信仰の山、羽山と羽黒山ミニ縦走

2020.03.21(土) 日帰り

活動データ

タイム

03:32

距離

4.8km

上り

394m

下り

392m

チェックポイント

活動詳細

もっと見る

相馬市の羽黒山(346m)はうつくしま百名山ですが、羽山からのルートは不明瞭らしい。Monmo【奥田博の山紀行】vol.60でも「地図読みが試されるコースである。」とある。こんな時に役に立つのがYAMAP の活動日記ですね。今回は寅マスターさんの軌跡を辿る事にしました。(寅マスターさんm(_ _)m ありがとうございます。) 常磐自動車道の側道に車を止め、先ずは県内に17山ある一つの「羽山」へ向かいます。側道からプラスチックの階段を登ると常磐道の先に太平洋が見えて来る。尾根に出ると最初は道も分かりやすいが次第に急になりハッキリしなくなる。杉林の間をほぼ真っ直ぐ登っていく。 約40分で羽山(276m)山頂到着。小さな祠がある。羽黒山の羽黒権現は元はこの羽山に鎮座していたので元羽黒又は本羽黒とも称したらしい。山頂から北に鹿狼山が樹間越しに見えるが展望は良くないです。 ここからが問題です。南西に向かって降りて行きますが、ハッキリした道型は無いが良く見ると歩いた跡が分かります。笹藪も足下を見ると良い。軌跡を辿るとイワウチワが咲きはじめていた。 片側が刈り払われた所を進むとピークになるが、ここから作業道に出るルートが分からない。結構な斜面を下るので注意です。右手の作業道に出れば安心です。(Monmoでは作業道の途中に下山入口があると書いてあったが見つけられなかった。)道なりに進むと赤い大きな出羽神社の鳥居が見えて来ます。鳥居の前は広場になっていて、地図では道路に繋がっているので車で来れそうです。 鳥居から登って行くと何となく分岐らしき地点を左に進むと、また鳥居がありその先に羽黒神社があります。また山頂の三角点は神社の後ろにある。ここからも展望はあまり無いが、東の方には樹間の間から、先に登った羽山と相馬市内の先に太平洋が望める。しばし昼食休憩する。 下山はまず最初の鳥居まで戻るが、その先が問題だ。軌跡は南へと下りているが道は無いが適当に下りると沢沿いを進むようだ。沢の水量は多く無いので渡渉出来るが、小さな滝を越すのに斜面に登るが急で滑るので注意する。再度沢に下り沢の左手に渡渉し進むと間もなく広い作業道の終点にでる。この間陽当たりの良い所にイワウチワとキクザキイチゲが咲いています。 舗装道路になり羽黒山に登ろうと下見に来ていた人に会ったのが今日最初で最後の人でした。またその先に「羽黒霊泉」と言う建物があるが営業しているのだろうか?また進むと左手に鳥居がある。羽黒神社の鳥居で作業道から下山するとここに出るのだろう。 3時間半で周回し常磐道側道に戻りました。花が咲きはじめて春を感じました。しかし羽黒山は里山だと侮れないスリルのある山歩きでした。

相馬市 常磐自動車道の側道を北に進む。
常磐自動車道の側道を北に進む。
相馬市 プラスチック製の階段を登る。
プラスチック製の階段を登る。
相馬市 階段上から常磐道と太平洋を望む。
階段上から常磐道と太平洋を望む。
相馬市 尾根に上がる。
尾根に上がる。
相馬市 スミレが咲いていました。
スミレが咲いていました。
相馬市 最初ははなだらか。
最初ははなだらか。
相馬市 今年初のカタクリが一輪咲いていた。
今年初のカタクリが一輪咲いていた。
相馬市 石柱には文字が彫られている。
石柱には文字が彫られている。
相馬市 羽山への登りはかなりの急坂です。
羽山への登りはかなりの急坂です。
相馬市 山頂が見えた。
山頂が見えた。
相馬市 山頂には小さな祠がある。
山頂には小さな祠がある。
相馬市 樹間から鹿狼山が見えた。
樹間から鹿狼山が見えた。
相馬市 羽山274.9m
羽山274.9m
相馬市 「羽山四等三角点」タッチ。
「羽山四等三角点」タッチ。
相馬市 羽黒山に向かいます。
羽黒山に向かいます。
相馬市 ここにも石柱がある。
ここにも石柱がある。
相馬市 鹿狼山が見えた。
鹿狼山が見えた。
相馬市 笹藪が出てきた。
笹藪が出てきた。
相馬市 下から見ると歩いた跡が見える。
下から見ると歩いた跡が見える。
相馬市 イワウチワの花が開きかけている。
イワウチワの花が開きかけている。
相馬市 開いている花もあります。
開いている花もあります。
相馬市 左側は刈り払われている。このピンテは何だろう?場所毎にナンバーが違う。地図の登山道と下山入口は左手側になっている。
左側は刈り払われている。このピンテは何だろう?場所毎にナンバーが違う。地図の登山道と下山入口は左手側になっている。
相馬市 作業道に出るまでの斜面に咲いていた花。
作業道に出るまでの斜面に咲いていた花。
相馬市 州浜草でしょうか?
州浜草でしょうか?
相馬市 ヤブレガサ
ヤブレガサ
相馬市 作業道に出ました。羽黒山まで続いています。
作業道に出ました。羽黒山まで続いています。
相馬市 赤い鳥居が見えてきた。
赤い鳥居が見えてきた。
相馬市 鳥居には出羽神社とある。
鳥居には出羽神社とある。
相馬市 5分程で再び鳥居があり出羽神社のある山頂です。
5分程で再び鳥居があり出羽神社のある山頂です。
相馬市 出羽神社の社殿。
出羽神社の社殿。
相馬市 なかなか立派な社殿です。
なかなか立派な社殿です。
相馬市 左手にも祠がある。
左手にも祠がある。
相馬市 社殿の後ろに「羽黒山四等三角点」タッチ。
社殿の後ろに「羽黒山四等三角点」タッチ。
相馬市 出羽神社の由来が書いてある。現在の社殿は平成四年の落成らしい。
出羽神社の由来が書いてある。現在の社殿は平成四年の落成らしい。
相馬市 山頂からの眺望は今一つです。左のこんもりした山が羽山で、太平洋も見える。
山頂からの眺望は今一つです。左のこんもりした山が羽山で、太平洋も見える。
相馬市 桜の木に登頂記念の絵馬が吊るしてあった。
桜の木に登頂記念の絵馬が吊るしてあった。
相馬市 鳥居の前で記念撮影。
鳥居の前で記念撮影。
相馬市 スミレ
スミレ
相馬市 スミレ
スミレ
相馬市 「法華経一字一石供養塔」江戸時代の石仏や祠が並ぶ。飢饉の年の「享保」の文字が刻まれているとのことです。
「法華経一字一石供養塔」江戸時代の石仏や祠が並ぶ。飢饉の年の「享保」の文字が刻まれているとのことです。
相馬市 最初の鳥居に戻る。
最初の鳥居に戻る。
相馬市 南に地図の破線はあるが入口が分からず、笹藪を下ります。
南に地図の破線はあるが入口が分からず、笹藪を下ります。
相馬市 杉林の小さな沢を下る。
杉林の小さな沢を下る。
相馬市 正面に沢が見えたら左に折れます。
正面に沢が見えたら左に折れます。
相馬市 沢沿いを渡渉しながら進む。
沢沿いを渡渉しながら進む。
相馬市 この辺は何処を歩いて良いか分かりにくい。
この辺は何処を歩いて良いか分かりにくい。
相馬市 キクザキイチゲ(青)が開きそう。
キクザキイチゲ(青)が開きそう。
相馬市 陽当たりの良い所では開花してます。
陽当たりの良い所では開花してます。
相馬市 今年初めて花を楽しめました。
今年初めて花を楽しめました。
相馬市 斜面のトラバースが掴まる物が無くて結構怖いです。
斜面のトラバースが掴まる物が無くて結構怖いです。
相馬市 イワウチワが咲きはじめ。
イワウチワが咲きはじめ。
相馬市 キクザキイチゲ(白)
キクザキイチゲ(白)
相馬市 たくさん咲いてます。
たくさん咲いてます。
相馬市 可憐ですね。
可憐ですね。
相馬市 こんな感じの沢が続く。
こんな感じの沢が続く。
相馬市 最後は沢の左岸にルートがある。
最後は沢の左岸にルートがある。
相馬市 広い作業道の終点に出ます。
広い作業道の終点に出ます。
相馬市 作業道終点から下りて来た方を振り返る。
作業道終点から下りて来た方を振り返る。
相馬市 あとは沢沿いの広い作業道の一本道です。
あとは沢沿いの広い作業道の一本道です。
相馬市 大きくなった蕗の薹の花。
大きくなった蕗の薹の花。
相馬市 ネコノメソウ
ネコノメソウ
相馬市 神泉湯「羽黒霊泉」伝統三百年の名湯とあるけど営業しているのかな?
神泉湯「羽黒霊泉」伝統三百年の名湯とあるけど営業しているのかな?
相馬市 出羽神社の鳥居。羽山から羽黒山への作業道の下山入口から通じているらしい。
出羽神社の鳥居。羽山から羽黒山への作業道の下山入口から通じているらしい。
相馬市 道路沿いにニリンソウが一輪だけ咲いていた。
道路沿いにニリンソウが一輪だけ咲いていた。
相馬市 ハコベも咲いてます。
ハコベも咲いてます。

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。

てんきとくらす