大轟山(宇佐百山)~熊ノ頭周回(宇佐市)-2020-03-25

2020.03.25(水) 日帰り

2010年によっちゃんのレポをみて、ずっと気になっていた宇佐市の大轟山! 昨年、大轟山~熊ノ頭を周回してるYAMAPを見つけたので、 軌跡をDLしようと思っていたら、活動日記にアクセスできなくなっていた と思ったら、山友のjinashiさんがピストンで登っていたので、DLして周回してみた。 ピンクリボンがしっかり付いていて、大轟山から熊ノ頭の間の起伏の緩い場所も迷わなかった。 付けてくれた方に感謝です 熊ノ頭の山頂標識には「クマンズク山」とあったが、 ネットで調べたら「熊ノ頭」なのでこちらを使用した。

安心院の県道42号の家族旅行村入口の信号から350m先(西)の交差点を右折

安心院の県道42号の家族旅行村入口の信号から350m先(西)の交差点を右折

安心院の県道42号の家族旅行村入口の信号から350m先(西)の交差点を右折

県道から2キロで南下橋を渡ったらすぐに左折

県道から2キロで南下橋を渡ったらすぐに左折

県道から2キロで南下橋を渡ったらすぐに左折

この看板の十字路を右に上がる

この看板の十字路を右に上がる

この看板の十字路を右に上がる

広瀬台橋の手前に駐車

広瀬台橋の手前に駐車

広瀬台橋の手前に駐車

広瀬台橋から高速を見下ろす

広瀬台橋から高速を見下ろす

広瀬台橋から高速を見下ろす

渡り終えたら防獣柵に「大轟山へ」の看板。キチンと錠を掛けましょう。

渡り終えたら防獣柵に「大轟山へ」の看板。キチンと錠を掛けましょう。

渡り終えたら防獣柵に「大轟山へ」の看板。キチンと錠を掛けましょう。

舗装が終わって山道に取付く

舗装が終わって山道に取付く

舗装が終わって山道に取付く

取付きから6分で分岐。左は熊ノ頭へ。まずは右の大轟山へ。

取付きから6分で分岐。左は熊ノ頭へ。まずは右の大轟山へ。

取付きから6分で分岐。左は熊ノ頭へ。まずは右の大轟山へ。

左の樹間から熊ノ頭山頂を仰ぐ

左の樹間から熊ノ頭山頂を仰ぐ

左の樹間から熊ノ頭山頂を仰ぐ

分岐から14分で左手に沼が現れる

分岐から14分で左手に沼が現れる

分岐から14分で左手に沼が現れる

沼からそのまま踏み跡を進んだらリボンがなくなった。左(右に訂正)の尾根に上がるとリボン復活。

沼からそのまま踏み跡を進んだらリボンがなくなった。左(右に訂正)の尾根に上がるとリボン復活。

沼からそのまま踏み跡を進んだらリボンがなくなった。左(右に訂正)の尾根に上がるとリボン復活。

四等三角点(大轟 278.33m)がある山頂

四等三角点(大轟 278.33m)がある山頂

四等三角点(大轟 278.33m)がある山頂

そのまま東に進んでしまい引き返す。山頂から北北西の尾根を下る。

そのまま東に進んでしまい引き返す。山頂から北北西の尾根を下る。

そのまま東に進んでしまい引き返す。山頂から北北西の尾根を下る。

鞍部に着いたら左方向へ。鞍部からは、熊ノ頭の東尾根を緩やかに登る。

鞍部に着いたら左方向へ。鞍部からは、熊ノ頭の東尾根を緩やかに登る。

鞍部に着いたら左方向へ。鞍部からは、熊ノ頭の東尾根を緩やかに登る。

咲き始めの桜越しに熊ノ頭山頂

咲き始めの桜越しに熊ノ頭山頂

咲き始めの桜越しに熊ノ頭山頂

おっ、満開

おっ、満開

おっ、満開

突然現れる不思議な石

突然現れる不思議な石

突然現れる不思議な石

明るくなった山頂手前

明るくなった山頂手前

明るくなった山頂手前

大轟山から32分で274mの熊ノ頭山頂。標石のない標高点のはずなのに、標石らしき石柱がある??

大轟山から32分で274mの熊ノ頭山頂。標石のない標高点のはずなのに、標石らしき石柱がある??

大轟山から32分で274mの熊ノ頭山頂。標石のない標高点のはずなのに、標石らしき石柱がある??

山頂全景。

山頂全景。

山頂全景。

一休みして西へ下る。津房川と妙見山~石山。

一休みして西へ下る。津房川と妙見山~石山。

一休みして西へ下る。津房川と妙見山~石山。

芽吹き

芽吹き

芽吹き

振り返って・・・激下り

振り返って・・・激下り

振り返って・・・激下り

段々畑跡

段々畑跡

段々畑跡

大轟山との分岐に戻った

大轟山との分岐に戻った

大轟山との分岐に戻った

安心院の県道42号の家族旅行村入口の信号から350m先(西)の交差点を右折

県道から2キロで南下橋を渡ったらすぐに左折

この看板の十字路を右に上がる

広瀬台橋の手前に駐車

広瀬台橋から高速を見下ろす

渡り終えたら防獣柵に「大轟山へ」の看板。キチンと錠を掛けましょう。

舗装が終わって山道に取付く

取付きから6分で分岐。左は熊ノ頭へ。まずは右の大轟山へ。

左の樹間から熊ノ頭山頂を仰ぐ

分岐から14分で左手に沼が現れる

沼からそのまま踏み跡を進んだらリボンがなくなった。左(右に訂正)の尾根に上がるとリボン復活。

四等三角点(大轟 278.33m)がある山頂

そのまま東に進んでしまい引き返す。山頂から北北西の尾根を下る。

鞍部に着いたら左方向へ。鞍部からは、熊ノ頭の東尾根を緩やかに登る。

咲き始めの桜越しに熊ノ頭山頂

おっ、満開

突然現れる不思議な石

明るくなった山頂手前

大轟山から32分で274mの熊ノ頭山頂。標石のない標高点のはずなのに、標石らしき石柱がある??

山頂全景。

一休みして西へ下る。津房川と妙見山~石山。

芽吹き

振り返って・・・激下り

段々畑跡

大轟山との分岐に戻った