楽音寺道~河内越

2017.01.07(土) 日帰り
ふぁんトント
ふぁんトント

チェックポイント

活動詳細

もっと見る

楽音寺道は八尾市域にある「高安山越十二道」の一つで、十三越から分岐して大阪から奈良へ通じるルートとして利用されていました。 花卉運搬用のモノレールやロープウェイが設置されていた標高300m付近を除いて、殆ど使われることがなくなったために、かなり早くからブッシュに埋没していたと云います。 昨年、暗峠宝山寺道の草刈りでお世話になった方が、楽音寺道復活のため努力されています。今回、登り口でその方の自転車を発見しましたが、道中で見かけることはありませんでした。尤も、当方もヤブを抜けるのに必死で、声を掛ける余裕などありませんでしたが。。。 帰路にチョイスした河内越最後の区間は、かなり荒れていました。足元が不安定ですので、挑戦なさる方は「楽音寺道」同様に注意なされてください。これらの廃道は短い冬の間に、一瞬だけ受け入れてくれます。

生駒山・神津嶽・大原山 いつもの心合寺山古墳から出陣。これから歩く山並みを眺めました。
いつもの心合寺山古墳から出陣。これから歩く山並みを眺めました。
生駒山・神津嶽・大原山 この水路にノスタルジーを感じます。
この水路にノスタルジーを感じます。
生駒山・神津嶽・大原山 いつものように熊野神社にご挨拶。坂がキツイ。
いつものように熊野神社にご挨拶。坂がキツイ。
生駒山・神津嶽・大原山 お、今日も草刈りやってますね。どこかで会うかな。
お、今日も草刈りやってますね。どこかで会うかな。
生駒山・神津嶽・大原山 最初はとても良い道です。
最初はとても良い道です。
生駒山・神津嶽・大原山 昨年、新しく付け替えられた竹の橋
昨年、新しく付け替えられた竹の橋
生駒山・神津嶽・大原山 分岐に到着。行き止まりだそうです。
分岐に到着。行き止まりだそうです。
生駒山・神津嶽・大原山 谷分岐です。ここで左折して回り込む。
谷分岐です。ここで左折して回り込む。
生駒山・神津嶽・大原山 マーキング右手の斜面を切ってるようだけど、倒竹を踏み越えて直進。
マーキング右手の斜面を切ってるようだけど、倒竹を踏み越えて直進。
生駒山・神津嶽・大原山 幸い腐ってるので、叩き割りながら進みます。
幸い腐ってるので、叩き割りながら進みます。
生駒山・神津嶽・大原山 道に合流しました。振り返ってみています。ちょっとぬかるんでるけど、これがルートだと思います。
道に合流しました。振り返ってみています。ちょっとぬかるんでるけど、これがルートだと思います。
生駒山・神津嶽・大原山 とても歩きやすくなりました。
とても歩きやすくなりました。
生駒山・神津嶽・大原山 明瞭だけど、なんか違うような。破線道からはズレてるし。。。雰囲気が古道ではありません。臭いで分かるんですよ。
明瞭だけど、なんか違うような。破線道からはズレてるし。。。雰囲気が古道ではありません。臭いで分かるんですよ。
生駒山・神津嶽・大原山 右手に石積み、花卉栽培の畑跡ですね。
右手に石積み、花卉栽培の畑跡ですね。
生駒山・神津嶽・大原山 この先不明瞭。ということは、農道跡かもしれません。とにかく直進して尾根先へでます。
この先不明瞭。ということは、農道跡かもしれません。とにかく直進して尾根先へでます。
生駒山・神津嶽・大原山 尾根の先端に出ました。西にある宮山(P167)が雑木の間から見えています。ここからのルートもあるはずです。
尾根の先端に出ました。西にある宮山(P167)が雑木の間から見えています。ここからのルートもあるはずです。
生駒山・神津嶽・大原山 さぁ、登り方向です。足元には大きなイノシシの寝床が。。。
さぁ、登り方向です。足元には大きなイノシシの寝床が。。。
生駒山・神津嶽・大原山 「道はどこやねん」の状態ですが、正面のヤブに突入すると中に道がありました。
「道はどこやねん」の状態ですが、正面のヤブに突入すると中に道がありました。
生駒山・神津嶽・大原山 ヤブを抜けると古道が出現、第一関門突破!
ヤブを抜けると古道が出現、第一関門突破!
生駒山・神津嶽・大原山 やや九十九折れで登っていきます。
やや九十九折れで登っていきます。
生駒山・神津嶽・大原山 北東方向に草刈りしてるみたいだけど、この向こうに道がありそう。自分のカンを信じて乗り越えました。
北東方向に草刈りしてるみたいだけど、この向こうに道がありそう。自分のカンを信じて乗り越えました。
生駒山・神津嶽・大原山 やっぱり。。。古道が続いていた。
やっぱり。。。古道が続いていた。
生駒山・神津嶽・大原山 見晴らしの良い場所に出ました。大阪経済法科大学のキャンパスが正面に見えています。
見晴らしの良い場所に出ました。大阪経済法科大学のキャンパスが正面に見えています。
生駒山・神津嶽・大原山 この木は目印になりますね。
この木は目印になりますね。
生駒山・神津嶽・大原山 テープを追います。道は明瞭。ヤブも控えめです。
テープを追います。道は明瞭。ヤブも控えめです。
生駒山・神津嶽・大原山 さて、ここからが勝負。古道は破線道の先ではなく。山腹にあり。尾根下に散在する巨石を見ながらトラバースします。
さて、ここからが勝負。古道は破線道の先ではなく。山腹にあり。尾根下に散在する巨石を見ながらトラバースします。
生駒山・神津嶽・大原山 ここからは、いよいよ本格的なヤブ漕ぎです。
ここからは、いよいよ本格的なヤブ漕ぎです。
生駒山・神津嶽・大原山 古道の特徴の一つは、尾根から一段下がったところに道を通すこと。起伏をできるだけ少なくする先人の知恵です。
古道の特徴の一つは、尾根から一段下がったところに道を通すこと。起伏をできるだけ少なくする先人の知恵です。
生駒山・神津嶽・大原山 踏み跡は明瞭なんですが、細い竹がびっしり。立って歩けません。
踏み跡は明瞭なんですが、細い竹がびっしり。立って歩けません。
生駒山・神津嶽・大原山 もはや、得意のウサギ歩きもムリ。四つ這いになって進む。まさに匍匐前進です。(ココ切ってよ!)
もはや、得意のウサギ歩きもムリ。四つ這いになって進む。まさに匍匐前進です。(ココ切ってよ!)
生駒山・神津嶽・大原山 抜けた~ーー。Good Job! 自然にVサインが出ました。
抜けた~ーー。Good Job! 自然にVサインが出ました。
生駒山・神津嶽・大原山 尾根上の平坦部に出ました。
尾根上の平坦部に出ました。
生駒山・神津嶽・大原山 尾根上に巨石群です。古い地図には「かま石」「八帖岩」という地名が残っています。
尾根上に巨石群です。古い地図には「かま石」「八帖岩」という地名が残っています。
生駒山・神津嶽・大原山 これが八帖岩かも。
これが八帖岩かも。
生駒山・神津嶽・大原山 しばらくはヤブ漕ぎのないノンビリとした尾根道が続きました。
しばらくはヤブ漕ぎのないノンビリとした尾根道が続きました。
生駒山・神津嶽・大原山 背よりも高い笹ヤブに捕まって、もはや上を見るしかない!
背よりも高い笹ヤブに捕まって、もはや上を見るしかない!
生駒山・神津嶽・大原山 人工物にホッとしたのも束の間、次のヤブはさらに手強いのが待ち構えていた。
人工物にホッとしたのも束の間、次のヤブはさらに手強いのが待ち構えていた。
生駒山・神津嶽・大原山 ボスキャラ登場! 大和蔓(トゲトゲ)が倒木に絡まっています。踏み跡はあるのに、強制迂回させられました。
ボスキャラ登場! 大和蔓(トゲトゲ)が倒木に絡まっています。踏み跡はあるのに、強制迂回させられました。
生駒山・神津嶽・大原山 振り返って見ると、踏み跡がヤブの中から出てきた。
振り返って見ると、踏み跡がヤブの中から出てきた。
生駒山・神津嶽・大原山 みすのみ園地管理道の「あきぐみの橋」が見えてきました。Googleさん、そろそろ認めてくださいよ。(内輪の話で失礼しました)
みすのみ園地管理道の「あきぐみの橋」が見えてきました。Googleさん、そろそろ認めてくださいよ。(内輪の話で失礼しました)
生駒山・神津嶽・大原山 デカッ! これはデカイ。イノシシがお出かけ中でヨカッタ。
デカッ! これはデカイ。イノシシがお出かけ中でヨカッタ。
生駒山・神津嶽・大原山 花卉運搬用のモノレール小屋に到着。やった! あとは無事に脱出するだけ。
花卉運搬用のモノレール小屋に到着。やった! あとは無事に脱出するだけ。
生駒山・神津嶽・大原山 この辺りが地形図にある標高328m(P328)と思われます。
この辺りが地形図にある標高328m(P328)と思われます。
生駒山・神津嶽・大原山 横小路道と合流しました。
横小路道と合流しました。
生駒山・神津嶽・大原山 谷へ向けて急降下していきます。
谷へ向けて急降下していきます。
生駒山・神津嶽・大原山 谷底に近づいて振り返って見上げるの図(長い)、斜面にステップが切ってあるので、意外に歩きやすかったです。
谷底に近づいて振り返って見上げるの図(長い)、斜面にステップが切ってあるので、意外に歩きやすかったです。
生駒山・神津嶽・大原山 楽音寺川の源流部です。沢沿いに歩きます。
楽音寺川の源流部です。沢沿いに歩きます。
生駒山・神津嶽・大原山 沢を離れる辺りで振り返り。なかなか急峻な谷で清流が心地よいです。
沢を離れる辺りで振り返り。なかなか急峻な谷で清流が心地よいです。
生駒山・神津嶽・大原山 これが噂に聞く丸木橋。写真左手、二本の木を渡りました。一人ずつでお願いします。(一人しかいてへんやん)
これが噂に聞く丸木橋。写真左手、二本の木を渡りました。一人ずつでお願いします。(一人しかいてへんやん)
生駒山・神津嶽・大原山 花卉栽培の苗木が放置されて、大きく育っています。
花卉栽培の苗木が放置されて、大きく育っています。
生駒山・神津嶽・大原山 出口に到着。歩いてきた楽音寺の峰々を眺める。あー、キツカッタ、でも、面白かった。
出口に到着。歩いてきた楽音寺の峰々を眺める。あー、キツカッタ、でも、面白かった。
生駒山・神津嶽・大原山 ゲートを開けて、次はガードレール下の河内越(いちはら越)で下ります。
ゲートを開けて、次はガードレール下の河内越(いちはら越)で下ります。
生駒山・神津嶽・大原山 九十九折れで谷へ降りてみると、「おっ、イイ感じ」
ンなことはないね~。倒木が増えていて、かなり難儀しました。
九十九折れで谷へ降りてみると、「おっ、イイ感じ」 ンなことはないね~。倒木が増えていて、かなり難儀しました。
生駒山・神津嶽・大原山 ようやく、堰堤が見えてきた。右岸側の斜面から乗り越えて、溝を横断しました。幸い池周囲の笹竹は刈られています。
ようやく、堰堤が見えてきた。右岸側の斜面から乗り越えて、溝を横断しました。幸い池周囲の笹竹は刈られています。
生駒山・神津嶽・大原山 本日はさすがに、ヤブ漕ぎ体制レベル3が必要でした。
本日はさすがに、ヤブ漕ぎ体制レベル3が必要でした。
生駒山・神津嶽・大原山 帰って来た~。今日の「逆さ桐」は一段と美しい。
帰って来た~。今日の「逆さ桐」は一段と美しい。
生駒山・神津嶽・大原山 縦向きにもう一枚。
縦向きにもう一枚。

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。

てんきとくらす