多良 雲仙 縦走 シーライン使用

2020.04.28(火) 日帰り

活動データ

タイム

18:34

距離

77.0km

上り

4558m

下り

4560m

チェックポイント

DAY 1
合計時間
18 時間 34
休憩時間
30
距離
77.0 km
上り / 下り
4558 / 4560 m
1 7
38
14
17
16
25
25
43
22
1
14
33
6 2
48
1 23
2
3
1 7
1 14

活動詳細

すべて見る

大村湾から、多良山系を縦走して、諫早湾におりて、諫早湾の干拓地にかかる潮受堤防をつっきり、島原半島に上陸し、雲仙山系を縦走して島原湾におりる。  3つの湾を通過する。sea to sea 男のロマンである。  累積標高は5000m弱とそれほどでもないが。  28日の誰ものっていない終電車で大村湾へ。誰もいない駅舎(ローカル線で普段からおそらく誰もいない)を23時にスタート。誰もいない山へはいっていく。  途中の公園は誰もいないとおもったのだが、24時過ぎなのに車が数台いて驚いた。まずは群岳。夜のトレイルはひさしぶり。9月の武尊以来か。レースだと人がいるのでよいのだが、練習だと誰もいないので少々不安になる面はある。  ここまで1000mの上り。気温も低すぎることなくよい。長崎のトレイルはわかりにくいところが多いが。  続いて経ヶ岳。最後の上りつめは厳しい。夜景が少し見える。くだって、金泉寺。予定どおり、だんだんと夜が明けてくる。多良岳に上がる。ご来光までは見えず。  おりて、下山口までいくと長いロード。速度を上げていきたいところだが、速度あがらず。レースにしばらくでていないので巡行速度があがらない。しばらくレースもないと思われるので、速度をあげて走る気にもならない。  だらだらと下っていると暑くなってくる。降りたところのコンビニで冷やし中華。上手い。ビールはさすがにやめておいた。  諫早干拓の潮受堤防、多良雲仙シーラインをタンタンと南下。約8キロ。前方には、雲仙の山々。結構とおい。天気は非常によい。  島原半島に上陸。またまたコンビニで補給。  最初はロードで標高をあげていって、九州自然道。思ったより時間がかかっている。80キロ程度であれば、もう少し早く走れると思ったのだが、巡行速度がかなり遅い。正午もかなり過ぎてやっと雲仙のとりつき。ここもタンタンとあがっていく。  普賢岳には時計回りで平成新山などを見学。景色もよくパノラマを楽しめた。ただ、変な羽虫が多くてうざかった。  普賢岳からは下るだけ。イージーな下りをタンタンと。仁田峠からマイナーな登山道を下る。かっては整備されていたのだろうが、朽ち果てている感じだった。  途中で、右脛にシンスプリント発生。対してはしってもいないのに痛みを感じる。最後のほうは無理をせず歩き。イージーなトレイルやロードを歩いていてはさらに時間かかる。  降りた後も結構時間かかる。海はすぐそこだが。  なんだかんだで、18時間30分くらいで島原港到達。海から海へは気分よし。  帰りはこれまた一人しかのっていないローカル線でビールを飲みながら帰った。

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。