳、南面白山を周って来る面白山周辺の大周回を計画してみました 最初の三沢山までは途中までは緩やかな登山道が続きます、中盤以降は中々の急登が続き三沢山山頂に 山頂からは北面白山の山容が楽しめます そこから北面白山山頂までは一度降って後は急登が山頂まで 天童高原から北面白山までは殆ど林や灌木の中歩きであまり展望は期待出来ません 北面白山からは降りが中心の稜線歩き、中面白山、奥新川峠などを通過し大東岳への分岐点権現様峠に着きました そこでガサガサと物音が❗️ 一瞬ビックリしましたが年配の登山者の方でした 「どこまで行くの❓」と尋ねられたので【ここから大東岳目指します】と答えると顔を歪ませながら「この先は沢沿いの迷い易い道と藪が酷くなるよ、例年だと今頃はまだ雪が残っているから大丈夫だけど、今年は雪解けが早いからかなり大変かも知れないよ」と使い古した地図を広げながら説明、忠告を受けました YAMAPの地図でも正規の登山道は無く、破線のルートだったのである程度の悪路は想像していたのですが、まさかの激むずコース⁉️らしい😱😱😱 歩いてみてヤバそうだったら撤退する❗️事にして取り敢えず登ってみる事に 沢沿いの道を延々と登ります、しかも分岐点や道迷いしやすい場所にも標識などは一切なく、時々設置してあるピンクテープで道を確認しながらひたすら自分のルーファイのみを頼りに歩きます 1〜2メートルくらいの沢沿いを何度も渡渉を繰り返しながら道間違いに細心の注意を払い、沢沿いの石の道を歩きます 渡渉時何度も滑りかけ沢に落ちそうになりました、一度だけ靴を濡らしてしまいましたが😅😅 また、沢が終わると枯れ沢になり大きな石がゴロゴロしている道を登って行きます その際、太腿に力を入れないと登れない箇所が続き太腿のダメージがかなり出てきます まるで先日の石転び沢で経験した急登登りとルーファイの再現のような状態です 幸い、藪は道跡がハッキリしていたので迷う事なく歩けましたが、熊笹などが生い茂り道自体は見えない箇所は結構ありました 予想よりも遥かに苦戦しながら大東岳山頂へ 山頂近辺は若干の藪はありますが問題無く歩けます 山頂には僕一人‼️思わず【登ったぞー、大東岳ー】と絶叫‼️ 山行が困難な程登頂時は気持ちが昂ぶりますね😄😄 大東岳からの裏ルート、樋の沢避難小屋までは山頂直下は結構藪ってます、でも踏み跡はしっかり見えますので大丈夫です それを過ぎると弥吉転ばしという浮き石が多い坂道になります 僕も弥吉さん同様転ばされてしまいました😅 その先で僕より少し年上くらいの男性の登山者と遭遇、山頂直下の藪でかなり苦戦したようでした💦 その方をパスして歩き続けるとまた渡渉と枯れ沢に歩きが少しありますが、石などに赤い目印が書いてあるのでかなり分かりやすかったです 避難小屋に着いて軽い食事と足を伸ばして暫し休憩😌 やはり大東岳の登りでかなり消耗しており20〜30分の休憩で山行再開✊✊ ここからはYAMAPの地図でも表記がある正規の登山道なので大丈夫‼️ と、思いきや第二の試練が😱😱 小東峠への道‼️ 最初こそ渓流沿いの滝があったりしてなかなか良いね❗️などと思えましたが、コースを進むにつれ藪と大きな石を踏み越えての激辛コースに😱😱 なんとか踏み跡を確認し、YAMAPで位置情報を度々確認、所々道間違いをしそうな箇所では少し引き返しながらの山行🥵🥵 ハッキリいって廃道に近いような道でした 漸く小東峠に着き小東岳へ ワロック有りました、南面白山に移します😅 小東岳から南面白山までは大きなアップダウンが2箇所程有りましたが、道が良いのでそれ程苦戦はしませんでした 稜線は林間というか灌木の間を歩く感じで閉じてはいませんが展望は期待出来ません 途中一名の方とスライドしました 南面白山山頂は頂上はこじんまりと開けてますが展望はなし、早々に下山します 南面白山はほぼ降りなので楽勝‼️😄👍と思ってましたがここからが最後の難所でした 通称Rumi落ち坂‼️ 日記友のRumiさんが以前2メートル程滑落した坂😱 下山の途中から100メートル以上ゴロゴロとした岩⁉️石⁉️の坂道が続く‼️そこは確かに侮れない難所でした 雪山のシーズンにかんちさんと南面白山を撤退したのもRumi落ち坂でした😰 今思えばそこで引き返して正解でした 夏山でもこれだけヤバいのに雪山で無理すればどんな事になったものか? 無事登山口まで戻りましたが今回の山行は予想外に距離は短かったですが、予想以上にキツい山登りとなりました 正直、大東岳への登りと小東峠へのルートはルーファイが未熟な人、登山経験が足りない人にはかなり難しく危険なルートだと思います 期せずして今回もアドベンチャーな登山となりました😅💦💦

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。

てんきとくらす