祝瓶山 2020-06-04

2020.06.04(木) 日帰り
鈴あん
鈴あん

活動データ

タイム

07:49

距離

9.7km

上り

1142m

下り

1143m

チェックポイント

活動詳細

もっと見る

今日の登山は祝瓶山。 近々大朝日にも行きたいと思ってるので、トレーニングです。 祝瓶山は東北のマッターホルンと呼ばれるほどの山で、勾配がきついきつい。 特に、長井方面からの勾配は山頂から登山口が見えるほどの角度。 覗き込むと、落下していきそう。 だから、俺長井方面からはのぼりません! けど、その分山頂からの見晴らしは半端なくいいw 絶景絶景w 前日に小国の道の駅で仮眠させてもらって、今日の朝5:30ごろに登山開始。 個々の登山口にはトイレが設置されており、意外と奇麗なトイレなので安心して使ってください。 で、最初の難関がつり橋。 もともと怖いつり橋でしたが、今現在は細い板が右側にだけ設置されてるだけなので、バランスも悪くはっきり言って怖い! その橋を渡ると、小さな沢を渡りのんびり平たんな道を歩きます。 1キロはないと思いますが、2つ目の沢を渡るとすぐに分岐点が。 さー、ここからが急登の始まりです。 すぐに急登です。 ずっと急登です>< もーいや>< 2時間ほど歩くと森を抜け目の前が少し開けます。 右側には松木林正面には祝瓶山! と勘違いしてしまいますが、一の塔っていう岩場が見えます^^ 本物の祝瓶山はその向こうに隠れてます>< 始めて登った時はショックデカかったですね^^ ほかの人の日記見てると山頂付近に残雪があるようでしたが、今日行ったときは、1か所だけ少しだけありましたが、雪の上を歩くというよりは、乗り越えてくくらいで、来週にはそれもなくなるんじゃないかな? そのあたりで後ろ振り返ったら人の影が。 それまでは誰も登ってこないだろうと思い、途中途中でアッコさんみたいに『ハッ、ハッ』なんて大声出してクマよけしたり、一の塔で『サイコー!』って叫んだりしてましたが、聞こえてないか心配になりました^^; 山頂についたのは4時間。 前回タイム見ましたが、ほぼ同タイムですね。 少しして、イケメンマッチョのお兄さんが到着したので少しお話を。 何とここまで2時間で登ってきたそうですよ…『えっ!俺の4時間って・・・』 彼:飯豊かすんでますねー。 俺:登りたいんですけど小屋止まれないからなぁ。 (。´・ω・)ん? 俺:まさか日帰りなんて無理ですよね? 彼:日帰りで行けます。 ハイハイ。世の中おかしいよ! いるとこにいるんですよ、変態という名の達人がw お互いのんびり山頂を楽しみ俺が先に下山。 もちろん対抗意識バンバンで、一切休憩取らず一気に降りてやりましたよ^^ 休憩込みで大体8時間。 マイペースで歩いたからか、BACCがばがば飲んで歩いたおかげか、無事下山できました。 さて、次は毎年恒例の大朝日いくかな!

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。

てんきとくらす