大ナゲシ北稜

2020.04.11(土) 日帰り
markun
markun

名著「薮岩魂」において最難関と謳われる大ナゲシ北稜へ 同行の方からいつくか行きたいルートを提示されまして「一般道ならソロで行ってらっしゃい!」と申し上げる中「大ナゲシ」と言うワードが出てきたのでそれならバリルートの北稜で行っちゃいましょう!と同行承って来ました。 山行詳細はいつものように写真内にコメントしています。 ※「ほくりょう」と入力すると大概の文字入力アプリでは「北陵」と表示されます。が、正しくは「北稜」です。 個人的には単語登録していますので一発変換なのですが、以前は「北」と入力してから「稜線」と入力して線だけを消していました。 他の方の文字表示をとやかく言いたい訳では無いのですが山登りの世界で東西南北に「稜」が付くルートが沢山ある中で「陵」をお使いになられると検索で引っかからないのです😔 ※緊急事態宣言が出されていますが私は対象地域の方々に配慮・遠慮して山登りを自粛するつもりはありません。言い訳を書くつもりも全くありません。 自衛、そして私が"潜在的罹患者"であった場合でも周囲の方を感染させない対策は講じた上で登山をしているつもりです。ここ最近の私のレポに於いて、もう寒い季節でもないのにネックウォーマーしてるのもその一環です。 そもそもYAMAPで「大ナゲシ 北稜」を検索して頂ければ如何に通る方が少ないであろうと類推されるルートであるかは自明の理かと存じます。 正々堂々コメント欄も開放しておりますのでご批判は甘んじてお受けいたしますし、レポを隠してコソコソ登山する気など毛頭ありません。

北稜へと続く尾根に乗るまでがまず一苦労💧
1/50

北稜へと続く尾根に乗るまでがまず一苦労💧

北稜へと続く尾根に乗るまでがまず一苦労💧

一見のどかな尾根に見えますがここに乗るまでが大変だったんです😥

一見のどかな尾根に見えますがここに乗るまでが大変だったんです😥

一見のどかな尾根に見えますがここに乗るまでが大変だったんです😥

最初の懸垂ポイントへ
3/50

最初の懸垂ポイントへ

最初の懸垂ポイントへ

上の方はザレた斜面

上の方はザレた斜面

上の方はザレた斜面

途中から少し空中懸垂になります
50mロープ折返してこの位ロープ余りました(30mでもギリ足りるかな?)

途中から少し空中懸垂になります 50mロープ折返してこの位ロープ余りました(30mでもギリ足りるかな?)

途中から少し空中懸垂になります 50mロープ折返してこの位ロープ余りました(30mでもギリ足りるかな?)

お次はぴーさんです
懸垂斜面全景

お次はぴーさんです 懸垂斜面全景

お次はぴーさんです 懸垂斜面全景

この辺りからつま先立ちになり

この辺りからつま先立ちになり

この辺りからつま先立ちになり

最後は空中に浮きます

最後は空中に浮きます

最後は空中に浮きます

難しくはありませんがクライミングエリアもあり

難しくはありませんがクライミングエリアもあり

難しくはありませんがクライミングエリアもあり

途中好みや落石懸念でそれぞれ独自にルート取りしました

途中好みや落石懸念でそれぞれ独自にルート取りしました

途中好みや落石懸念でそれぞれ独自にルート取りしました

都度都度行けそうな所を選択します
11/50

都度都度行けそうな所を選択します

都度都度行けそうな所を選択します

ここはこの泥ルンゼ一択という感じでしたがぴーさんは別ルートで

ここはこの泥ルンゼ一択という感じでしたがぴーさんは別ルートで

ここはこの泥ルンゼ一択という感じでしたがぴーさんは別ルートで

目印類はホントに最小限ですね👌

目印類はホントに最小限ですね👌

目印類はホントに最小限ですね👌

野栗沢諏訪山ピーク

野栗沢諏訪山ピーク

野栗沢諏訪山ピーク

「ソロで来た体」の偽装用に自撮っておきました😂

「ソロで来た体」の偽装用に自撮っておきました😂

「ソロで来た体」の偽装用に自撮っておきました😂

ここは前回来た時見た記憶ないんですよね🤔

ここは前回来た時見た記憶ないんですよね🤔

ここは前回来た時見た記憶ないんですよね🤔

境界標のコレクション中

境界標のコレクション中

境界標のコレクション中

この辺りもルート選択割れましたね
(念の為、お互い仲は良いですよ😅)

この辺りもルート選択割れましたね (念の為、お互い仲は良いですよ😅)

この辺りもルート選択割れましたね (念の為、お互い仲は良いですよ😅)

1356ピーク
特に何もありません

1356ピーク 特に何もありません

1356ピーク 特に何もありません

薮岩魂炸裂

薮岩魂炸裂

薮岩魂炸裂

小ナゲシピークのあと程なくして2回目の懸垂ポイントへ
♪懸垂支点とバックアップとぴーさんと私

小ナゲシピークのあと程なくして2回目の懸垂ポイントへ ♪懸垂支点とバックアップとぴーさんと私

小ナゲシピークのあと程なくして2回目の懸垂ポイントへ ♪懸垂支点とバックアップとぴーさんと私

急峻なザレ斜面です

急峻なザレ斜面です

急峻なザレ斜面です

画的に面白そう!と一端停止(ほぼ垂直面です😅)

画的に面白そう!と一端停止(ほぼ垂直面です😅)

画的に面白そう!と一端停止(ほぼ垂直面です😅)

この斜面はクライムダウンする気にはならないですね☹️

この斜面はクライムダウンする気にはならないですね☹️

この斜面はクライムダウンする気にはならないですね☹️

ぴーさんも無難に降りてきました
セット・撤収とも手を出してくれるようになりまして大分助かって来ました

ぴーさんも無難に降りてきました セット・撤収とも手を出してくれるようになりまして大分助かって来ました

ぴーさんも無難に降りてきました セット・撤収とも手を出してくれるようになりまして大分助かって来ました

さて一般道に合流して大ナゲシピークへ

さて一般道に合流して大ナゲシピークへ

さて一般道に合流して大ナゲシピークへ

結構な岩場ですがここは登りやすい

結構な岩場ですがここは登りやすい

結構な岩場ですがここは登りやすい

やっとこランチです🍴

やっとこランチです🍴

やっとこランチです🍴

こちら赤岩岳
この時点では登るかどうか保留していました

こちら赤岩岳 この時点では登るかどうか保留していました

こちら赤岩岳 この時点では登るかどうか保留していました

赤岩岳(左)へと続く尾根

赤岩岳(左)へと続く尾根

赤岩岳(左)へと続く尾根

大ナゲシピークからの眺望は良いですね

大ナゲシピークからの眺望は良いですね

大ナゲシピークからの眺望は良いですね

ウホッいい男(後ろ姿)

ウホッいい男(後ろ姿)

ウホッいい男(後ろ姿)

でも一人で来た体で🙋

でも一人で来た体で🙋

でも一人で来た体で🙋

ウホッ(略)

ウホッ(略)

ウホッ(略)

ウホついで

ウホついで

ウホついで

大ナゲシピークへの登下降よりこちらのロープ区間の方がスリリングですね

大ナゲシピークへの登下降よりこちらのロープ区間の方がスリリングですね

大ナゲシピークへの登下降よりこちらのロープ区間の方がスリリングですね

ロープ使ってしまった方が楽ですね
37/50

ロープ使ってしまった方が楽ですね

ロープ使ってしまった方が楽ですね

赤岩峠で常連さんから様子を伺い赤岩岳へと向かってみます
要は物足りてないヽ(^o^)丿

赤岩峠で常連さんから様子を伺い赤岩岳へと向かってみます 要は物足りてないヽ(^o^)丿

赤岩峠で常連さんから様子を伺い赤岩岳へと向かってみます 要は物足りてないヽ(^o^)丿

この板状節理の先はソコソコ切れてるクライミング区間です

この板状節理の先はソコソコ切れてるクライミング区間です

この板状節理の先はソコソコ切れてるクライミング区間です

一般道ですのでとても厳しいというわけではありませんが

一般道ですのでとても厳しいというわけではありませんが

一般道ですのでとても厳しいというわけではありませんが

もう少し長さ・高さあっても良かったかな😊

もう少し長さ・高さあっても良かったかな😊

もう少し長さ・高さあっても良かったかな😊

念入りに、一人で来た体😉
ザックを赤岩峠にデポしたので軌跡には載っていません

念入りに、一人で来た体😉 ザックを赤岩峠にデポしたので軌跡には載っていません

念入りに、一人で来た体😉 ザックを赤岩峠にデポしたので軌跡には載っていません

赤岩岳より大ナゲシを

赤岩岳より大ナゲシを

赤岩岳より大ナゲシを

大ナゲシ北稜通る方は大概赤岩岳はスルーするんですが登っておいて良かったです😊
下ります
44/50

大ナゲシ北稜通る方は大概赤岩岳はスルーするんですが登っておいて良かったです😊 下ります

大ナゲシ北稜通る方は大概赤岩岳はスルーするんですが登っておいて良かったです😊 下ります

少々下って大ナゲシの眺望もここが最後となりました

少々下って大ナゲシの眺望もここが最後となりました

少々下って大ナゲシの眺望もここが最後となりました

そこそこキテるクライムダウン…
これくらいは楽にクリアしてくれないととても妙義バリへは連れていけませんて🤣

そこそこキテるクライムダウン… これくらいは楽にクリアしてくれないととても妙義バリへは連れていけませんて🤣

そこそこキテるクライムダウン… これくらいは楽にクリアしてくれないととても妙義バリへは連れていけませんて🤣

二度目の赤岩峠
ここよりほぼ下りです

二度目の赤岩峠 ここよりほぼ下りです

二度目の赤岩峠 ここよりほぼ下りです

下りも楽々とは行きませんで…
ここが一番怖かった😰

下りも楽々とは行きませんで… ここが一番怖かった😰

下りも楽々とは行きませんで… ここが一番怖かった😰

沢沿いは楽しかったです

沢沿いは楽しかったです

沢沿いは楽しかったです

こんな所も通りました
最後は林道歩いておしまいです

こんな所も通りました 最後は林道歩いておしまいです

こんな所も通りました 最後は林道歩いておしまいです

北稜へと続く尾根に乗るまでがまず一苦労💧

一見のどかな尾根に見えますがここに乗るまでが大変だったんです😥

最初の懸垂ポイントへ

上の方はザレた斜面

途中から少し空中懸垂になります 50mロープ折返してこの位ロープ余りました(30mでもギリ足りるかな?)

お次はぴーさんです 懸垂斜面全景

この辺りからつま先立ちになり

最後は空中に浮きます

難しくはありませんがクライミングエリアもあり

途中好みや落石懸念でそれぞれ独自にルート取りしました

都度都度行けそうな所を選択します

ここはこの泥ルンゼ一択という感じでしたがぴーさんは別ルートで

目印類はホントに最小限ですね👌

野栗沢諏訪山ピーク

「ソロで来た体」の偽装用に自撮っておきました😂

ここは前回来た時見た記憶ないんですよね🤔

境界標のコレクション中

この辺りもルート選択割れましたね (念の為、お互い仲は良いですよ😅)

1356ピーク 特に何もありません

薮岩魂炸裂

小ナゲシピークのあと程なくして2回目の懸垂ポイントへ ♪懸垂支点とバックアップとぴーさんと私

急峻なザレ斜面です

画的に面白そう!と一端停止(ほぼ垂直面です😅)

この斜面はクライムダウンする気にはならないですね☹️

ぴーさんも無難に降りてきました セット・撤収とも手を出してくれるようになりまして大分助かって来ました

さて一般道に合流して大ナゲシピークへ

結構な岩場ですがここは登りやすい

やっとこランチです🍴

こちら赤岩岳 この時点では登るかどうか保留していました

赤岩岳(左)へと続く尾根

大ナゲシピークからの眺望は良いですね

ウホッいい男(後ろ姿)

でも一人で来た体で🙋

ウホッ(略)

ウホついで

大ナゲシピークへの登下降よりこちらのロープ区間の方がスリリングですね

ロープ使ってしまった方が楽ですね

赤岩峠で常連さんから様子を伺い赤岩岳へと向かってみます 要は物足りてないヽ(^o^)丿

この板状節理の先はソコソコ切れてるクライミング区間です

一般道ですのでとても厳しいというわけではありませんが

もう少し長さ・高さあっても良かったかな😊

念入りに、一人で来た体😉 ザックを赤岩峠にデポしたので軌跡には載っていません

赤岩岳より大ナゲシを

大ナゲシ北稜通る方は大概赤岩岳はスルーするんですが登っておいて良かったです😊 下ります

少々下って大ナゲシの眺望もここが最後となりました

そこそこキテるクライムダウン… これくらいは楽にクリアしてくれないととても妙義バリへは連れていけませんて🤣

二度目の赤岩峠 ここよりほぼ下りです

下りも楽々とは行きませんで… ここが一番怖かった😰

沢沿いは楽しかったです

こんな所も通りました 最後は林道歩いておしまいです

類似するルートを通った活動日記