2020.04.11 “ さくら舞散る頃 ” 花残り月の高畑山

2020.04.11(土) 日帰り
Qchan
Qchan

ついこの前までところ狭しとぎっしり咲き乱れていた桜の花びら…。春風に吹かれてひらひらと空を舞い、落ちた葉が連なった筏のように流れてゆく…花筏。そんな季節の流れを感じる一日だった。 何気なく過ごしていた頃が懐かしくも贅沢に感じ、与えられた時間の大切さに今更ながら気づくこの頃。 週末ごとにぎっしりと詰まった予定がぽっかりと空いて、数時間ではあるが自分の時間ができた。 自粛ムードが漂う中ではあるが、今の自分にとっては貴重なひと時…無駄にしたくない。 限られた時間の中で自分が愉しめそうなところを探し、直前に決めたのは高畑山。 ここはミツマタが群生していて、最近では人伝に広がり多くの人で賑わっていたようだが、ピークを過ぎた今となっては人との接触も少ないと考えて行ってみることにした。

桜舞散る頃…。

桜舞散る頃…。

桜舞散る頃…。

高畑山に向かう道中、散り始めていた桜の樹を見つけてカメラを構えた。

高畑山に向かう道中、散り始めていた桜の樹を見つけてカメラを構えた。

高畑山に向かう道中、散り始めていた桜の樹を見つけてカメラを構えた。

来年も元気に咲かせてくれよ。

来年も元気に咲かせてくれよ。

来年も元気に咲かせてくれよ。

完全防備というか、完全に不審者…。

完全防備というか、完全に不審者…。

完全防備というか、完全に不審者…。

駐車場が無いので、R306沿いの待避場に車を駐めてスタート。

駐車場が無いので、R306沿いの待避場に車を駐めてスタート。

駐車場が無いので、R306沿いの待避場に車を駐めてスタート。

良い天気だ。

良い天気だ。

良い天気だ。

時間が遅かったので、登山口前のスペースには車がいっぱい。

時間が遅かったので、登山口前のスペースには車がいっぱい。

時間が遅かったので、登山口前のスペースには車がいっぱい。

ゲート手前には5台くらいは駐められそうか。

ゲート手前には5台くらいは駐められそうか。

ゲート手前には5台くらいは駐められそうか。

ん? 溜め池?

ん? 溜め池?

ん? 溜め池?

いい感じに鏡ってます。

いい感じに鏡ってます。

いい感じに鏡ってます。

水面…。

水面…。

水面…。

いい感じに錆びてるな。

いい感じに錆びてるな。

いい感じに錆びてるな。

既に夏の空。

既に夏の空。

既に夏の空。

林道を進みます。

林道を進みます。

林道を進みます。

若葉〜。

若葉〜。

若葉〜。

これがミツマタか…。

これがミツマタか…。

これがミツマタか…。

桜と同じでもう終わりだね。

桜と同じでもう終わりだね。

桜と同じでもう終わりだね。

ミツマタが群生した中を進みます。
10日くらい前なら綺麗な黄色い花だったのかな。

ミツマタが群生した中を進みます。 10日くらい前なら綺麗な黄色い花だったのかな。

ミツマタが群生した中を進みます。 10日くらい前なら綺麗な黄色い花だったのかな。

青空に映えるね。

青空に映えるね。

青空に映えるね。

撮るのが難しい花だ。

撮るのが難しい花だ。

撮るのが難しい花だ。

この子はまだ若い?

この子はまだ若い?

この子はまだ若い?

リフレッシュ!

リフレッシュ!

リフレッシュ!

コケコケ〜

コケコケ〜

コケコケ〜

さてさて、山頂を目指します。

さてさて、山頂を目指します。

さてさて、山頂を目指します。

山頂への案内標識やテープがまったく無く、うろうろ。軌跡をDLしてこないと、初めての人は迷いますね。

山頂への案内標識やテープがまったく無く、うろうろ。軌跡をDLしてこないと、初めての人は迷いますね。

山頂への案内標識やテープがまったく無く、うろうろ。軌跡をDLしてこないと、初めての人は迷いますね。

取り敢えず、テキトーに行ってみることに。

取り敢えず、テキトーに行ってみることに。

取り敢えず、テキトーに行ってみることに。

少し開けたところにでる。

少し開けたところにでる。

少し開けたところにでる。

八幡山かな。

八幡山かな。

八幡山かな。

ベタな鉄塔写真。

ベタな鉄塔写真。

ベタな鉄塔写真。

この方向で合っているのか分かりませんが、尾根沿いに進むことに。

この方向で合っているのか分かりませんが、尾根沿いに進むことに。

この方向で合っているのか分かりませんが、尾根沿いに進むことに。

新緑〜。

新緑〜。

新緑〜。

若葉が透け透け。

若葉が透け透け。

若葉が透け透け。

二本目の鉄塔を通過。

二本目の鉄塔を通過。

二本目の鉄塔を通過。

ようやく道らしきところに出た。
ここまで来ることができれば問題なしかな。

ようやく道らしきところに出た。 ここまで来ることができれば問題なしかな。

ようやく道らしきところに出た。 ここまで来ることができれば問題なしかな。

今頃テープかよ…。

今頃テープかよ…。

今頃テープかよ…。

ん?

ん?

ん?

山頂に到着…達成感無し。笑

山頂に到着…達成感無し。笑

山頂に到着…達成感無し。笑

迷いながら辿ってきた軌跡。

迷いながら辿ってきた軌跡。

迷いながら辿ってきた軌跡。

山頂からの展望は無し。笑
やはり誰も居ないので、コーヒーを淹れて寛ぐことに。

山頂からの展望は無し。笑 やはり誰も居ないので、コーヒーを淹れて寛ぐことに。

山頂からの展望は無し。笑 やはり誰も居ないので、コーヒーを淹れて寛ぐことに。

切株をテーブルに。

切株をテーブルに。

切株をテーブルに。

何を撮ってんだか。

何を撮ってんだか。

何を撮ってんだか。

さて、あまりゆっくりしている時間はないので下山。

さて、あまりゆっくりしている時間はないので下山。

さて、あまりゆっくりしている時間はないので下山。

気持ちいい〜。

気持ちいい〜。

気持ちいい〜。

鉄塔をアップで。

鉄塔をアップで。

鉄塔をアップで。

若葉〜。

若葉〜。

若葉〜。

ピントが甘かった。

ピントが甘かった。

ピントが甘かった。

ミツマタ群生地まで戻ってきました。

ミツマタ群生地まで戻ってきました。

ミツマタ群生地まで戻ってきました。

若いミツマタを覗き込んでみる。

若いミツマタを覗き込んでみる。

若いミツマタを覗き込んでみる。

さらにアップで。

さらにアップで。

さらにアップで。

誰も居なくて快適。

誰も居なくて快適。

誰も居なくて快適。

林道をだらだらと下ります。

林道をだらだらと下ります。

林道をだらだらと下ります。

生き生きしてるね。

生き生きしてるね。

生き生きしてるね。

この子も。

この子も。

この子も。

送電線の鉄塔。
街中には建てられないから仕方ないか。

送電線の鉄塔。 街中には建てられないから仕方ないか。

送電線の鉄塔。 街中には建てられないから仕方ないか。

萌え萌え池まで戻ってきました。

萌え萌え池まで戻ってきました。

萌え萌え池まで戻ってきました。

下山。
ここに停めてある車の殆どの方は、ミツマタ目的で来られているので、山頂には行かれてないです。

下山。 ここに停めてある車の殆どの方は、ミツマタ目的で来られているので、山頂には行かれてないです。

下山。 ここに停めてある車の殆どの方は、ミツマタ目的で来られているので、山頂には行かれてないです。

R306を歩いて。

R306を歩いて。

R306を歩いて。

食事中。

食事中。

食事中。

道路沿いに咲く可憐な花。

道路沿いに咲く可憐な花。

道路沿いに咲く可憐な花。

体を動かすには暑い季節になってきましたね。

体を動かすには暑い季節になってきましたね。

体を動かすには暑い季節になってきましたね。

到着。
今日もザックではなく、ボディバッグで。

到着。 今日もザックではなく、ボディバッグで。

到着。 今日もザックではなく、ボディバッグで。

今回もこんな感じ。笑
久しぶりにガッツリと登ってみたいのですが…。

今回もこんな感じ。笑 久しぶりにガッツリと登ってみたいのですが…。

今回もこんな感じ。笑 久しぶりにガッツリと登ってみたいのですが…。

ところ変わって…。
自宅前の道路沿いに咲く菜の花。

ところ変わって…。 自宅前の道路沿いに咲く菜の花。

ところ変わって…。 自宅前の道路沿いに咲く菜の花。

君たちももう少しだね。

君たちももう少しだね。

君たちももう少しだね。

桜舞散る頃…。

高畑山に向かう道中、散り始めていた桜の樹を見つけてカメラを構えた。

来年も元気に咲かせてくれよ。

完全防備というか、完全に不審者…。

駐車場が無いので、R306沿いの待避場に車を駐めてスタート。

良い天気だ。

時間が遅かったので、登山口前のスペースには車がいっぱい。

ゲート手前には5台くらいは駐められそうか。

ん? 溜め池?

いい感じに鏡ってます。

水面…。

いい感じに錆びてるな。

既に夏の空。

林道を進みます。

若葉〜。

これがミツマタか…。

桜と同じでもう終わりだね。

ミツマタが群生した中を進みます。 10日くらい前なら綺麗な黄色い花だったのかな。

青空に映えるね。

撮るのが難しい花だ。

この子はまだ若い?

リフレッシュ!

コケコケ〜

さてさて、山頂を目指します。

山頂への案内標識やテープがまったく無く、うろうろ。軌跡をDLしてこないと、初めての人は迷いますね。

取り敢えず、テキトーに行ってみることに。

少し開けたところにでる。

八幡山かな。

ベタな鉄塔写真。

この方向で合っているのか分かりませんが、尾根沿いに進むことに。

新緑〜。

若葉が透け透け。

二本目の鉄塔を通過。

ようやく道らしきところに出た。 ここまで来ることができれば問題なしかな。

今頃テープかよ…。

ん?

山頂に到着…達成感無し。笑

迷いながら辿ってきた軌跡。

山頂からの展望は無し。笑 やはり誰も居ないので、コーヒーを淹れて寛ぐことに。

切株をテーブルに。

何を撮ってんだか。

さて、あまりゆっくりしている時間はないので下山。

気持ちいい〜。

鉄塔をアップで。

若葉〜。

ピントが甘かった。

ミツマタ群生地まで戻ってきました。

若いミツマタを覗き込んでみる。

さらにアップで。

誰も居なくて快適。

林道をだらだらと下ります。

生き生きしてるね。

この子も。

送電線の鉄塔。 街中には建てられないから仕方ないか。

萌え萌え池まで戻ってきました。

下山。 ここに停めてある車の殆どの方は、ミツマタ目的で来られているので、山頂には行かれてないです。

R306を歩いて。

食事中。

道路沿いに咲く可憐な花。

体を動かすには暑い季節になってきましたね。

到着。 今日もザックではなく、ボディバッグで。

今回もこんな感じ。笑 久しぶりにガッツリと登ってみたいのですが…。

ところ変わって…。 自宅前の道路沿いに咲く菜の花。

君たちももう少しだね。

類似するルートを通った活動日記