高通山・烏帽子山・暗沢山-2020-05-05

2020.05.05(火) 日帰り
☆ひいらぎ
☆ひいらぎ

活動データ

タイム

06:05

距離

18.7km

上り

1357m

下り

1357m

チェックポイント

活動詳細

もっと見る

高通公園から高通山~烏帽子山~石部の棚田~大峠~長者ヶ原~暗沢山の順に周回してきました。 高通山はヤマツツジが見頃です。山頂からは雲海越しに東伊豆、南伊豆の山々を眺め、北側展望所からは西伊豆の山や雲見地区や駿河湾を眺めることが出来ました。 烏帽子山は火山の根が残ったものとされ、名前のとおり尖った山です。高所恐怖症の私は長く居られませんでしたが絶景でした。 石部の棚田は水を引き入れた状態で気持ちの良い風景が広がっています。下から登りながらの方が楽しめると思います。 長者ヶ原もヤマツツジが多く咲いています。のんびりできる場所です。 一部ルートを失敗しましたが、満足度の高いハイキングになりました。

暗沢山・大峠・長者ヶ原 段差がちょうど良いので登りやすい階段でした。
段差がちょうど良いので登りやすい階段でした。
暗沢山・大峠・長者ヶ原 雲海越しに三筋山(東伊豆町)。風力発電の風車が見えます。
雲海越しに三筋山(東伊豆町)。風力発電の風車が見えます。
暗沢山・大峠・長者ヶ原 高通山山頂。
高通山山頂。
暗沢山・大峠・長者ヶ原 濃霧注意報が出ていた中での景色は幸運だと思いました。
濃霧注意報が出ていた中での景色は幸運だと思いました。
暗沢山・大峠・長者ヶ原 ヤマツツジ
ヤマツツジ
暗沢山・大峠・長者ヶ原 北側展望台より西伊豆。
北側展望台より西伊豆。
暗沢山・大峠・長者ヶ原 松崎町雲見地区と烏帽子山。
駿河湾と雲海越しにうっすらと富士山。
松崎町雲見地区と烏帽子山。 駿河湾と雲海越しにうっすらと富士山。
暗沢山・大峠・長者ヶ原 10~13枚目を撮影した北側展望台の様子。
10~13枚目を撮影した北側展望台の様子。
暗沢山・大峠・長者ヶ原 下り斜面の陰ったなかでもヤマツツジの赤が映えていました。
下り斜面の陰ったなかでもヤマツツジの赤が映えていました。
暗沢山・大峠・長者ヶ原 霧が下から上がってきました。
霧が下から上がってきました。
暗沢山・大峠・長者ヶ原 北側は苔むした岩が多いです。
北側は苔むした岩が多いです。
暗沢山・大峠・長者ヶ原 オートキャンプ場より。尖った烏帽子山が近くなってきました。
オートキャンプ場より。尖った烏帽子山が近くなってきました。
暗沢山・大峠・長者ヶ原 烏帽子山入口。長い階段の先に神社と中の宮があります。
烏帽子山入口。長い階段の先に神社と中の宮があります。
暗沢山・大峠・長者ヶ原 中の宮から先は普通の山と変わらない登山道になりました。山頂には御嶽浅間神社があります。
中の宮から先は普通の山と変わらない登山道になりました。山頂には御嶽浅間神社があります。
暗沢山・大峠・長者ヶ原 お社の更に上の岩が展望台になっています。めちゃめちゃ怖いです。
お社の更に上の岩が展望台になっています。めちゃめちゃ怖いです。
暗沢山・大峠・長者ヶ原 柵の向こうに立ってはいけません。想像しただけでふらつきそうになりました。怖い、早く降りよう、それだけでした。
柵の向こうに立ってはいけません。想像しただけでふらつきそうになりました。怖い、早く降りよう、それだけでした。
暗沢山・大峠・長者ヶ原 雲見地区の一部。TBSドラマ「とんび」の舞台となりました。
雲見地区の一部。TBSドラマ「とんび」の舞台となりました。
暗沢山・大峠・長者ヶ原 旧道沿いの石窟。弘化四年とあります。1847年の石碑です。
旧道沿いの石窟。弘化四年とあります。1847年の石碑です。
暗沢山・大峠・長者ヶ原 石部の棚田を登っていきます。
石部の棚田を登っていきます。
暗沢山・大峠・長者ヶ原 言うこと無しです。
言うこと無しです。
暗沢山・大峠・長者ヶ原 実際は20枚近く撮りました。
実際は20枚近く撮りました。
暗沢山・大峠・長者ヶ原 高通山。
この撮影地点より手前に小峠へ向かう最短の遊歩道があったようです。
高通山。 この撮影地点より手前に小峠へ向かう最短の遊歩道があったようです。
暗沢山・大峠・長者ヶ原 ここからショートカットをしましたが、やめた方が良いですし、前述の遊歩道を行けば1時間15分短縮できます。
ここからショートカットをしましたが、やめた方が良いですし、前述の遊歩道を行けば1時間15分短縮できます。
暗沢山・大峠・長者ヶ原 左上から赤い破線に合流するまでが独自のルートですが、もっと手前の石部の棚田上部に良い遊歩道があるはずです。
左上から赤い破線に合流するまでが独自のルートですが、もっと手前の石部の棚田上部に良い遊歩道があるはずです。
暗沢山・大峠・長者ヶ原 小峠。正面から来ました。右が大峠・長者ヶ原・暗沢山方面です。左は高通公園への帰りに使いました。また、そちらに石部の棚田上部に繋がる遊歩道分岐があります。
小峠。正面から来ました。右が大峠・長者ヶ原・暗沢山方面です。左は高通公園への帰りに使いました。また、そちらに石部の棚田上部に繋がる遊歩道分岐があります。
暗沢山・大峠・長者ヶ原 長者ヶ原のヤマツツジと暗沢山(電波塔)。
長者ヶ原のヤマツツジと暗沢山(電波塔)。
暗沢山・大峠・長者ヶ原 広い台地にヤマツツジが多く咲いています。
広い台地にヤマツツジが多く咲いています。
暗沢山・大峠・長者ヶ原 綺麗な赤です。
綺麗な赤です。
暗沢山・大峠・長者ヶ原 YAMAPでは岩科地区から大峠・小峠のルートが表示されていますが、今回の周回には長者ヶ原遊歩道や石部の棚田上部に繋がるルートが重要です。
YAMAPでは岩科地区から大峠・小峠のルートが表示されていますが、今回の周回には長者ヶ原遊歩道や石部の棚田上部に繋がるルートが重要です。
暗沢山・大峠・長者ヶ原 大峠。ここを右にしばらく進むと車道に出ます。そこを鋭角にターンして暗沢山に向かいます。
大峠。ここを右にしばらく進むと車道に出ます。そこを鋭角にターンして暗沢山に向かいます。
暗沢山・大峠・長者ヶ原 暗沢山山頂
暗沢山山頂
暗沢山・大峠・長者ヶ原 長者ヶ原遊歩道の高通公園への下りの様子。迷うことはありません。登りでも問題ありません。
長者ヶ原遊歩道の高通公園への下りの様子。迷うことはありません。登りでも問題ありません。

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。

てんきとくらす