大神ヶ岳・赤谷山登山

2020.03.31(火) 日帰り
ハマKBT
ハマKBT

チェックポイント

活動詳細

もっと見る

 今回も、地元の山にソロで登山。いつかは登ってみたかった大神ヶ岳(だいじんがたけ)ものすごく強そうな名前。匹見から三葛に向かう道の途中左折して、狭い道を上ると登山口に到着する。  鳥居をくぐって、登山道を登っていく。最初は杉林。山頂の手前に、くにびき国体の聖火の採火場所がある。ここは神聖な山なのだ。そして、そこには巨岩群がどーんと眼前にそびえ立っていた。結構な迫力。ぐるっとまわって、その岩の上に上ることができる。当然上ってみる。大神ヶ岳山頂到着。三角点はよくわからなかったが、YAMAPの地図では山頂となっている。よしとしよう。高度感がすごい。写真ではちょっとわかりにくいが、垂直に40mぐらい切り立っている。落ちたらアウト。でも、こういう場所好きなんだなあ~。  途中から、小雨が降り始める。すぐにレインウエアを着て対応。  その後、赤谷山へ縦走。一旦下り、そして、また上る。赤谷山山頂手前で、再び巨岩。ここもなかなかの迫力。山頂で写真を撮って、ピストン。  途中、黒い動物が突然現れ、「あっ!!」と思わず声が出る。ついに熊との遭遇か!と思ってよく見たら、犬だった。恥ずかしい・・・。すぐ後ろから飼い主が登ってきた。  上りでは行っていなかった展望所に行ってみる。なかなかいい景色。景色を楽しんでいると、さっきの方がドローンを取り出した。面白そうなので、ちょっと見させてもらい写真を撮らせてもらう。YAMAPのUPもOKをいただく。ドローン、面白そう。  再び、大神ヶ岳に向かう。断崖絶壁の岩の上での昼食。贅沢だ~。  しっかり、高度感を味わって下山。    おまけ。自宅までの間で春を感じる場所の撮影。春だ~。 

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。

てんきとくらす