雪の九重、法華院温泉、坊がつるトレッキング

2014.02.23(日) 09:00 - 2014.02.23(日) 14:11
 雪の九重、ラストチャンスと思い足を向けました。今回はピークハントは避け、長者原から諏峨守越え、法華院温泉、坊がつる、雨ケ池越え、長者原のトレッキングをしました。というのは、これまで散々九重に行きながら法華院温泉に入ったことがなかったからです。トレースが心配だったので諏峨守越えまでは車道を中心に進みました。雪道ですので多少時間はかかりましたが、北千里浜経由で無事法華院山荘到着。最後は狭いトレースを急下りですので、登山者と道を譲り合いお互いに注意するように声かけながら慎重に進みました。  シーズンオフですので山荘はガラガラ、貸切状態で特別室でカレーを頂き、待望の温泉に入りました。温泉も貸切状態で何と、浴槽から大船山や平治岳が望めます。但し、皆さんご存知だと思いますが、環境配慮上、石鹸、シャンプーの使用は禁止ですので汗を流すだけです。法華院山荘を後にして九重の山々を望みながら、雨ヶ池越えルートで長者原に戻ります。頂上からの景色も素敵ですが、坊がつるから九重の山々が眺望できるので、雪の中でゆったりとしたトレッキングができました。  但し、最後にハプニングが発生。私のザックの雨蓋の間に入れていた同行者のゴアの上着がいつのまにか脱落していました。慌ててて戻り返しましたがラッキーなことに10分程度の戻り返しで無事発見しました。しかしトレラン状態で走り登ったので大汗をかいて温泉の汗流しが台無しに。なぜ落ちたか良くわかりませんが皆様ご注意を。  なお、法華院山荘の写真撮影&掲載はスタッフの許可を当然得ていますが、詳しくはHPを検索して下さい。

写真

知る人ぞ知る法華院温泉、待望の初入湯です

知る人ぞ知る法華院温泉、待望の初入湯です

長者原の登山口の平治号の銅像と硫黄山の噴煙、今日は晴天で眺望が期待されます

長者原の登山口の平治号の銅像と硫黄山の噴煙、今日は晴天で眺望が期待されます

登山道のトレースが心配だったので車道を進みました、腰抜けです

登山道のトレースが心配だったので車道を進みました、腰抜けです

硫黄山の噴煙と久住山、間違っていたらごめんなさい

硫黄山の噴煙と久住山、間違っていたらごめんなさい

諏峨守越から三俣山を望む、この日は敢えてピークハントはしませんでした

諏峨守越から三俣山を望む、この日は敢えてピークハントはしませんでした

北千里浜、トレースがあるのが頼もしいですね

北千里浜、トレースがあるのが頼もしいですね

ようやく法華院山荘が見えてきました、急下りがありますので慎重に

ようやく法華院山荘が見えてきました、急下りがありますので慎重に

法華院山荘食堂内の本棚、山ほど山の本があります、オヤジ駄じゃれ

法華院山荘食堂内の本棚、山ほど山の本があります、オヤジ駄じゃれ

特別室内には九重主峰の水彩画がありました

特別室内には九重主峰の水彩画がありました

飛び込みでも食事が出来ます。メニューは限られていますがカレーを注文

飛び込みでも食事が出来ます。メニューは限られていますがカレーを注文

2階の客室、オフシーズンですので布団は上げてありますのが、かなりの収容能力がありそうです

2階の客室、オフシーズンですので布団は上げてありますのが、かなりの収容能力がありそうです

本日の一番の目的、法華院温泉、浴室内から大船山が望めます、一汗流しましたがこの後大汗を再度かいてしまいましたので温泉の癒しが台無しに

本日の一番の目的、法華院温泉、浴室内から大船山が望めます、一汗流しましたがこの後大汗を再度かいてしまいましたので温泉の癒しが台無しに

法華院山荘を後にします

法華院山荘を後にします

坊がつる、大船山方面が望めます、何度か登りましたが今年は紅葉の時期の10月初旬を狙っています

坊がつる、大船山方面が望めます、何度か登りましたが今年は紅葉の時期の10月初旬を狙っています

雨ヶ池越の途中から振り返った大船山、平治岳、坊がつる

雨ヶ池越の途中から振り返った大船山、平治岳、坊がつる

雨ヶ池、春から夏は貴重な植物が見られます

雨ヶ池、春から夏は貴重な植物が見られます

雨が池の木道のトレース、踏み外すと奈落の底に

雨が池の木道のトレース、踏み外すと奈落の底に

最後に私の大好きな沸蓋山です

最後に私の大好きな沸蓋山です

コメント

読み込み中...

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。 報告フォームはこちら

登山ほけん

1日単位で入れる YAMAP登山ほけん

週末の登山に、1日250円から入れる手軽なYAMAP登山ほけん。