「御巣鷹の尾根」慰霊登山2016~大蛇倉山

2016.11.13(日) 09:30 - 2016.11.13(日) 13:39
Ogurasan (Nagano, Gunma)
今年、ずっと行けていなかった毎年恒例「御巣鷹の尾根」慰霊登山をやっと実行出来ました。明日限りで冬期閉山になるので、まさにギリギリのタイミングだった訳です。あ、去年は最終日に行ったんだっけ…。 この日はとても天気が良く、また麓では紅葉がきれいでした。ですが「御巣鷹の尾根」駐車場付近では既に紅葉は終わっていて、山は冬の佇まいを見せていました。 「昇魂之碑」前で尾根の管理人の黒沢さんと色々話をして、今は事故機が墜落直前に地面に接触した「U字溝」までリボンのマーキングがされているとのことです。来年は三十三回忌を機に、このルートの登山にトライしてみようかと考えています。

写真

「御巣鷹の尾根」登山口は、ちょうど紅葉が終わったところ。でもまだ葉っぱが色づいた木が少しだけ残っていました。

「御巣鷹の尾根」登山口は、ちょうど紅葉が終わったところ。でもまだ葉っぱが色づいた木が少しだけ残っていました。

毎度おなじみの慰霊登山者のカウンターです。私は「761」人目でしたが、いつからの人数なんだろう?

毎度おなじみの慰霊登山者のカウンターです。私は「761」人目でしたが、いつからの人数なんだろう?

登山道の各所にこんな鐘が設置されています。

登山道の各所にこんな鐘が設置されています。

そしてスゲノ沢のささやきを聞きながら、いつものように標高を上げていきます。

そしてスゲノ沢のささやきを聞きながら、いつものように標高を上げていきます。

これは10年位前まで使われていた旧登山道。こちらには「やすらぎの滝」「みかえり峠」と言った名所がありましたが、「やすらぎの滝」は完全に立ち寄れなくなってしまいました。

これは10年位前まで使われていた旧登山道。こちらには「やすらぎの滝」「みかえり峠」と言った名所がありましたが、「やすらぎの滝」は完全に立ち寄れなくなってしまいました。

まず「すげの沢のささやき」の石碑に、軽く一礼します。

まず「すげの沢のささやき」の石碑に、軽く一礼します。

そして「すげの沢のささやき」の石碑を超えると、河辺のような急登が続きます。

そして「すげの沢のささやき」の石碑を超えると、河辺のような急登が続きます。

こんなオーバーハングした岩が出てくると、墜落現場一帯は間もなくです。

こんなオーバーハングした岩が出てくると、墜落現場一帯は間もなくです。

そして工事現場で見られるような仮組みの階段を上ると…

そして工事現場で見られるような仮組みの階段を上ると…

このような看板が現れて、いよいよ墜落現場一帯です。

このような看板が現れて、いよいよ墜落現場一帯です。

今年もこの「昇魂之碑」に手を合わせました。こんな悲惨なことが二度と起きないように…

今年もこの「昇魂之碑」に手を合わせました。こんな悲惨なことが二度と起きないように…

そして今年もこの墜落現場を示す碑に一礼します。

そして今年もこの墜落現場を示す碑に一礼します。

谷間を挟んだ向こうに、墜落直前に事故機が接触して形成された「U字溝」が見えます。

谷間を挟んだ向こうに、墜落直前に事故機が接触して形成された「U字溝」が見えます。

「U字溝」をアップで見ます。30年以上経ってもこんな爪痕が残っています。最近になって、あの「U字溝」まで行くルートに、目印のリボンが設置されたとのことです。

「U字溝」をアップで見ます。30年以上経ってもこんな爪痕が残っています。最近になって、あの「U字溝」まで行くルートに、目印のリボンが設置されたとのことです。

そして今回は、事故現場一帯を通過してさらに上を目指します。

そして今回は、事故現場一帯を通過してさらに上を目指します。

事故現場から県境稜線までは、見上げるような急登が続きます。ここが一番キツかったー。

事故現場から県境稜線までは、見上げるような急登が続きます。ここが一番キツかったー。

やっとの思いで県境稜線まで上がりました。風が西から吹いているので、稜線に上がるまでは無風でしたが、稜線は冷たい風が吹いていました。

やっとの思いで県境稜線まで上がりました。風が西から吹いているので、稜線に上がるまでは無風でしたが、稜線は冷たい風が吹いていました。

県境稜線を少し登ると、「日航ノ頭」というピークに出ます。これはそこからの景色。

県境稜線を少し登ると、「日航ノ頭」というピークに出ます。これはそこからの景色。

「日航ノ頭」を過ぎると少し暗い森に入ります。ここは倒木が多く、それを何度も乗り越えたりくぐったりでまるで罰ゲームのよう。

「日航ノ頭」を過ぎると少し暗い森に入ります。ここは倒木が多く、それを何度も乗り越えたりくぐったりでまるで罰ゲームのよう。

再び森の様相が変わって明るくなると、最後の登りになります。

再び森の様相が変わって明るくなると、最後の登りになります。

大蛇倉山に到着。

大蛇倉山に到着。

山頂から少し右側に降りた岩場がビューポイント。上野村の方向を見るとどこまでも続き山・山・山…ダム以外は人工物は見えません。

山頂から少し右側に降りた岩場がビューポイント。上野村の方向を見るとどこまでも続き山・山・山…ダム以外は人工物は見えません。

その上野ダムをアップで見ます。この写真の右手前にある木の枝に少し隠れているピークが「御巣鷹山」です。

その上野ダムをアップで見ます。この写真の右手前にある木の枝に少し隠れているピークが「御巣鷹山」です。

そして長野県方面に目をやると、こんな雄大な景色が拡がります。

そして長野県方面に目をやると、こんな雄大な景色が拡がります。

南相木ダムから続く山々、そして八ヶ岳へと続く大パノラマにしばし感動。

南相木ダムから続く山々、そして八ヶ岳へと続く大パノラマにしばし感動。

南へ視線を移すと、どっしりとした甲斐駒ヶ岳がそびえている。

南へ視線を移すと、どっしりとした甲斐駒ヶ岳がそびえている。

北へ視線を移すと、私が大好きな浅間山がそびえている。今日は噴煙を上げてない。

北へ視線を移すと、私が大好きな浅間山がそびえている。今日は噴煙を上げてない。

南相木村方向も山が続くばかりで、人里はなかなか見えない。こんな寂しいところであんな事故が起きたと思うと、犠牲になった方々は寂しかったんだろうなと感じる。

南相木村方向も山が続くばかりで、人里はなかなか見えない。こんな寂しいところであんな事故が起きたと思うと、犠牲になった方々は寂しかったんだろうなと感じる。

この大パノラマから離れがたいけど、帰る時間を考えるとそろそろ移動しなきゃ。

この大パノラマから離れがたいけど、帰る時間を考えるとそろそろ移動しなきゃ。

往路と同じルートで事故現場の「御巣鷹の尾根」まで下山しました。これはコックピットクルーの石碑、この日はクルーの方のご遺族も登っていらしていたとのことです。

往路と同じルートで事故現場の「御巣鷹の尾根」まで下山しました。これはコックピットクルーの石碑、この日はクルーの方のご遺族も登っていらしていたとのことです。

「×岩」のところには群馬県警がこんな石碑を新たに建立していました。

「×岩」のところには群馬県警がこんな石碑を新たに建立していました。

ここは「御巣鷹の尾根」から見る景色で、私が最も好きな景色だ。この山深さは来てみないと分からないでしょう。

ここは「御巣鷹の尾根」から見る景色で、私が最も好きな景色だ。この山深さは来てみないと分からないでしょう。

こうして今年の「御巣鷹の尾根」登山シーズンは終わりになります。来年は開山早々の季節に来てみたいです。

こうして今年の「御巣鷹の尾根」登山シーズンは終わりになります。来年は開山早々の季節に来てみたいです。

ちなみにここが「U字溝」への分岐になります。ここから設置されたリボンが3本見えます。このリボンを辿ると「U字溝」を経由して県境稜線まで行けるそうです。

ちなみにここが「U字溝」への分岐になります。ここから設置されたリボンが3本見えます。このリボンを辿ると「U字溝」を経由して県境稜線まで行けるそうです。

下山後、上野ダムから大蛇倉山を見上げました。その手前に見えるピークが「御巣鷹山」です。

下山後、上野ダムから大蛇倉山を見上げました。その手前に見えるピークが「御巣鷹山」です。

大蛇倉山と御巣鷹山をアップで見てみます。あそこまで登ったんだなーと、したから見ると感慨ひとしお。

大蛇倉山と御巣鷹山をアップで見てみます。あそこまで登ったんだなーと、したから見ると感慨ひとしお。

コメント

読み込み中...

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。 報告フォームはこちら

登山ほけん

1日単位で入れる YAMAP登山ほけん

週末の登山に、1日250円から入れる手軽なYAMAP登山ほけん。