マンサクを見に経ヶ岳、多良岳縦走

2020.03.08(日) 日帰り
Ryuji
Ryuji

チェックポイント

活動詳細

もっと見る

YAMAPのバッヂを見てたら佐賀県最高峰に行った事になってた。 何処の山だっけ? 確認すると経ヶ岳でした。 ベスさんと行く予定の山の候補にも経ヶ岳、多良岳が入ってて今回は佐賀県最高峰の経ヶ岳へ行ってみようかな?と思って話を進める。 ヤマッパーの投稿をチェックして検討して 黒木の駐車場から横峰越、五家原岳、中岳、金泉寺、国見岳、多良岳、前岳、黒木岳、一ノ宮岳、西岳、笹岳南峰、笹岳、笹岳北峰、経ヶ岳、舞岳、駐車場の13座縦走の予定を組んだ。 しかし、詰め込み過ぎとの指摘が有り工程変更し中山キャンプ場駐車場スタートで中山越、経ヶ岳、舞岳、笹岳北峰、笹岳、笹岳南峰、西岳、金泉寺、役の行者、国見岳、多良岳、前岳、黒木岳、一ノ宮岳、帆柱岳、役の行者、中山キャンプ場駐車場の 12座縦走となりました。 5時45分頃に中山キャンプ場駐車場に到着しトイレを済ませる 出来たばかりなのか?綺麗なトイレでした。 ここからのルートは太良嶽大権現鳥居⛩から役の行者へ登り多良岳へ向かうルートと舗装路を登って経ヶ岳へ向かうルートが有ります。 6時にスタート 予定してたのは経ヶ岳からなので舗装路を登って行きます。 まだ暗いのでヘッデンは必須 ウォーミングアップって感じで登って行きます。 舗装路脇にはトレイルの入り口が所々有りましたがyamapの地図には無かったので舗装路オンリーで🤣 ずっと舗装路を進めば行けると思い込んでしまい途中で舗装路が下り始める所まで行きました。 下るの?って疑問に思いyamapの地図を見るとルートを外れていました💦 地図を見ながらルートへ復帰します。 分岐して進んでると最所の分岐ポイントに到着です。 金泉寺側へ下る道、経ヶ岳へ向かう道と別れてますので経ヶ岳方面へ進みます。 舗装林道からガレ場林道に変わり歩き難くなりました。 分岐点に来たのでyamapの地図で確認してみるとまたしてもルートを外れてます💦 途中に分岐なんて有っただろか? 地図を見ながら戻ると最所の分岐ポイントからほんの少し登った所の右側にレスキューポイントの番号が書かれたプレートが有りました。 確かにさっきもこのプレートを見たけど入り口だとは思いもしませんでした💦 そして古びた看板を見るとそこには分岐矢印が書いて有るではないか!(◎_◎;) そこから入り込んで少し登ると中山越に到着しました。 ここから経ヶ岳方面へ進みます。 次の分岐では経ヶ岳と平谷越の分岐となってます。 そしてその脇に舞岳と書かれたプレートも有りましたがyamapの地図を見るとそのルートは載ってません‼︎ とにかく経ヶ岳方面へ登って行きます。 流石に佐賀県最高峰でなかなか山頂に到着しません💦 足元ズルズルなロープ場を登りながら戻りの復路は嫌だなあって思った💦 防水手袋を持って来てたがザックの中でこの時は普通の手袋だったので昨日の雨で水を含んだロープで手袋は濡れてしまった。 経ヶ岳山頂に到着すると山頂プレートに京ノ岳一等三角点そしてアルミ製の箱? 上に重しの石が乗せてあります。 持ち上げると中には登頂記録が書き込めるノートが入ってました。 山頂にはマンサクも咲いてましたがイマイチかな? 眺望はガスで真っ白で何も見えず(T ^ T) 手袋を防水手袋に変えて下ります。 やっぱり防水手袋は良いねぇ ロープ場を下ってるとロープ持ったまま足元ズルっと滑って尻もち🤣 防水手袋も泥んこ🧤 舞岳分岐まで下り舞岳へ向かう 途中に分岐が有りベスさんが戻りはここから入れば途中で見た地図に無い舞岳への矢印へ行けるんじゃない?って 舞岳山頂に到着するも眺望無しで直ぐに戻ります。 先程ベスさんが言ってた分岐まで戻り入ってみる。 YAMAPの地図を見ると登山道は書いて無いけど等高線に沿って進んで行けるみたい😊 途中細い場所も有りましたが緩やかな下りな感じで良い登山道でした。 分岐からは元来た道を戻り金泉寺分岐へ ここから金泉寺方面へ進むと中々の登り‼︎ 890ピークが有りました。 そこから下ってると左側に鷹ノ巣山三ノ岳っぽい感じのクライミング場?みたいな大岩が有りました。 その岩を少し巻くと岩の上へ登る道が出て来ます。 やっぱり笹岳はこの上なんだなぁ!(◎_◎;) 登り口付近は熊笹が沢山でした。 登り上がるとどんぐりが沢山😊 笹岳山頂に到着して撮影します。 次は笹岳南峰へ境界線ルートを進みます。 直線距離では100m以内なんですが意外に時間かかる 笹岳南峰から更に境界線ルートで西岳へ向かいますがルートを見落として違う方へ下っては尾根に戻ります。 目の前左側にロープが見えて来たので左側へ寄ってみると後ろから4人の登山者が来ました。 境界線ルートを来たには早過ぎる!(◎_◎;) 西岳の事を聞くと行った事無いけど右上に見える道だろうとの事でした。 金泉寺方面から戻りながらも行けるよって言われたけど境界線ルートに行きたかったので💦 そのロープの有る登山道と境界線ルート2mくらい隣になってて地図では重なって見えるんで間違えたのですね。 西岳山頂で撮影してると三角点みたいな石柱を発見するもダミーでした💦 金泉寺へ下り休憩します。 僕がトイレに行ってる間にベスさんは金泉寺山小屋の管理人さんとお話ししてまして笹岳には北峰も有ると言う情報を聞き出してました。 ふと正面を向くと見覚えのある顔が!(◎_◎;) 人違いか?と思いましたが向こうも僕の方を半信半疑で見ている🤣 ジャングルを走った話の著者の若岡君でした。 クラウドファンディングで寄付を募りその資金で海外の4つの砂漠を走るシリーズ戦に参加し見事2位になった強者です。 日の丸を掲げてゴールするシーンは感動ものでした。 若岡君も僕に気付いたものの人違いかも?と気にしつつ声かけ出来なかったみたいですが、僕がベスさんと話してる声を聞いて僕だと分かったそうです。 僕も人違いか?と思いつつも声かけたんですけどね🤣 金泉寺から同じ時間帯でスタートした大勢の登山者や若岡君と一緒に多良岳へ向かいます。 多良岳山頂手前に分岐が有り矢印を見ると多良岳と反対側に国見岳が有りました。 凄い近くてびっくり🤣 他の登山者と若岡君はそのまま多良岳へ向かってたので多良岳山頂で合流しました。 山頂にはマンサクが咲いてましたが既に終わりかけでした💦 若岡君とはここでお別れです。 多良岳山頂から梯子の掛かった岩が見えてます。 次の目的地はあそこだな‼︎ 一度下ってから進むと梯子が見えて来ました。 梯子の上には綺麗なマンサクが咲いてました。 その岩の上からの眺望が良かったです。 本当はここが前岳かと思ってましたがまだまだ先でした💦 座禅岩でベスさんが座禅を🤣 それから鬼の岩屋にて撮影 前岳手前で目線の位置に綺麗なマンサク😊 前岳山頂には三角点があり点の記は多良岳でした!(◎_◎;) 常連さんの間ではこの前岳を本多良と呼んでるみたい。 別名で多良岳東峰とも言うみたい。 次の黒木岳山頂は樹林に囲まれて風が無かった為、ここでお昼を食べてる登山者が居ました。 山頂プレートだけ撮影させてもらい一ノ宮岳へ向かいます。 一ノ宮岳山頂は神社⛩になってました。 誰も来そうに無いので山頂でお昼です。 ベスさんが用意してくれたケークサクレを美味しく頂きました😊 一ノ宮岳の次は帆柱岳です。 足場不安定なガレの有る下りで境界線沿いを進むと工事用?林道に出ます。 林道を跨いて緩やかに登り進むと帆柱岳山頂に到着😊 帆柱岳から一ノ宮岳に戻り分岐からは往路とは別の道に入ります。 多良岳方面へ登る分岐で僕はそのまま境界線ルートに行ってみたくなりベスさんを誘いましたがルートは外すは境界柱は見当たらないは大きな丸い岩がゴロゴロしててその上に落ち葉が堆積し落とし穴状態になってるわで苦労しました💦 ベスさんぷんぷんです🤣 ようやく登山道に合流し役の行者へ戻りますが、僕が境界線ルートへ誘ったので六地蔵へ行けなかったって、またぷんぷん💦 ここから中山キャンプ場🏕⛺️へ下るルートを進みますがガレの下りでかなりキツい💦 途中に多良川源流の地が有りました。 ベスさんが890ピークが笹岳北峰なのでは?と言ってたのでYAMAPの地図で確認すると確かに890ピークのようだ。 キャンプ場まで下ると赤い鳥居⛩には太良嶽大権現って書いてあり多良なのか太良なのか💦 お風呂は蟹御殿の立ち寄り湯 有明海の湯に行きました。 露天からは真正面に有明海と雲仙普賢岳がドーンと最高でした😊 ウエストのうどんを食べて、ベスさんを送ってから帰宅しました。 今日も一日楽しかった😊

メンバー

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。

てんきとくらす