丹沢(檜洞丸)

2020.02.24(月) 日帰り

活動データ

タイム

07:58

距離

10.0km

上り

1333m

下り

1339m

チェックポイント

DAY 1
合計時間
7 時間 58
休憩時間
1 時間 40
距離
10.0 km
上り / 下り
1333 / 1339 m

活動詳細

すべて見る

友達に誘われて直ぐに決めたが今年はじめての山行! 時間的にそんなに歩かないと思っていましたが、下山時には膝に来てしまいました!  前日に用意を簡単に済ませて寝ても興奮気味で寝られず、朝を迎え荷物を積み、車で合流場所まで行きますが、途中で夜が明けてくるのが分かります。この感覚は久しぶりです。おおよそ二時間半位運転をして無事に西丹沢ビジターセンターに到着!そこで簡単に計画書を書いて提出します!トイレも拝借しますが憧れのウォシュレット!寒い朝にはありがたいです!  ヤマップには無いコースですがしっかりした山道で、鎖場、梯子場、渡木、尾根などUpDownもあるのでトレーニングには良いコースだと思いました。この時期だからか行きかう人も少なく、和紙の原料になるミツマタがそこら中にあり、まだつぼみ状態で見らます。どうやら5月にはつつじが綺麗な山の様です。ただ、落石が多く我々の間を音もなく小さな石が横切りました。気配で何か落ちてくると感じた時には体が固まってしまって、常に足場だけ見ているのでなく、山側も見なくてはならないと痛感しました。本当に当たらなく良かったです。人が少ないので尾根の両サイド特に登りの右側から落石の音がよく聞こえました。ただ音だけで石が落ちているのは分かりませんが一度落石があるとかなり長い時間転がっているのが分かります。 頂上に着くころには、ちょっとバテ気味でしたが、途中で富士山がはっきり見えてくるとその疲れも吹っ飛びます。遠くは北アルプスに南アルプス、真鶴半島、山中湖まではっきり見ることが出来ました。この様にはっきり見えるのは冬ならではのご褒美ですね。  頂上に着いたら勿論富士山が良く見えるベンチを確保して、生ハムサンドウィッチに残り物のスペアリブとオニンスープを食らいます。近くに山荘がありましたが、トイレに寄らず下山をします。気温は低いと思いますが歩いている分には寒くありません。恐らく10℃前後だっと思います。ただ、午後になると少し風が吹き始め、花粉の攻撃に合います。何回も途中で鼻を洗いますが、なかなか楽になりませんでしたね!  休憩の所に大きなベンチがあり、そこで思わず昼寝を少々!陽が当たり薄着でも寒くなく気持ちがすっきりしました。やはり山の昼寝は最高に気持ちが良いですね!今回はピストンなのですが、途中、ショートカットらしき道案内盤があり、行ってみるとキャンプ場を横切るコースで、楽でした。ただ沢を何回も渡るので、増水していると使えないです!  駐車場まで帰って来て、コンロを出してTeatime!体が温まります。再度、ウォシュレットを借りに行くと、トイレには『情報を求む』と張り紙があり、駐車場に車が停めてあり戻ってこない人の事が書いていありました。当時の写真もあり、このような道でも行方不明になってしまうのかとちょっと身が引き締まりました。無事に帰宅できる事願うばかりです。我々は携帯に地図がありGPSも付いているので、現在地がほぼ分かりますが、この様な事が無いように気を付けなくてはなりません。  思っていたよりハードな山行になってしまいましが、帰りは近所のぶなの湯に入り疲れをとりました。筋肉痛はいつ来るだろうか? 

メンバー

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。