三上山から田中山へ

2016.11.20(日) 08:50 - 2016.11.20(日) 13:04
霧の濃い朝でした。鈴鹿に遠征しようともくろんでましたが、電車も止まるほどの濃霧で高速道路もやばいかな?ということで、自宅から20分の近場、三上山へ。今日は6回目の三上山でできるだけロングコースを歩こうと決めました。 御上神社に車を置いて、裏登山道で登り、希望ヶ丘・近江富士花緑公園側へ下りました。この公園の紅葉が素晴らしいという情報が入っていたので、いったん公園内に入り、紅葉を楽しんでから北尾根縦走路に乗って、田中山まで縦走しました。最後は旗振山から国道に下がり、国道を歩いて駐車地まで戻りました。これでも10kmに満たない距離です。10kmは超えたかったんですが、ちっちゃなこの山塊では厳しいですね^^ いろんなところから眺めた三上山の姿は、 http://minaphm.wktk.so/shigamts/mikami/mikami0.html#mikami をご覧ください。

写真

御上神社の駐車場から。霧が濃いのですが、急に山頂が見えてきました。

御上神社の駐車場から。霧が濃いのですが、急に山頂が見えてきました。

御上神社。国宝の本殿はこの後ろです。

御上神社。国宝の本殿はこの後ろです。

三上山は御神体山。

三上山は御神体山。

裏登山道への途中。お茶の花が咲いてます。

裏登山道への途中。お茶の花が咲いてます。

お茶の葉に小さなカタツムリ。

お茶の葉に小さなカタツムリ。

横に大きなカタツムリもいました。こんな大きなの見るのは久しぶりです。

横に大きなカタツムリもいました。こんな大きなの見るのは久しぶりです。

天保義民碑。天保時代、命をかけて郷土を守ろうとしたこの地の庄屋さんをたたえて。

天保義民碑。天保時代、命をかけて郷土を守ろうとしたこの地の庄屋さんをたたえて。

義民碑の横のモミジです。

義民碑の横のモミジです。

裏登山道の入り口です。

裏登山道の入り口です。

最初は緩い道ですが・・・

最初は緩い道ですが・・・

徐々にきつくなり・・・

徐々にきつくなり・・・

鞍部手前ではこの角度。

鞍部手前ではこの角度。

雄山と雌山の鞍部に到着です。ここは、打越と呼ばれています。

雄山と雌山の鞍部に到着です。ここは、打越と呼ばれています。

ここからは岩だらけの滑りやすい道。今日は濡れているので特に注意です。

ここからは岩だらけの滑りやすい道。今日は濡れているので特に注意です。

岩と木の根っこの登り道はしばらく続きます。

岩と木の根っこの登り道はしばらく続きます。

この大きな岩は、右を回り込みます。

この大きな岩は、右を回り込みます。

表登山道でよく見る手すり。裏登山道にあったっけ?と思いながらよく見ると、今年設置されたものでした。ありがたいですよね〜、いろいろ整備していただいて。

表登山道でよく見る手すり。裏登山道にあったっけ?と思いながらよく見ると、今年設置されたものでした。ありがたいですよね〜、いろいろ整備していただいて。

南峰の山頂の祠です。三上山はちょっとだけ双耳峰になっています。

南峰の山頂の祠です。三上山はちょっとだけ双耳峰になっています。

こちらが北峰、ほんとの山頂です。

こちらが北峰、ほんとの山頂です。

山頂にある御上神社奥社。

山頂にある御上神社奥社。

霧に霞む下界です。新幹線が走っています。

霧に霞む下界です。新幹線が走っています。

これは栗東の安養寺山。

これは栗東の安養寺山。

比叡山です。琵琶湖の南湖が雲海の下。完全に霧に包まれています。

比叡山です。琵琶湖の南湖が雲海の下。完全に霧に包まれています。

希望ヶ丘方面に下ります。

希望ヶ丘方面に下ります。

急な階段の下山路です。

急な階段の下山路です。

近江富士花緑公園に入りました。県立の公園です。

近江富士花緑公園に入りました。県立の公園です。

落ち葉がきれいです。

落ち葉がきれいです。

天狗岩。確かに見事なお鼻です。

天狗岩。確かに見事なお鼻です。

ハゼノキが真っ赤に。

ハゼノキが真っ赤に。

こんな感じの遊歩道を進みます。

こんな感じの遊歩道を進みます。

カエデも見事に。

カエデも見事に。

しばらくみとれました。

しばらくみとれました。

黄色も混じっていい感じ。

黄色も混じっていい感じ。

コバノミツバツツジが狂い咲き。

コバノミツバツツジが狂い咲き。

この黄葉は何の木でしょうか?

この黄葉は何の木でしょうか?

針葉樹が紅葉してました。落羽松(ラクウショウ)というスギ科の樹です。

針葉樹が紅葉してました。落羽松(ラクウショウ)というスギ科の樹です。

三上山が見えてきました。ツンツン。あっ、ヤマップの影響受けちゃった😄

三上山が見えてきました。ツンツン。あっ、ヤマップの影響受けちゃった😄

ここで東光寺峠、北尾根縦走路にに向かいます。

ここで東光寺峠、北尾根縦走路にに向かいます。

ドウダンツツジも真っ赤ですね。

ドウダンツツジも真っ赤ですね。

きれいな道です。

きれいな道です。

東光寺峠。ここからは北尾根縦走路。

東光寺峠。ここからは北尾根縦走路。

何度見てもいい形ですねぇ。

何度見てもいい形ですねぇ。

こちらは紅葉の妙光寺山。

こちらは紅葉の妙光寺山。

縦走コース先の山。

縦走コース先の山。

こっちにも形のいい山。三上山の弟分、菩提寺山353.2mです。

こっちにも形のいい山。三上山の弟分、菩提寺山353.2mです。

古代峠です。岩のトンネルをくぐります。

古代峠です。岩のトンネルをくぐります。

ここは、金勝アルプスの天狗岩あたりとよく似た雰囲気です。

ここは、金勝アルプスの天狗岩あたりとよく似た雰囲気です。

東光寺日陽山の山頂。

東光寺日陽山の山頂。

ここで初めて田中山(右)が見えます。左は旗振山。

ここで初めて田中山(右)が見えます。左は旗振山。

希望ヶ丘運動公園と鏡山。今日は車が多いですね。何かイベントがあるようです。

希望ヶ丘運動公園と鏡山。今日は車が多いですね。何かイベントがあるようです。

また急な下りです。

また急な下りです。

こちらは天山(あまのやま)303.2m。広葉樹が多いので、いい色になってきてます。

こちらは天山(あまのやま)303.2m。広葉樹が多いので、いい色になってきてます。

妙光寺山分岐です。今日は田中山に向かいます。

妙光寺山分岐です。今日は田中山に向かいます。

また、きれいなドウダンツツジがありました。

また、きれいなドウダンツツジがありました。

縦走路。

縦走路。

一旦林道に出ます。少し下って右が田中山の登山口。

一旦林道に出ます。少し下って右が田中山の登山口。

今までと違って、道が荒れています。

今までと違って、道が荒れています。

ガスが出てきて山頂が覆われました。

ガスが出てきて山頂が覆われました。

切り株の苔。

切り株の苔。

エニシダが植えられた道をエニシダかき分けて進みます。

エニシダが植えられた道をエニシダかき分けて進みます。

田中山(カブト山)の山頂です。三角点は三等で、点名は「小篠原」。標高は292.8m。

田中山(カブト山)の山頂です。三角点は三等で、点名は「小篠原」。標高は292.8m。

一回鞍部に下がって登りなおすと、旗振山の山頂。283m。

一回鞍部に下がって登りなおすと、旗振山の山頂。283m。

そのとき、三上山の雲が切れ、山頂が見えてきました。なんか、ほんとの富士山みたいです。

そのとき、三上山の雲が切れ、山頂が見えてきました。なんか、ほんとの富士山みたいです。

妙光寺山です。

妙光寺山です。

巡視路で下ります。

巡視路で下ります。

だいぶガスが晴れてきました。野洲の街並みです。

だいぶガスが晴れてきました。野洲の街並みです。

どんどん下っていくと、墓地に出ます。

どんどん下っていくと、墓地に出ます。

あとは国道をひたすら歩いて御上神社へ。さっき歩いた稜線が見えています。左端が田中山です。

あとは国道をひたすら歩いて御上神社へ。さっき歩いた稜線が見えています。左端が田中山です。

野洲市三上あたりから、三上山を見上げます。

野洲市三上あたりから、三上山を見上げます。

御上神社の山茶花は今が満開。

御上神社の山茶花は今が満開。

おまけ1。2015.3に撮ったイワナシです。きれいですよねぇ。三上山はこの花で田中澄江さんの花の百名山に数えられています。ただ、いまでは非常に少なくなってしまい、三上山での絶滅危惧種状態。場所は明らかにできませんが、悪しからず、です。

おまけ1。2015.3に撮ったイワナシです。きれいですよねぇ。三上山はこの花で田中澄江さんの花の百名山に数えられています。ただ、いまでは非常に少なくなってしまい、三上山での絶滅危惧種状態。場所は明らかにできませんが、悪しからず、です。

おまけ2。福林寺の摩崖仏群です。田中山を下ったところから少し先にあります。如来像(左)と二体の観音立像。室町時代初期の作品と考えられています。かつて如来像を持ち去ろうとした盗賊のノミの跡が痛々しいです。2011.3。

おまけ2。福林寺の摩崖仏群です。田中山を下ったところから少し先にあります。如来像(左)と二体の観音立像。室町時代初期の作品と考えられています。かつて如来像を持ち去ろうとした盗賊のノミの跡が痛々しいです。2011.3。

おまけ3。同じく福林寺の摩崖仏群です。こちらは十三体の地蔵立像です。2011.3。

おまけ3。同じく福林寺の摩崖仏群です。こちらは十三体の地蔵立像です。2011.3。

おまけ4。妙光寺山の磨崖仏。今回は寄りませんでしたが、妙光寺山の北側にあります。高さ160cmの地蔵立像です。1324年、鎌倉時代の元亨四年の作と刻銘された貴重な像です。2013.8。

おまけ4。妙光寺山の磨崖仏。今回は寄りませんでしたが、妙光寺山の北側にあります。高さ160cmの地蔵立像です。1324年、鎌倉時代の元亨四年の作と刻銘された貴重な像です。2013.8。

摩崖仏の場所も含めた三上山~田中山の地図です。

摩崖仏の場所も含めた三上山~田中山の地図です。

コメント

読み込み中...

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。 報告フォームはこちら

登山ほけん

1日単位で入れる YAMAP登山ほけん

週末の登山に、1日250円から入れる手軽なYAMAP登山ほけん。