★厳冬の谷川岳★奇跡的な好天の厳冬の日本百名山「詳細あり」 ― スノーシュートレッキングープロガイド山行

2020.02.24(月) 日帰り
kantomtguide
kantomtguide

チェックポイント

活動詳細

もっと見る

「行程」 雪山中級 標準タイム:4時間半(夏時間) 「天候」 晴れの降水確率0%(山頂部は強風10m程) 「アクセス」 谷川岳ロープウェイ数キロ手前から僅かな積雪あり 立体大駐車場あり(車高の高い車にキャリアだと天井にぶつかるかも知れません) 各階にトイレあり。(休日は駐車料金1000円) ※駐車場代が無料の土合駅に止めてる方が多かったです。 「コース状況/危険箇所等」 前日からの降雪により全体的に新雪が30cm程あり。 (湿り雪だったのか、朝の時点で既に重い締まり雪となっていました。) 最初のスキー場脇を登る斜面が40度程の急登を登り天神尾根に取付きます。 その取付きから熊穴沢避難小屋の間に崖のトラバースと鎖場(ロープ場)があります。 このトラバースが本日、危険度が最も高い所でした。この箇所があるので本日のレベルも難易度が低い初級ですとは言い難いです。 一番のりの方は本日トレースもないのでルートファインディングもトラバースも難易度はかなり高くなります。その後は登ったり下ったりで、一箇所だけ鎖場(ロープ場)があり、下りで50~60度程で長さ2~3m程した。そこを越えて行くと、避難小屋となります。 肩ノ小屋手前の長い急登は20~40度程あり、広い道ですが左手が崖となっているので近づかない様に注意が必要です。 長蛇の渋滞も発生していました。 山頂部のトマノ耳、オキノ耳は狭く右側が垂直の崖となっていますので落ちない様に注意です。 「装備」 崖際もある稜線を通る厳冬の豪雪地帯ですので ピッケル 12本爪アイゼン もしもの為のワカン スノーシューが必須の山です。 「感想/記録」 プロガイドをしております。今回は日本百名山としても、厳冬の豪雪地帯としても有名で人気のある谷川岳に登る山行となります。といっても豪雪地帯という事は逆を言えば天気の良い日が少なく雪が降ったりと悪天候の時が多く天候にはあんまり恵まれず登山適日も少ないという事になります。この日も晴れの降水確率0%と週間天気予報で最も良かったにも関わらず上空では18m予報と冬季としてはそれ程強くはない物のそれなりの風が予報されておりと予報されてしまっていました。しかし、不幸中の幸いであったのは登山道が風下側であり、登山道上の風予報が2mとほぼ無風になると予報されていましたので、この日を決行としました。実際に、同じ様に考えた方も多かったのか、谷川岳ロープウェイのチケット売り場には朝一から長蛇の列となり、常に100人近くの人が並んでいました。更に凄いのはスキー場のチケット売り場にも関わらず、並んでいる人の殆どが登山客でした。スノースポーツが人気にかげりがでていて、逆に登山特に雪山登山がブームである証の様にも見えました。 そこで、かなりの時間をロスし、ロープウェイ上駅である天神平に着きスタートできたのは10時過ぎと行き成りのロスタイムとなってしまいました。 この辺りも人気の山ゆえに、今はリフト待ちの時間を考慮して1時間以上は早く着く必要がありそうです。 既に先行者は100人を越えていますので、今朝まで降っていた新雪も全て踏み固められ、なくなっていたルートも全て新しく作られていました。 今回はスノーシュートレッキングでしたので、できるだけ、雪の残っている所を選んで進んで行きます。 最初のスキー場脇の急登はある所では斜度40度程となっていましたが、登山用のスノーシューで行っていますので、難なく登って行けます。 更にヒールリフターが着いていますので、足首が非常に楽です。 わかんの人も居ますのでワカンの人は足首がきつそうですね。 ここもスノーシューとわかんの違いでもあります。 急騰を登り上げると、スキー場が一望でき、周りの山々と共に最初の絶景ポイントとなります。目的の谷川岳山頂部も見えてきます。 そこから、最初のチェックポイントとなる避難小屋までは崖のトラバースもあり、今回もっとも危険な箇所で気の抜けない所でもあります。 そこからはなだらかに登ったり下りたりをしながら進んで行きます。 一箇所だけ、ロープ場がでている所があり、一部、岩が露出していて、こちらが難易度的には今回の核心部となっていました。斜度は60度程で2~3m程の距離でしたので我々はバックで難なく通過していきました。 その後避難小屋となります。 折角の避難小屋ですが、雪の中に埋もれて使用はできない状況でした。 丁度屋根が座るのに丁度良い高さでみなさん、屋根に座って休んでいました。 そこから、登り始めとなり長い急登になって行きます。 その左側の谷をスキーヤーが滑って気持ち良さそうです。 最初は20度程だった急登も最後には40度を越えて来ます。 登山用のスノーシューは素晴らしいです。問題なく楽に登って行きます。 このあたりまで来ると、ワカンの方は後ずさりしたり厳しくなっていました。 それでもトラバースして登るほどではなかったので、まだまだ余裕がある状態ではありました。 登り上げた所が肩ノ小屋となります。肩ノ小屋は開いてはいるものの営業はしておらず、避難小屋として開放してありました。ありがたい事です。 そこから、なだらかに登りながら僅か100m足らずでトマノ耳に到着します。そこからの景色は360度の大絶景となっています。 周りの一ノ倉岳、仙ノ倉山、武尊山、朝日岳、白毛門など一点360度の大展望がまっています。そちらも後で山座同定と共にアップ予定ですのでアップされましたら御覧下さい。 更に数百m先にオキノ耳となります。 そちらでも同じく一点360度大展望が広がっています。 この真っ白の世界の真中にいる雄大差には素晴らしい物があります。 風はそれなりにあるものの、素晴らしい景色に納得です。 今回は風は心配されたものの、晴れの快晴とモヤもなく素晴らしい景色の中素晴らしい山行となりました。山頂直下では風で寒くもなりましたが、先行者も多くトレースも確りとしていたので歩き易く、残ったパウダーエリアで快感のスノーシューにわかん体験もでき最高の1日となりました。この豪雪エリアでここまで天気の良い事もめったにありませんので、非常にラッキーでした。この幸運を共有できた方々も200人程はいましたので、このレベルの雪山にこれだけの人が来るほど、雪山登山ブームが来ている事に嬉しく思います。また、見たほぼ全ての人が12本爪アイゼンを着け、かなりの人がわかんかスノーシューまで携行していましたので、普段のこの山のレベルが伺えますし、安全登山者が増えた事に微笑ましく感じました。 また、この記録を見た方に誤解を与えない様に書きますが、普段はここまで穏やかな日は少なく、一度、ガスに覆われたり、風があったりする日は雪山としての猛威をふるいますので、万全のトレーニングを積んだ上に万全の準備をして臨んでください。 「動画」 以下にNo.1前半登り編をアップしてあります。 ほかにもスノーシューの付け方の動画も既にアップされています。 その他、下山編、山頂での絶景&山座同定、今回講習で行ったスノーシューの歩き方、わかんの歩き方の動画も 順次アップ予定です。アップされましたらそちらも御覧下さい。 「プロガイド登山動画!」「最高の晴天!なかなかのレベルの厳冬の谷川岳 雪山中級山行&スノーシュー No 1(前半)登頂編の動画を作りました。令和2年2月下旬」 プロガイドをしております。当登山教室での祈念動画のNo.1(前半)の登頂編となります。空気も澄んでおり、眺望にと素晴らしい景色も取れています。登っている時に周りに見えているメインの山々も山座同定しています。危険箇所に難所の詳細に関しても収録していますのでこれから行く方の参考にも御覧頂ければと思います。 以下のYOUTUBEにアップしています。是非見て下さい。 https://www.youtube.com/channel/UCUyD44BLGg2cksAlKvUrqfg?sub_confirmation=1 下の動画を直接クリックしても見れます。高評価、チャンネル登録の方も御願いします。 https://youtu.be/2IkkPHWyDbc 今回も山の会 関東山登りイベント・スキー教室 山の会 https://kantomtguide.blog.fc2.com/ にてプロガイド(ガイドツアー、山岳会)同行で行っています。 当会長は全国の山々を案内しており、冬季を中心に100名山も全座制覇しております。 また、会のYOUTUBEの動画では全登山道の様子から迷い易い場所や難所の詳細、厳冬ならではの絶景に山頂からの大絶景からの山座同定もしています。 こちらになりますので、良かったら見て下さい。 https://www.youtube.com/channel/UCUyD44BLGg2cksAlKvUrqfg?sub_confirmation=1 になります。

動画

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。

てんきとくらす