2週間ぶりの房住山-2020-05-31

2020.05.31(日) 日帰り
矢口氷依
矢口氷依

活動データ

タイム

03:49

距離

9.2km

上り

552m

下り

420m

チェックポイント

活動詳細

もっと見る

2週間前に「2年ぶりの房住山」という記事を書いた。先週は男鹿の真山だった。先週の記事の最後に書いたように、今週は山に来るつもりはなかった。5月26日(火)に健康診断があったからだ。血液採取で必ず倒れるし、バリウム排出で脱水症状になるので、健康診断をするたびに不健康になる気がする。特に血液採取が苦手で、これがあったために、今日は家で休んでいる予定だった。いつだったか、健康診断の翌日に秋田駒ヶ岳に登ったことがある。登り初めから頭痛がしていて、阿弥陀池に着いたところで高山病でダウンした。標高1,500mで高山病になったのはこのときだけである。 今年は健康診断があったのが火曜日で、あれから5日が経過していたので、身体の不調は治まっていた。したがい、2週間前に訪れたばかりの房住山を再訪してタケノコを狙ってみた。そのタケノコがあまり採れなかったので、結局は山頂まで行ってしまった。ルート情報で直線になっているところは、YAMAPの記録を一時停止して車で移動した部分である。再開後に直線で結ぶこの挙動について、改善してもらうよう要望を出すかもしれない。 1.滝ノ上登山口の向かいに車を停めてタケノコ採り 2.林道 井戸下田線を車で移動しながらタケノコ採り 3.コテージ村の状況視察 4.井戸下田登山口の駐車場に車を停めてタケノコ採り 5.時間が余ったので山頂まで行ってみた 6.下りの途中で山菜採り という行程になっている。ヒメシャガが多く咲いていて、いくつかのラン類も確認できた。タケノコは各所で少しずつ集めたのでそれなりに。山菜はアイコとミズとフキ。 TORQUE G04の歩数計は11,254歩。湯ノ腰の宿に行ったら、3月31日で休業したままになっていた。休業要請が叫ばれる前から休業していたのは知っていたが、すぐに再開するものだと思っていた。保呂瀬温泉・滑多羅温泉に続き、また一つ温泉が消えてしまった。小倉温泉は熱いので遠慮し、今日のところは赤倉山荘とした。帰りに志乃助に寄ったら行列ができていたので、向かいのじまんこ亭でそばとそばソフトクリームを食べた。そばソフトクリームはむらっこ物産館のものと甲乙つけがたい。 6月は上旬の2週間でタケノコ採り、下旬でようやくキャンプである。今年はここまで何度もキャンプ計画が中止になってきた。天気が悪くなければ今度こそ行けるだろう。

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。

てんきとくらす