猿投山登山

2020.04.09(木) 日帰り
くくざん
くくざん

活動データ

タイム

04:33

距離

8.7km

上り

674m

下り

677m

活動詳細

もっと見る

猿投山に登ってきました。朝5時半に猿投神社の登山口をスタート。山頂には8時少し前に到着。早朝ということもあって山頂には誰もいません。シジュウカラのさえずりを聞きながらコンビニで仕入れた紅鮭おにぎりの朝食。20分ほど休んで帰ろうとするころに親子連れひと組とトレランのお兄さんがやってきました。下りでは 30人近くとすれ違いましたが、 ”3蜜” にはほど遠い世界です。10時過ぎには登山口に戻りお昼前には帰宅しました。帰り道の車の中で大村愛知県知事の記者会見をききました。愛知もどうやら”緊急事態宣言”ということになるようです。

豊田市 中心エリア 野鳥の声を聴きながら静かな林道歩き、登山口の御門杉を目指します。
野鳥の声を聴きながら静かな林道歩き、登山口の御門杉を目指します。
豊田市 中心エリア 登山道に入ると朝日がさしてきました。
登山道に入ると朝日がさしてきました。
豊田市 中心エリア 大岩展望台直下の登山道。コバノミツバツツジが咲いています。
大岩展望台直下の登山道。コバノミツバツツジが咲いています。
豊田市 中心エリア 大岩展望台からの眺めです。中央やや左に旧豊田市の最高峰焙烙山と六所山が見えています。
大岩展望台からの眺めです。中央やや左に旧豊田市の最高峰焙烙山と六所山が見えています。
豊田市 中心エリア 何かカラカラと不思議な音が聞こえてきたので見上げると、350mLの空き缶で作った ”かざぐるま” が2つ、クルクル回っていました。
何かカラカラと不思議な音が聞こえてきたので見上げると、350mLの空き缶で作った ”かざぐるま” が2つ、クルクル回っていました。
豊田市 中心エリア 標高 600m にある猿投神社奥宮のひとつ、東の宮にやってきました。
標高 600m にある猿投神社奥宮のひとつ、東の宮にやってきました。
豊田市 中心エリア 神社の右手の細く急な道を登ります。
神社の右手の細く急な道を登ります。
豊田市 中心エリア 2~3分登ると「本当の山頂(632m)」があります。あまり知られていないのか、立ち寄る人は少ないようです。
2~3分登ると「本当の山頂(632m)」があります。あまり知られていないのか、立ち寄る人は少ないようです。
豊田市 中心エリア 東の宮から山頂へは緩やかな上り下り。この道は豊田市と瀬戸市の境界となっています。
東の宮から山頂へは緩やかな上り下り。この道は豊田市と瀬戸市の境界となっています。
豊田市 中心エリア 山頂に到着。誰もいません。標識には「これより瀬戸市」とあります。
山頂に到着。誰もいません。標識には「これより瀬戸市」とあります。
豊田市 中心エリア 大テーブルを独占して朝食です。シジュウカラが1羽、どこかでしきりに鳴いていました。
大テーブルを独占して朝食です。シジュウカラが1羽、どこかでしきりに鳴いていました。
豊田市 中心エリア 春霞で遠くの山は見えません。
春霞で遠くの山は見えません。
豊田市 中心エリア 目を凝らすと白山がやっと確認できました。この写真でもよく見ると何とかわかると思います。
目を凝らすと白山がやっと確認できました。この写真でもよく見ると何とかわかると思います。
豊田市 中心エリア 帰り道、東の宮から下っていくとわずかに視界が開け、下のほうが見えるところがありました。若葉も出始めてすっかり春の色です。
帰り道、東の宮から下っていくとわずかに視界が開け、下のほうが見えるところがありました。若葉も出始めてすっかり春の色です。
豊田市 中心エリア 登山口の駐車場に戻ってきました。満車状態です。桜と若葉が陽を浴びてきれいでした。
登山口の駐車場に戻ってきました。満車状態です。桜と若葉が陽を浴びてきれいでした。

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。