小荒島岳-2020-03-21

2020.03.21(土) 日帰り
moyoro
moyoro

活動データ

タイム

05:01

距離

7.5km

上り

872m

下り

868m

チェックポイント

活動詳細

もっと見る

ガソリンがずいぶん下がったので、少し遠出をしてもという状況になってきた。時期が一寸早めだが雪も少ないので姥ヶ岳に出かけることにする。 ところが麻那姫湖堰堤管理所より先がバリケードで通行できなくなっている。例年中島の分岐でバリケードがあっても横からすり抜けられるので、須原には行けたのだが、これではどうしようもない。代わりの山はどこにするか。銀杏峰は先日登ったし、飯降山では少しさみしい。そこで荒島岳の中出コースから登ってみよう。この時間からでは山頂までは無理だが、先日勝原コースから登頂しているので小荒島岳か石楠花平まででよい。

荒島岳 中出駐車場に到着。10台位駐車されている。私が最後だろう。
中出駐車場に到着。10台位駐車されている。私が最後だろう。
荒島岳 トイレ兼登山届所で届を書き出発。
トイレ兼登山届所で届を書き出発。
荒島岳 林道横の慈水観音。
林道横の慈水観音。
荒島岳 ここが登山口。ここにも数台駐車。
ここが登山口。ここにも数台駐車。
荒島岳 長い林道歩きだが、ここから山道へ。
長い林道歩きだが、ここから山道へ。
荒島岳 数回林道を横切り林道も終わる。
数回林道を横切り林道も終わる。
荒島岳 少し雪が現れてきた。谷筋の道を行く。
少し雪が現れてきた。谷筋の道を行く。
荒島岳 平坦になる。
平坦になる。
荒島岳 峠のようなところから谷に下る。以前雪が多い時左の尾根を登り稜線に出たが、藪で苦労した。今日は雪がなく不可能。
峠のようなところから谷に下る。以前雪が多い時左の尾根を登り稜線に出たが、藪で苦労した。今日は雪がなく不可能。
荒島岳 谷から登り返し稜線に出る。
谷から登り返し稜線に出る。
荒島岳 前に小荒島岳が近くなってきた。
前に小荒島岳が近くなってきた。
荒島岳 急坂を上って行く。
急坂を上って行く。
荒島岳 見晴らしがよくなってきた。先日登った銀杏峰。下に先ほど行った麻那姫湖のダム。
見晴らしがよくなってきた。先日登った銀杏峰。下に先ほど行った麻那姫湖のダム。
荒島岳 後ろに大野平野。
後ろに大野平野。
荒島岳 積雪期には尾根を直登して小荒島岳を通過するのだが、雪も少なく夏道の巻き道を行く。分岐から右に少し上ると山頂。
積雪期には尾根を直登して小荒島岳を通過するのだが、雪も少なく夏道の巻き道を行く。分岐から右に少し上ると山頂。
荒島岳 山頂到着。
山頂到着。
荒島岳 今日登れなかった?荒島岳の雄姿。
今日登れなかった?荒島岳の雄姿。
荒島岳 今日登る予定だった右姥ヶ岳と左に能郷白山。
今日登る予定だった右姥ヶ岳と左に能郷白山。
荒島岳 もう12時30分になったので、荒島岳を見ながら昼食にしよう。
もう12時30分になったので、荒島岳を見ながら昼食にしよう。
荒島岳 今日も真っ白な白山が。
今日も真っ白な白山が。
荒島岳 アップで。
アップで。
荒島岳 パノラマ。
パノラマ。
荒島岳 今日はこれで下山としよう。
下りは積雪期はこの尾根を歩くのだがひどい藪で通行不能。夏道を下る。
今日はこれで下山としよう。 下りは積雪期はこの尾根を歩くのだがひどい藪で通行不能。夏道を下る。
荒島岳 このコース私が最後と思ったのだが、まだ次々登ってくる。
このコース私が最後と思ったのだが、まだ次々登ってくる。
荒島岳 林道まで戻ってきた。
林道まで戻ってきた。
荒島岳 里山はいろいろ花が咲いてきたが、ここはまだ少し先だ。今日唯一の花のイチゲ。
里山はいろいろ花が咲いてきたが、ここはまだ少し先だ。今日唯一の花のイチゲ。
荒島岳 駐車場に戻ってきた。山頂には行けなかったが、十分楽しむことができた。私の年になると足も衰えるので、このように山頂にこだわらない山登りも考えてゆこう。
駐車場に戻ってきた。山頂には行けなかったが、十分楽しむことができた。私の年になると足も衰えるので、このように山頂にこだわらない山登りも考えてゆこう。

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。

てんきとくらす