白鳥山、読図講習会会場下見2020.4.6

2020.04.06(月) 日帰り
マサイ
マサイ

活動データ

タイム

06:43

距離

10.9km

上り

887m

下り

882m

チェックポイント

活動詳細

もっと見る

 5月17日(日)に、読図の基礎力を身につけたい人に集まっていただいて講習会をやりたいと思います。もちろん無料。今日会場予定地白鳥山周辺に下見に行って来ました。その下見の報告です。講習会について詳しく知りたい方はコミュニティを見てください。コミュニティで『読図』で検索していただけると出てきます。『熊本、読図塾ベーシック参加者募集』です。  白鳥山は以前遭難騒ぎがあり、道に迷いやすいところだと聞いています。

Kunimidake(Kumamoto, Miyazaki), Eboshidake 読図講習会の会場は白鳥山または国見岳の予定。まずは白鳥山御池周辺からの調査。唐谷登山口出発。
読図講習会の会場は白鳥山または国見岳の予定。まずは白鳥山御池周辺からの調査。唐谷登山口出発。
Kunimidake(Kumamoto, Miyazaki), Eboshidake この山域、ヤマシャクヤクの盗掘が多い。
この山域、ヤマシャクヤクの盗掘が多い。
Kunimidake(Kumamoto, Miyazaki), Eboshidake 登山道以外でも歩けそうだな。
登山道以外でも歩けそうだな。
Kunimidake(Kumamoto, Miyazaki), Eboshidake バイケイソウ群落。
バイケイソウ群落。
Kunimidake(Kumamoto, Miyazaki), Eboshidake 登りきるとブナ林が広がっている。御池はこの先。
登りきるとブナ林が広がっている。御池はこの先。
Kunimidake(Kumamoto, Miyazaki), Eboshidake 地形図も置いてある。
地形図も置いてある。
Kunimidake(Kumamoto, Miyazaki), Eboshidake 案内標識も整っている。
案内標識も整っている。
Kunimidake(Kumamoto, Miyazaki), Eboshidake バイケイソウ群落。
バイケイソウ群落。
Kunimidake(Kumamoto, Miyazaki), Eboshidake こんな山奥で、平家の落人は密かに暮らしていたんだ。
こんな山奥で、平家の落人は密かに暮らしていたんだ。
Kunimidake(Kumamoto, Miyazaki), Eboshidake 左中将といえば、今の自衛隊のNO3ぐらいの地位。
左中将といえば、今の自衛隊のNO3ぐらいの地位。
Kunimidake(Kumamoto, Miyazaki), Eboshidake ここは確か日本庭園といわれている所。金網で囲ってあって倒木もそのまま、荒れていくのもそのままか?
ここは確か日本庭園といわれている所。金網で囲ってあって倒木もそのまま、荒れていくのもそのままか?
Kunimidake(Kumamoto, Miyazaki), Eboshidake ヤマシャクヤク。開花はまだまだ。
ヤマシャクヤク。開花はまだまだ。
Kunimidake(Kumamoto, Miyazaki), Eboshidake カルスト地形(石灰岩が雨水などで浸食された地形)
カルスト地形(石灰岩が雨水などで浸食された地形)
Kunimidake(Kumamoto, Miyazaki), Eboshidake この辺りは、読図練習には持ってこい。
この辺りは、読図練習には持ってこい。
Kunimidake(Kumamoto, Miyazaki), Eboshidake 遭難して、この番号を連絡すれば地点が分かり、救助隊がすぐに駆け付けてくれる。ここは1580m地点。
遭難して、この番号を連絡すれば地点が分かり、救助隊がすぐに駆け付けてくれる。ここは1580m地点。
Kunimidake(Kumamoto, Miyazaki), Eboshidake ここは1581m地点から南下したところの鞍部近く。横断幕はボロボロ。
ここは1581m地点から南下したところの鞍部近く。横断幕はボロボロ。
Kunimidake(Kumamoto, Miyazaki), Eboshidake 白鳥山山頂を過ぎた所。水上越えに向かう分岐。
白鳥山山頂を過ぎた所。水上越えに向かう分岐。
Kunimidake(Kumamoto, Miyazaki), Eboshidake 石灰岩が見事。このような所では踏み跡を見失い迷いやすい。
石灰岩が見事。このような所では踏み跡を見失い迷いやすい。
Kunimidake(Kumamoto, Miyazaki), Eboshidake 銚子笠。遠くのとんがりは市房山。
銚子笠。遠くのとんがりは市房山。
Kunimidake(Kumamoto, Miyazaki), Eboshidake 拡大。遠く右のとんがりは市房山。方角を出してください。
拡大。遠く右のとんがりは市房山。方角を出してください。
Kunimidake(Kumamoto, Miyazaki), Eboshidake さあここから銚子笠に行きましょう。
さあここから銚子笠に行きましょう。
Kunimidake(Kumamoto, Miyazaki), Eboshidake 途中、石灰岩に木の根が絡んでいる。
途中、石灰岩に木の根が絡んでいる。
Kunimidake(Kumamoto, Miyazaki), Eboshidake 木の根が蔓延る尾根。
木の根が蔓延る尾根。
Kunimidake(Kumamoto, Miyazaki), Eboshidake 振り返ると白鳥山から時雨岳に伸びる稜線が見える。
振り返ると白鳥山から時雨岳に伸びる稜線が見える。
Kunimidake(Kumamoto, Miyazaki), Eboshidake 林道延伸中。向こうに銚子笠。
林道延伸中。向こうに銚子笠。
Kunimidake(Kumamoto, Miyazaki), Eboshidake 途中振り返る。
途中振り返る。
Kunimidake(Kumamoto, Miyazaki), Eboshidake これは見事なブナ。
これは見事なブナ。
Kunimidake(Kumamoto, Miyazaki), Eboshidake 銚子笠山頂。三等三角点。
銚子笠山頂。三等三角点。
Kunimidake(Kumamoto, Miyazaki), Eboshidake さあ、帰ろう。
さあ、帰ろう。
Kunimidake(Kumamoto, Miyazaki), Eboshidake 取りあえず、あの稜線まで行こう。
取りあえず、あの稜線まで行こう。
Kunimidake(Kumamoto, Miyazaki), Eboshidake 時雨岳に向かう稜線まで来て、時雨岳に向かうのは中止して駐車場むかうことにした。地図にある登山道を下って行くことにしたのだが、ここから下ったのは間違いだった。鹿の食害対策であちらこちらにネットがはってあって通れない。読図講習会では使えない。このコースは使えない。再検討だ。
時雨岳に向かう稜線まで来て、時雨岳に向かうのは中止して駐車場むかうことにした。地図にある登山道を下って行くことにしたのだが、ここから下ったのは間違いだった。鹿の食害対策であちらこちらにネットがはってあって通れない。読図講習会では使えない。このコースは使えない。再検討だ。
Kunimidake(Kumamoto, Miyazaki), Eboshidake 下山途中ネコノメソウに出会った。初めて見たのでうれしかった。
下山途中ネコノメソウに出会った。初めて見たのでうれしかった。
Kunimidake(Kumamoto, Miyazaki), Eboshidake 唐谷登山口まで戻ってきた。
唐谷登山口まで戻ってきた。
Kunimidake(Kumamoto, Miyazaki), Eboshidake 別カメラから、サクラ。
別カメラから、サクラ。
Kunimidake(Kumamoto, Miyazaki), Eboshidake 別カメラから、ミツマタ。
別カメラから、ミツマタ。
Kunimidake(Kumamoto, Miyazaki), Eboshidake 別カメラから、?
別カメラから、?
Kunimidake(Kumamoto, Miyazaki), Eboshidake 別カメラから、ネコノメソウ。
別カメラから、ネコノメソウ。
Kunimidake(Kumamoto, Miyazaki), Eboshidake 別カメラから、トサコバイモ。
別カメラから、トサコバイモ。
Kunimidake(Kumamoto, Miyazaki), Eboshidake 別カメラから、トサコバイモ。
別カメラから、トサコバイモ。
Kunimidake(Kumamoto, Miyazaki), Eboshidake 別カメラから、シキミ。
別カメラから、シキミ。
Kunimidake(Kumamoto, Miyazaki), Eboshidake 別カメラから、ヤマシャクヤク蕾。
別カメラから、ヤマシャクヤク蕾。
Kunimidake(Kumamoto, Miyazaki), Eboshidake 別カメラから、白鳥山手前、ドリーネが更に崩れ、鍾乳洞の入り口か。
別カメラから、白鳥山手前、ドリーネが更に崩れ、鍾乳洞の入り口か。

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。

てんきとくらす