高板山と安徳天皇陵

2020.05.23(土) 日帰り
sanrei30
sanrei30

活動詳細

もっと見る

香美市物部町の高板山(1427.3m)にガイドの下見を兼ねて登ってみた。 高板山はゴヨウツツジの群生地として知られ、開花シーズンには多くの登山者で賑わっていたが、物部町楮佐古から豊永峠を越えて大豊町西峰に至る林道が台風災害で通行止めになっているので登山口まで入ることができない。 そこで、物部町神池からアプローチ。気になっていた不動堂跡から最高地点の二の杜を目指す表参道コースを辿ってみた。 目当てのゴヨウツツジは、概ね期待どおりの開花状況で白い清楚な花を楽しむことができた。 帰りは、三の杜の先の分岐から林道に下って安徳天皇高板山陵まで足を伸ばした。 アクセスが悪いこともあって登山中に出会った登山者は大豊町側から来た1組だけだったが、下山すると隣に車が1台あったので、自分が登った後に誰か1人登ったようだ。 ■行先・位置 高板山(三等三角点 [四国石] 1427.30m) 高知県香美市/北緯33度45分58秒・東経133度52分02秒 ■コースタイム 林道終点 7:49(10分)→ 高板山不動堂跡 7:59/8:01(5分)→ トラバース分岐 8:06(12分)→ 手水石 8:18(3分)→ 若宮 8:21(16分)→ トラバース分岐 8:37/8:38(15分)→ 川ノ内方面分岐 8:53/8:55(6分)→ 1330m地点 9:01/9:12(13分)→ 林道ゲート方面分岐 9:25/9:28(8分)→ へそすり岩 9:36/9:39(2分)→ 三葉ヶ杜 9:41/9:49(7分)→ 一の杜 9:56/9:57(1分)→ 四国王目岩 9:58/10:13(4分)→ 高板山 10:17/1026(18分)→ 岩 10:44/10:46(3分)→ 二の杜 10:49/10:53(2分)→ 三の杜 10:55/10:56(23分)→ 尾根分岐 11:19(11分)→ 三叉路登山口 11:30/11:31(19分)→ 林道ゲート 11:50(11分)→ 安徳天皇高板山陵 12:01/12:10(4分)→ 分岐 12:14(14分)→ 川ノ内方面分岐 12:28(9分)→ トラバース分岐 12:37/12:38(8分)→ 若宮 12:46(1分)→ 手水石 12:47(6分)→ トラバース分岐 12:53(3分)→ 高板山不動堂跡 12:56/13:00(5分)→ 林道終点 13:05 【行き 1時間52分 帰り 2時間17分 計 4時間09分】 ■コース水平距離 10.0㎞ ■天気 晴れ ■楽しさ ★★★★★(満点!)

御在所山(高知県)・大星山 大栃から見る高板山
ドームが最高地点の二の杜で中央が山頂N
大栃から見る高板山 ドームが最高地点の二の杜で中央が山頂N
御在所山(高知県)・大星山 N
N
御在所山(高知県)・大星山 神池から「←高板」へ
神池から「←高板」へ
御在所山(高知県)・大星山 槍水の茶畑を通過して林道を終点まで進む
槍水の茶畑を通過して林道を終点まで進む
御在所山(高知県)・大星山 林道終点の回転場に駐車してスタート
林道終点の回転場に駐車してスタート
御在所山(高知県)・大星山 しばらくは人工林に松が交じる登山道を登る
しばらくは人工林に松が交じる登山道を登る
御在所山(高知県)・大星山 林道から10分程で尾根の鞍部にある高板山不動堂跡に着く
林道から10分程で尾根の鞍部にある高板山不動堂跡に着く
御在所山(高知県)・大星山 石碑が並んでいる
石碑が並んでいる
御在所山(高知県)・大星山 N
N
御在所山(高知県)・大星山 N
N
御在所山(高知県)・大星山 不動堂跡から5分で地形図にあるトラバースの分岐を通過
不動堂跡から5分で地形図にあるトラバースの分岐を通過
御在所山(高知県)・大星山 不動堂跡の鞍部から450m.標高差150mで尾根の勾配がフラットになる
不動堂跡の鞍部から450m.標高差150mで尾根の勾配がフラットになる
御在所山(高知県)・大星山 こんな所に手水石があった🤭
こんな所に手水石があった🤭
御在所山(高知県)・大星山 手水石からすぐのコブには祠
痛んでいるが、あまり古くはない
手水石からすぐのコブには祠 痛んでいるが、あまり古くはない
御在所山(高知県)・大星山 鞍部にトラバースが右から合流する
尾根の真ん中に杭が立っていて、左にも踏み跡がある
鞍部にトラバースが右から合流する 尾根の真ん中に杭が立っていて、左にも踏み跡がある
御在所山(高知県)・大星山 地形図では川ノ内(楮佐古)方面への道がこの辺りで分かれているはず
帰りはここに登ってくる予定
地形図では川ノ内(楮佐古)方面への道がこの辺りで分かれているはず 帰りはここに登ってくる予定
御在所山(高知県)・大星山 二の杜?
二の杜?
御在所山(高知県)・大星山 X-100V
X-100V
御在所山(高知県)・大星山 ブナ林iPone
ブナ林iPone
御在所山(高知県)・大星山 TG-6
TG-6
御在所山(高知県)・大星山 X-100V
X-100V
御在所山(高知県)・大星山 鞍部で林道からの登山道と合流
鞍部で林道からの登山道と合流
御在所山(高知県)・大星山 登山道と合流したら直ぐに岩尾根に取り付く
登山道と合流したら直ぐに岩尾根に取り付く
御在所山(高知県)・大星山 臍摺り岩の狭い割れ目を通る
臍摺り岩の狭い割れ目を通る
御在所山(高知県)・大星山 鎖場のある岩を攀じ登ると三葉ヶ杜に出る
鎖場のある岩を攀じ登ると三葉ヶ杜に出る
御在所山(高知県)・大星山 八大龍王・不動恵童子・龍の3つの石碑が鎮座する三葉ヶ杜の岩の上は見晴らしがよい
八大龍王・不動恵童子・龍の3つの石碑が鎮座する三葉ヶ杜の岩の上は見晴らしがよい
御在所山(高知県)・大星山 三葉ヶ杜八大龍王の石碑
三葉ヶ杜八大龍王の石碑
御在所山(高知県)・大星山 三葉ヶ杜から南に歩いてきた尾根を見下ろす
三葉ヶ杜から南に歩いてきた尾根を見下ろす
御在所山(高知県)・大星山 三葉ヶ杜の北側に咲くゴヨウツツジ
三葉ヶ杜の北側に咲くゴヨウツツジ
御在所山(高知県)・大星山 三葉ヶ杜から10分足らずで一の杜に着く
三葉ヶ杜から10分足らずで一の杜に着く
御在所山(高知県)・大星山 大きな岩のトラバース(攀じ登ることも可能)
大きな岩のトラバース(攀じ登ることも可能)
御在所山(高知県)・大星山 尾根を彩るトサノ(たぶん)ミツバツツジ
尾根を彩るトサノ(たぶん)ミツバツツジ
御在所山(高知県)・大星山 パワースポットの四国岩(四国王目岩)に着いた!
基部には不動明王が鎮座する
ゴヨウツツジも咲いている
ここに来たら岩の上に登りたくなる
パワースポットの四国岩(四国王目岩)に着いた! 基部には不動明王が鎮座する ゴヨウツツジも咲いている ここに来たら岩の上に登りたくなる
御在所山(高知県)・大星山 四国岩の上に攀じ登るとこんな風景
四国岩の上に攀じ登るとこんな風景
御在所山(高知県)・大星山 四国岩の上からすぐ先に三角点峰(山頂)
その奥に最高地点の二の杜
四国岩の上からすぐ先に三角点峰(山頂) その奥に最高地点の二の杜
御在所山(高知県)・大星山 四国岩を反対側から
こちらからも登れないことはないらしい
四国岩を反対側から こちらからも登れないことはないらしい
御在所山(高知県)・大星山 この岩を越えて行く(巻道あり)
この岩を越えて行く(巻道あり)
御在所山(高知県)・大星山 ミツバ(三葉)ツツジとゴヨウ(五葉)ツツジ
ミツバ(三葉)ツツジとゴヨウ(五葉)ツツジ
御在所山(高知県)・大星山 1427.3mの三角点峰(山頂)
1427.3mの三角点峰(山頂)
御在所山(高知県)・大星山 〈高板山の三角点〉
基準点コード:TR35033561901
等級種別:三等三角点
冠字選点番号:坐13
基準点名:四国石
標高(m):1427.30
〈高板山の三角点〉 基準点コード:TR35033561901 等級種別:三等三角点 冠字選点番号:坐13 基準点名:四国石 標高(m):1427.30
御在所山(高知県)・大星山 大栃から山頂は見えるので山頂からも大栃が見える
大栃から山頂は見えるので山頂からも大栃が見える
御在所山(高知県)・大星山 牛ノ背〜三嶺の稜線
牛ノ背〜三嶺の稜線
御在所山(高知県)・大星山 ゴヨウツツジの古木
ゴヨウツツジの古木
御在所山(高知県)・大星山 尾根歩きが楽しい稜線
尾根歩きが楽しい稜線
御在所山(高知県)・大星山 この岩の上に二の杜の社がある
この岩の上に二の杜の社がある
御在所山(高知県)・大星山 最高地点の二の杜は三角点より7〜8m高い
最高地点の二の杜は三角点より7〜8m高い
御在所山(高知県)・大星山 二の杜から山頂(三角点峰)と四国岩、一の杜
右に神池に下る尾根
二の杜から山頂(三角点峰)と四国岩、一の杜 右に神池に下る尾根
御在所山(高知県)・大星山 二の杜からも大栃が見える
二の杜からも大栃が見える
御在所山(高知県)・大星山 三角点より2〜3m高い三の杜
三角点より2〜3m高い三の杜
御在所山(高知県)・大星山 ゴヨウツツジはバックが青空じゃないと目立たない
ゴヨウツツジはバックが青空じゃないと目立たない
御在所山(高知県)・大星山 北西に延びる高板山の尾根は奥神賀山と笹越をつなぐ市町界尾根に突き当たる
北西に延びる高板山の尾根は奥神賀山と笹越をつなぐ市町界尾根に突き当たる
御在所山(高知県)・大星山 尾根分岐から林道へ下る
真っ直ぐ進むと奧神賀山~笹越の市町界尾根にぶつかる
尾根分岐から林道へ下る 真っ直ぐ進むと奧神賀山~笹越の市町界尾根にぶつかる
御在所山(高知県)・大星山 林道の分岐を東へ
林道の分岐を東へ
御在所山(高知県)・大星山 分岐からすぐ先が崩れていた
分岐からすぐ先が崩れていた
御在所山(高知県)・大星山 作業道の分岐を左に進むと登山口
作業道の分岐を左に進むと登山口
御在所山(高知県)・大星山 作業道の上は不動堂跡に下る尾根
作業道の上は不動堂跡に下る尾根
御在所山(高知県)・大星山 作業道をしばらく歩く
作業道をしばらく歩く
御在所山(高知県)・大星山 安徳天皇高板山陵
安徳天皇高板山陵
御在所山(高知県)・大星山 高板山(こうのいたやま)は「皇の居た山」とも言われる
高板山(こうのいたやま)は「皇の居た山」とも言われる
御在所山(高知県)・大星山 作業道を少し南下して尾根を適当に登る
作業道を少し南下して尾根を適当に登る
御在所山(高知県)・大星山 途中にテープがあった!
途中にテープがあった!
御在所山(高知県)・大星山 想定通りの場所に出た
想定通りの場所に出た
御在所山(高知県)・大星山 あと少しで不動堂跡
あと少しで不動堂跡
御在所山(高知県)・大星山 不動堂跡の石碑
不動堂跡の石碑
御在所山(高知県)・大星山 林道終点の回転場に戻ると車が1台駐車していた!
安徳天皇陵まて周回したので会わなかったのだ
林道終点の回転場に戻ると車が1台駐車していた! 安徳天皇陵まて周回したので会わなかったのだ

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。