ぶらカヤック 田万川~須佐

2020.05.31(日) 日帰り
ハマKBT
ハマKBT

チェックポイント

活動詳細

もっと見る

 緊急事態宣言が解除され、やっと、本格的にアウトドア活動再開できると思っていたら、中国五県以外への移動はまだ自粛とのこと。ということで近場で、シーカヤックをすることにした。以前荒れた波の時に行った田万川~須佐のルートを選択。ここは奇岩が多くて面白いルートなのだ。途中、観光スポットとしても有名な須佐ホルンフェルスなどもある。近いので、朝出れば十分間に合うのだが、車中での仮眠が好きな私としては、今回も、前夜から田万川の道の駅で仮眠をとって、朝から活動開始とした。カヤックスタート地点である、田万川の河口にカヤックを置いておいた。  朝、起きてみると、なんと雨。今日の天気予報では、夜は降るけれど、朝からは曇りとなっていたのだが・・・・それでも、そんなに大雨ではないので、2度寝をしながら待つ。すると、雨もあがり、活動にはちょうといい感じ。やや、スタートが遅くなったが、まずは、カヤックの到着地点の須佐に車で移動。ここに、車を置いておき、折りたたみ自転車で田万川の河口までもどる。  今日は、なんとも海面が穏やか。水面が鏡面のよう。こんなに条件がいいのはそうそうない。そんな中、のんびりスタート。景色が素晴らしく、ゆっくりゆっくり漕いでいく。今回、いい画像で景色を残しておきたいと思い、一眼レフが入る、防水ケースにα300を入れところどころで撮影した。ただ、APS-Cというのを忘れてフルサイズ用レンズをつけてきたので、広角が撮れず、結局、予備のためにもっていった。RX-100を防水バックから取り出しながら撮影する方がメインになった。洞窟や、ホルンフェルス、人の入れないような場所にある森など、自然の美しさを楽しんだ。途中、海面をバシャバシャとはねる魚がいた、いつもボラが多いのだが、今回はカヤックのすぐ横を群れが通り過ぎていったとき、はっきりと魚が見えた。なんと、ブリかヒラマサの群れだった。感激。  ゴール。自然の中でしっかり活動できて大満足。  近場からだけれど、アウトドア活動再開!!次はどこへ行こう?  

動画

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。

てんきとくらす