脊振山系全山縦走

2017.01.02(月) 4 DAYS Saga, Fukuoka
どやや74
どやや74

活動データ

タイム

56:04

距離

75.6km

上り

5,658m

下り

5,618m

チェックポイント

活動詳細

もっと見る

さすがに元旦は家にいるとして、でも1月4日も休めたので3日ある。 3日あれば、どっちかが実行できるなと。 前々からやりたかった祖母傾大崩はもうちょっといい時期にとっておきたいのと、水場凍結の不安から持ち越しで、最近「のぼろ」の影響でブームな雰囲気?の脊振全山をやることにしました。 実は、脊振山系の縦走路で経験のあるのは、井原山のアンの滝から上がった所~新村分かれ辺りまでのみ。とはいえ、GPSアプリもあるし達成された先輩のログもある。山地図もあるし、地形図も準備した。多少ルート探索に時間がかかったとしても3日あればいけると踏んで行ってきました。 宿は軽さ重視でツェルトにしたが、夜はあたたかく安眠したいし、大食いの私は食料も多め。50Lザック自体も2kgあるし・・・で水食糧込みで19.5kgで出発しました。

どれが十坊山? 今日の天気は曇りのち雨
みかん畑を抜けて・・・
スタート地点のとんぼ山。
十坊山から東のそら。太陽さんさようなら。
天気が良ければ絶景だそうですねー
白木峠に降りて浮岳へ
浮岳山頂の加茂神社。山頂標識あったか??
荒谷峠に下って
女岳への急登(が、あったらしいが忘れた)
女岳。自撮りに向かう私。
紛らわしい「荒川峠」
整然と並んだ杉林は好きですが、確かに迷いやすく・・・
こういう物を設置してくれています。
降って来たー
降水確率60%でしたけど、山ですから当然降りますねー。
縦走路のところどころに残雪
羽金山の手前のちょいピーク
そしてお世話になってる羽金山。
山頂はこんな感じで・・・
敷地内には鉄塔
周囲をぐるっとフェンス。 フェンスの外を行きますが、ズルズルで見事に転んだ。
ここに水場があるとの情報はありましたが、水場へのルート(らしきもの。ピンクテープ有り。)は強烈な藪で入る気にならず。
その先を回り込んだ沢で汲みました。今回浄水フィルターを持ってきていたので心強いのです。
初日の行動食。もう無くなっちゃった@長野峠。
急登を登ったらポっと視界が開けて雷山の山頂部が眼前に・・・これは気合が入る!
と、その気合いが間違いの元でした。斜面は雪でズルズルで体力奪われた。汗かいた。しんだー。
そういえば、雨は意外に早く止み、雷山からいい夕景見れた。キツいけど嬉しい。
井原山への縦走路にて夜景がきれい。テンション上がるがキツい。
井原山手前1kmの縦走路にて力尽きて幕営。ツェルト張るのも飯食うのもしんどかった。 この日は、レイン着用と雷山への猛ダッシュでかなり汗をかいたようで、寝るまでテタニー症状に悩みました。
2日目。 昨晩水を使い果たしたので、朝食摂らずに行動開始。4km先の水場まで行きます。体調は良いです。
ブレてます。 寝ぼけていたのか、水切れで余裕がなかったのか(笑)
黎明@井原山
新村分岐。ここを新村方面に降りた水場でゆっくり朝食摂って水満タン。
三ツ瀬峠の手前の造成地
三瀬峠。「福岡市」の文字を見ると土地勘の弱い北九人はもうこんなに来たのかと勘違いするのですが、まだまだなのですね。
金山の手前の前座その1
前座その2
アゴ坂峠。全く同じ主旨の標識が2つ。
この水場は安定してそう! そんなに減ってなかったので500mlだけ補充。
アゴ坂峠は水の流れる美しい谷。 ここで2日目にして初めて登山者に遭遇。
急登登って金山
ブナの縦走路。 「とんぼ山からかーいいな~」という男性登山者とお話しした。
脊振山のレーダードームが見えてきた。
金山から下って小爪峠はポカポカ陽気。ここで昼食。
また急登上がってピーク
鬼ヶ鼻岩は眺望がすばらしく、ちょうど昼時でもあったので休憩する登山者が4名ほど。
おにーさんに撮ってもらった
椎原峠
唐人の舞にて脊振山と一緒に
なぜか側溝
矢筈峠の手前のピークは
上まで上がれる
気象台の施設
脊振山がもうすぐだ
福岡市街も見える
おじゃましました
矢筈峠からは舗装路。
脊振山の駐車場の水飲み場。冬だから??止まってます。
主峰制覇
レーダードームとか自衛隊関係ばっかりだと思っていたら、こんないい雰囲気の神社があるのですね。
駐車場を見下ろす
おっ、九千部山!
別に喉乾いてないし、実は肌寒いんだけど、お約束なので自販機でコーラ。
蛤岳へは木道多し。そのあとは暗い森の中。
蛤岳
すでに日没後@蛤岳
蛤岳を下山して基山まで20km地点で2日目の幕営。
ここなら水場もすぐそこだし。
2日目は2時間おきに行動食を採っていたので余裕でした。 ツェルト張ろうとしてたら、「基山からスタートして今日は蛤岳泊」という全縦の2人組と遭遇。
蛤水道。きれいな水が流れている。この上流が水場。
3日目。 5時半ごろから歩きだした。
坂本峠
山頂っぽくない石谷山山頂
九千部山への縦走路はスイスイ高速登山道
九千部山展望台
基山はもうすぐ、がんばろー
ゆっくり慎重に下って大峠
権現山への階段は強烈
じみーな山頂
でも縦走路から外れたピークは肩の休憩になるので助かる。
柿ノ原峠手前の老健施設
柿ノ原峠から入ると、初の竹林。
で、その先は倒木のアスレチック・・・勘弁してくれー
次は石畳の下り。これも嫌い。
ラスト舗装路4km。単調でつまんないし足痛くなるし。。。
長い。長すぎる。でもあと1km。
最後は芝生の激坂です。行くしかありません。
山頂はどこ?
いろいろ建っているのですが
これが山頂標識のようです。
ゆたーっと昼食。最高。 「とんぼ山からですか。じゃあこの後は若杉まで?」という女性と話した。時間があれば行けなくもなさそうですが今回は遠慮です。 なんでも「うちの旦那はトレイルランナーで宝満若杉2往復・・・」なんだとか。羨ましい剛脚。
人里に降りてきた。この先で適当に歩いてたら道に迷った。
ゴールはJRけやき台駅
この付近の公園の駐車場に前泊
西鉄電車⇒地下鉄
筑前前原で乗り換えて福吉駅へ。朝7時前の福吉駅前。私とゴルフバッグを持った男性の2人だけ。さみしい雰囲気なんだけど、これから始まる縦走が楽しみでそれも感じません。
二日市へ移動して
温泉に入りました。混んでたけどいい湯でした。

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。