取立山 水芭蕉

2020.05.15(金) 日帰り
moyoro
moyoro

活動データ

タイム

05:59

距離

12.3km

上り

956m

下り

943m

チェックポイント

活動詳細

もっと見る

外出自粛も解除になった。といってもまだまだ人込みは避けなければならない。 取立山も本来なら水芭蕉を見に来るハイカーでにぎあうところだが、まだ車で上の駐車場まで行けないということで、平日でもあり行く人は少ないだろう。 国道沿いの駐車場から歩くのは長いが、毎年冬に数回登るので下から登るのは慣れている。

取立山 駐車場には3台車が停まっている。冬ではないので雪の装備など無いので靴を履きすぐに出発。
駐車場には3台車が停まっている。冬ではないので雪の装備など無いので靴を履きすぐに出発。
取立山 車道を歩くと長いので、ショートカットの道を登る。
車道を歩くと長いので、ショートカットの道を登る。
取立山 東山いこいの森に到着。池の水芭蕉も花盛り。
東山いこいの森に到着。池の水芭蕉も花盛り。
取立山 冬は閉じていたトイレは開いている。
冬は閉じていたトイレは開いている。
取立山 林道を進むと早くもサンカヨウ。
林道を進むと早くもサンカヨウ。
取立山 人が来ないので山菜もたくさん出ている。これはウド。
人が来ないので山菜もたくさん出ている。これはウド。
取立山 タラの芽。
タラの芽。
取立山 ワラビ。
ワラビ。
取立山 フキ。
フキ。
取立山 ゼンマイ。
ゼンマイ。
取立山 一台も車のない駐車場。
一台も車のない駐車場。
取立山 登山口の上に分岐点。右が取立山コース。今日は左の大滝コースへ行こう。冬は通行できないし、水芭蕉の時期に周回するときは下りに利用するので、ここを登ったのはあまり記憶にない。
登山口の上に分岐点。右が取立山コース。今日は左の大滝コースへ行こう。冬は通行できないし、水芭蕉の時期に周回するときは下りに利用するので、ここを登ったのはあまり記憶にない。
取立山 サンカヨウが多い。ぬれると透明になるのだが。
サンカヨウが多い。ぬれると透明になるのだが。
取立山 新緑と大滝。
新緑と大滝。
取立山 アップ。
アップ。
取立山 ここからしばらくは岩場の登りを慎重に上る。
ここからしばらくは岩場の登りを慎重に上る。
取立山 これも山菜のミズ。
これも山菜のミズ。
取立山 サンカヨウ。
サンカヨウ。
取立山 この谷を渡ると谷筋を離れ、尾根に上って行く。
この谷を渡ると谷筋を離れ、尾根に上って行く。
取立山 尾根に出た。のびのびと歩ける気持ちの良い尾根歩き。
尾根に出た。のびのびと歩ける気持ちの良い尾根歩き。
取立山 振り返ると勝山が見える。
振り返ると勝山が見える。
取立山 私のお気に入りの道。
私のお気に入りの道。
取立山 オオカメノキ。
オオカメノキ。
取立山 こつぶり山山頂到着。シカがいたが藪に逃げ込んだ。
こつぶり山山頂到着。シカがいたが藪に逃げ込んだ。
取立山 ここからの白山は最高だ。
ここからの白山は最高だ。
取立山 水芭蕉の鞍部に到着。たくさん咲いている。
水芭蕉の鞍部に到着。たくさん咲いている。
取立山 さらに奥に行くと花の群落が。
さらに奥に行くと花の群落が。
取立山 沼地が乾いてきて近年花が少なくなってきていると思っていたが、今年は花が多い。ちょっと安心だ。
沼地が乾いてきて近年花が少なくなってきていると思っていたが、今年は花が多い。ちょっと安心だ。
取立山 今が見ごろだ。ちょうど12時で水芭蕉を見ながらノンアルビールと昼食にする。誰もいないので独り占めだ。
今が見ごろだ。ちょうど12時で水芭蕉を見ながらノンアルビールと昼食にする。誰もいないので独り占めだ。
取立山 登山道に戻る。鞍部から今登ってきた谷筋を見る。
登山道に戻る。鞍部から今登ってきた谷筋を見る。
取立山 山小屋横から取立平を取立山に向かう。
山小屋横から取立平を取立山に向かう。
取立山 取立山ピークへの急登を登る。左に見えるのは鉢伏山と右のピークは烏岳。
取立山ピークへの急登を登る。左に見えるのは鉢伏山と右のピークは烏岳。
取立山 山頂到着。
山頂到着。
取立山 取立山からの白山。
取立山からの白山。
取立山 山頂から三角点は少し離れている。
山頂から三角点は少し離れている。
取立山 紅ヤシオのつぼみか。
紅ヤシオのつぼみか。
取立山 イワウチワがたくさん咲いている。
イワウチワがたくさん咲いている。
取立山 紅ヤシオの花が咲いている。
紅ヤシオの花が咲いている。
取立山 上の駐車場を通過。ワラビを探しながらゆっくりと下って行く。
上の駐車場を通過。ワラビを探しながらゆっくりと下って行く。
取立山 登山口に戻ってきた。もう私の車だけ。結局出会ったのは大滝の登りで女性に出会っただけだった。
登山口に戻ってきた。もう私の車だけ。結局出会ったのは大滝の登りで女性に出会っただけだった。

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。

てんきとくらす