犬越路→大室山→加入道山縦走

2020.03.13(金) 日帰り
RH-OTK
RH-OTK

活動データ

タイム

07:10

距離

14.6km

上り

1231m

下り

1224m

チェックポイント

活動詳細

もっと見る

今回は、西丹沢ビジターセンターから犬越路経由で大室山へ⛰。その後、加入道山を経由して白石峠より西丹沢VCへ下山するルートに挑戦! 昨年の台風19号の被害で、登山道が未だに荒れているとのことで、危険な時は戻ることも念頭におきつつの登山でした。 天候に恵まれ、サイコーの登山となりました🥾

丹沢山 西丹沢ビジターセンターからスタート🥾
西丹沢ビジターセンターからスタート🥾
丹沢山 檜洞丸へ向かう「つつじ新道」の登山口。
今回はスルーして、舗装道路をさらに先に進みます。
檜洞丸へ向かう「つつじ新道」の登山口。 今回はスルーして、舗装道路をさらに先に進みます。
丹沢山 途中、雰囲気やの良いキャンプ場🏕がありました。次回キャンプに来ます❗️ここをベースに毎日登山🥾できたらサイコー‼️
途中、雰囲気やの良いキャンプ場🏕がありました。次回キャンプに来ます❗️ここをベースに毎日登山🥾できたらサイコー‼️
丹沢山 西丹沢ビジターセンターから檜洞丸を経由しないで犬越路へ行くための登山口への途中。
西丹沢ビジターセンターから檜洞丸を経由しないで犬越路へ行くための登山口への途中。
丹沢山 橋のたもとが水に削られ陥没。
橋のたもとが水に削られ陥没。
丹沢山 復旧作業中です。
復旧作業中です。
丹沢山 今はこんなに穏やかな川です。
今はこんなに穏やかな川です。
丹沢山 用木沢出合。犬越路への登山口です。
帰りは白石峠方面から下山する予定です。
用木沢出合。犬越路への登山口です。 帰りは白石峠方面から下山する予定です。
丹沢山 少し歩くと可愛い鉄橋があります。
少し歩くと可愛い鉄橋があります。
丹沢山 案内看板もこんなに埋もれてます😢
案内看板もこんなに埋もれてます😢
丹沢山 穏やかな風景には心癒され、
穏やかな風景には心癒され、
丹沢山 被害の爪痕には心が痛みます。
被害の爪痕には心が痛みます。
丹沢山 いよいよ本格的な登山が始まります🥾
いよいよ本格的な登山が始まります🥾
丹沢山 登山道はいたるところで荒れています。
登山道はいたるところで荒れています。
丹沢山 本来は左側が登山道ですが、大雨で流され、新たに右側に階段を設置中。
本来は左側が登山道ですが、大雨で流され、新たに右側に階段を設置中。
丹沢山 犬越路に到着🐶
犬越路に到着🐶
丹沢山 真新しい休憩場所があります。
真新しい休憩場所があります。
丹沢山 避難小屋もキレイ✨
避難小屋もキレイ✨
丹沢山 キレイなトイレ🚽もあります❗️
キレイなトイレ🚽もあります❗️
丹沢山 丹沢の避難小屋はどこもキレイで素晴らしい✨
丹沢の避難小屋はどこもキレイで素晴らしい✨
丹沢山 景色も良好⛰
景色も良好⛰
丹沢山 犬越路から大室山への道中、富士山🗻が現れます❗️
犬越路から大室山への道中、富士山🗻が現れます❗️
丹沢山 気持ち良い尾根道。
気持ち良い尾根道。
丹沢山 富士山🗻を見ながら進みます👣
富士山🗻を見ながら進みます👣
丹沢山 やっぱり丹沢の登山道の管理はすごい❗️
やっぱり丹沢の登山道の管理はすごい❗️
丹沢山 分岐点。まずは大室山⛰に登頂し、戻ってきます。
分岐点。まずは大室山⛰に登頂し、戻ってきます。
丹沢山 大室山⛰山頂❗️
大室山⛰山頂❗️
丹沢山 眺望はイマイチ😅
眺望はイマイチ😅
丹沢山 今日は暖かい💦
今日は暖かい💦
丹沢山 次は加入道山へ向かいます。
次は加入道山へ向かいます。
丹沢山 破風口。
破風口。
丹沢山 その名の通り、風が強いです🌬
その名の通り、風が強いです🌬
丹沢山 空を見上げると、太陽の周りに丸い虹🌈がかかっていました‼️
空を見上げると、太陽の周りに丸い虹🌈がかかっていました‼️
丹沢山 加入道山に到着。
ここから、山梨県側の道志の湯方面へも下れます。
加入道山に到着。 ここから、山梨県側の道志の湯方面へも下れます。
丹沢山 避難小屋で遅めの昼食🍜
避難小屋で遅めの昼食🍜
丹沢山 加入道山避難小屋もキレイ✨
加入道山避難小屋もキレイ✨
丹沢山 ここから白石峠へ向かいます🥾
ここから白石峠へ向かいます🥾
丹沢山 白石峠。ここから用木沢出合方向へ下山。
白石峠。ここから用木沢出合方向へ下山。
丹沢山 登山道はかなり荒れています😢
登山道はかなり荒れています😢
丹沢山 白石の滝。
白石の滝。
丹沢山 用木沢出合に無事到着。
白石峠から用木沢出合の登山道はかなり荒れており、かつ、沢を何度も横切るため、荒天時は避けた方が良いルートとなります。
用木沢出合に無事到着。 白石峠から用木沢出合の登山道はかなり荒れており、かつ、沢を何度も横切るため、荒天時は避けた方が良いルートとなります。

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。

てんきとくらす