水巻三山に登ってみた。

2020.03.01(日) 日帰り
ガリコ
ガリコ

活動データ

タイム

02:30

距離

6.0km

上り

277m

下り

272m

チェックポイント

活動詳細

もっと見る

先日に水巻町の明神ヶ辻山に登って見た時、朳山に何もなかったので山頂標識を取り付けに行ってみた。 ついでに明神ケ辻山と多賀山と豊前坊山を水巻三山と言うらしいので登ってみた。

北九州市(八幡西区・若松区) 遠賀川から水巻三山。
遠賀川から水巻三山。
北九州市(八幡西区・若松区) 軌跡は伊豆神社からスタート。
軌跡は伊豆神社からスタート。
北九州市(八幡西区・若松区) 両端は風化で判読不能。
中左の庚申塔のは代は不詳でした。
中右は保食神(うけもちのかみ)。
両端は風化で判読不能。 中左の庚申塔のは代は不詳でした。 中右は保食神(うけもちのかみ)。
北九州市(八幡西区・若松区) 逆立ち狛犬。
逆立ち狛犬。
北九州市(八幡西区・若松区) ヤタガラス。
ヤタガラス。
北九州市(八幡西区・若松区) 拝殿の右奥に登山口がはあります。
拝殿の右奥に登山口がはあります。
北九州市(八幡西区・若松区) 朳山に到着。
朳山に到着。
北九州市(八幡西区・若松区) 山頂標識をトゲトゲなタラの木に付けた。
山頂標識をトゲトゲなタラの木に付けた。
北九州市(八幡西区・若松区) あんまり目立たないけど無いよりはマシか。
あんまり目立たないけど無いよりはマシか。
北九州市(八幡西区・若松区) 明神ヶ辻山展望台から六ヶ岳方面。
明神ヶ辻山展望台から六ヶ岳方面。
北九州市(八幡西区・若松区) 皿倉山から福智山まで。
皿倉山から福智山まで。
北九州市(八幡西区・若松区) 総合運動公園方面に下る。
総合運動公園方面に下る。
北九州市(八幡西区・若松区) 豊前坊山登山口。
左のアパートの裏を通る。
豊前坊山登山口。 左のアパートの裏を通る。
北九州市(八幡西区・若松区) 豊前坊山展望台から宗像四塚。
豊前坊山展望台から宗像四塚。
北九州市(八幡西区・若松区) 遠賀川河口方面。
遠賀川河口方面。
北九州市(八幡西区・若松区) 若松方面。
若松方面。
北九州市(八幡西区・若松区) 真ん中の船影の後方にうっすらと沖ノ島の島影が見えた。
カメラだとわかりづらい。
真ん中の船影の後方にうっすらと沖ノ島の島影が見えた。 カメラだとわかりづらい。
北九州市(八幡西区・若松区) 豊前坊山山頂は祠と東屋があった。
豊前坊山山頂は祠と東屋があった。
北九州市(八幡西区・若松区) 久我神社登山口に下りてきた。
久我神社登山口に下りてきた。
北九州市(八幡西区・若松区) 久我神社。
久我神社。
北九州市(八幡西区・若松区) うっかり通り過ぎてしまいそうな多賀山登山口。
うっかり通り過ぎてしまいそうな多賀山登山口。
北九州市(八幡西区・若松区) 三山の中で一番遊歩道がしっかりしてた。
三山の中で一番遊歩道がしっかりしてた。
北九州市(八幡西区・若松区) 多賀山山頂。
多賀山山頂。
北九州市(八幡西区・若松区) 展望は木々の隙間から遠賀川河口が見える程度。
展望は木々の隙間から遠賀川河口が見える程度。
北九州市(八幡西区・若松区) 下りると小さな庚申塔があった。
年代不詳。
下りると小さな庚申塔があった。 年代不詳。
北九州市(八幡西区・若松区) 中央広場には廃止された神社の額束があった。
中央広場には廃止された神社の額束があった。
北九州市(八幡西区・若松区) 水巻町はかって町全体が炭鉱の町だった。
昭和13年の石碑。
水巻町はかって町全体が炭鉱の町だった。 昭和13年の石碑。
北九州市(八幡西区・若松区) 殉職者石碑。
昭和12年の石碑。
殉職者石碑。 昭和12年の石碑。
北九州市(八幡西区・若松区) 当時インドネシアを侵略して植民地化してたオランダ軍が大東亜戦争で日本軍の捕虜となって水巻町の炭鉱で亡くなった慰霊塔。
当時インドネシアを侵略して植民地化してたオランダ軍が大東亜戦争で日本軍の捕虜となって水巻町の炭鉱で亡くなった慰霊塔。
北九州市(八幡西区・若松区) 慰霊塔の説明板。
慰霊塔の説明板。
北九州市(八幡西区・若松区) 先ほどの廃止された神社などの説明板。
先ほどの廃止された神社などの説明板。
北九州市(八幡西区・若松区) 図書館に到着。
図書館に到着。
北九州市(八幡西区・若松区) 図書館でトイレ借りようと思ったらコロナ肺炎で1か月休館だと?ピエン😢
図書館でトイレ借りようと思ったらコロナ肺炎で1か月休館だと?ピエン😢
北九州市(八幡西区・若松区) 自転車を置いてきた伊豆神社に帰還して軌跡終了。
安永三年(1774年)。
自転車を置いてきた伊豆神社に帰還して軌跡終了。 安永三年(1774年)。
北九州市(八幡西区・若松区) 貴船神社鳥居。
合祀された神社だろうか。
享和三年(1803年)。
貴船神社鳥居。 合祀された神社だろうか。 享和三年(1803年)。

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。

てんきとくらす