日照岳~福島保木トンネル南口から

2020.03.21(土) 日帰り
どーふん
どーふん

活動データ

タイム

07:35

距離

7.7km

上り

1103m

下り

1103m

チェックポイント

活動詳細

もっと見る

久々に日照岳に行ってきました。昨日(?)雪が降ったようで、登り始めから薄っすら雪が。沢を渡ったところでスノーシューを装着。朝は冷え込んでいたのに、気温が上昇して雪はグサグサ…。たまらず、登りはテールを付け、若干は沈まなくなったかと。腐り雪の急登に加え、ヤブヤブで体力を消耗。ヘロヘロで山頂に着くと、今度は強風が…。風は休憩していると、治まってきました。天気はいいので、西峰までお散歩。山頂付近は、締まった雪の上に新雪が載って、とても歩きやすい。日照から西峰までは、景色の良い気持ちのいい雪原が続いていておススメです。下りは、P1534の下までスノーシュー履いていきました。滑りまくりで、アイゼンに変えると、今度は踏み抜き地獄…。ヤブヤブは相変わらずと、登りも下りもとても疲れましたが、山頂部の雪原が歩けて良かったです。

日照岳 ここまではしっかりペンキマークとテープあり。
ここまではしっかりペンキマークとテープあり。
日照岳 P1534あたり。まだまだあります。
P1534あたり。まだまだあります。
日照岳 ヤブヤブです。サングラスをせずに歩いていたら、枝が目に…。その後は、しっかり着用していきました。
ヤブヤブです。サングラスをせずに歩いていたら、枝が目に…。その後は、しっかり着用していきました。
日照岳 P1534を越えると、傾斜も多少緩やかになり、ヤブも少なくなるので、歩きやすくなります。
P1534を越えると、傾斜も多少緩やかになり、ヤブも少なくなるので、歩きやすくなります。
日照岳 保谷南尾根のP1645。ピーク右側の鞍部で、以前雪庇崩落で亡くなられた方が…。こちらの尾根から登られた方と少しお話をしましたが、ご存じないとの事でした。数年前までは、www.geocities.jp > トップページ > 遭難報告書 、に記録がありました。今日は私とその方だけだったようです。
保谷南尾根のP1645。ピーク右側の鞍部で、以前雪庇崩落で亡くなられた方が…。こちらの尾根から登られた方と少しお話をしましたが、ご存じないとの事でした。数年前までは、www.geocities.jp > トップページ > 遭難報告書 、に記録がありました。今日は私とその方だけだったようです。
日照岳 御岳乗鞍。
御岳乗鞍。
日照岳 山頂到着。白山が素晴らしい…。
山頂到着。白山が素晴らしい…。
日照岳 保谷南尾根は痩せ尾根で厳しそう…。行くことはないと思いますが…。
保谷南尾根は痩せ尾根で厳しそう…。行くことはないと思いますが…。
日照岳 山頂は強風…。今日はREVOで。腐り気味の雪質だったので、登りはテールを付けました。
山頂は強風…。今日はREVOで。腐り気味の雪質だったので、登りはテールを付けました。
日照岳 天気がいいので、西峰まで行ってみます。
天気がいいので、西峰まで行ってみます。
日照岳 大日が岳。
大日が岳。
日照岳 西峰までは気持ちいい雪原です。
西峰までは気持ちいい雪原です。
日照岳 日照(東峰)のピーク。
日照(東峰)のピーク。
日照岳 猿ヶ馬場方面。
猿ヶ馬場方面。
日照岳 西峰と別山。
西峰と別山。
日照岳 西峰到着。
西峰到着。
日照岳 別山。
別山。
日照岳 野伏かな?
野伏かな?
日照岳 白山。
白山。
日照岳 北ア方面には雲が…。午後になるほど天気が良くなったようです。
北ア方面には雲が…。午後になるほど天気が良くなったようです。
日照岳 別山。
別山。
日照岳 雪のラインがきれいです。
雪のラインがきれいです。
日照岳 三方崩。
三方崩。
日照岳 下山時に再度、猿ヶ馬場方面。
下山時に再度、猿ヶ馬場方面。
日照岳 北ア。少しははっきりしてきたかな…。このあとは地獄が。。。
北ア。少しははっきりしてきたかな…。このあとは地獄が。。。

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。

てんきとくらす