関東周辺ハイク 金時山

2020.02.24(月) 日帰り
もみ
もみ

活動データ

タイム

03:10

距離

4.9km

上り

551m

下り

572m

活動詳細

もっと見る

今年の登山の幕開け。 記録をみていたら去年も同じ日。 雪山登山装備も経験もないし、「岳」をみて すっかり雪山は危ないという先入観から、 この時期は雪がないかをチェックする日々だ。 みなさんの活動日記みて今年は金時山を選択。 無料の駐車場がいっぱいで 公時神社近くのゴルフ場に駐車。 神速でゴルフ場の主が近づいてくる。 ちゃんと払う。信じてほしい。 車が停車するとほぼ同時に500円をお払いする。 神社の鶏🐓が朝の挨拶をし合う中、まずは神社でお参り。 朝に鶏が鳴いているのを聞くと、インドネシアの カオスな朝を思い出す。 日の出とともに鶏の鳴き声に野犬の遠吠え、コーランの放送。 音や匂いは記憶の蓋が付いているようだ。 金時神社脇の登山道を登る。 道中、雷のような轟音が何度も鳴り響く。 猟銃にしては大きすぎる。 あまりに何度もなるので、思考が走る。 自衛隊の演習だ。(きっと) 道中少し開けると、大涌谷と仙石原が見える。 風に乗ってほのかに硫黄の香りも。 久しぶりの登山に体の血流をあげながらも、流れる風に冷やされ気持ちが良い。 山頂につくと富士山🗻しっかりくっきり。 麓から山頂までを見ることができ、やはり 大きいことを再認識。 そんな風景の中、昼ご飯(朝?) 今日はメスティンでの餃子スープ。 冷凍餃子をメスティンにいれ、三ツ葉にゴマを 少々。 味付けは味覇とあと醤油。 足を止めるとさすがに冬。 手が悴むなかに暖かい食べ物に幸せを感じる。 帰りは明神ヶ岳に続く稜線を少しだけ歩くルートで 下山。 ここの稜線がいい。 帰りは大涌谷近くのにごり湯で日帰り温泉♨️ 浴槽の下には硫黄の香りのする泥が沈殿している。 誰もいない一番風呂(12時開始) だったので、泥を体に塗りたくってみる。 きっとお肌はスベスベ間違いなしだ。 お風呂に入ったらお腹が空いたので、 セカンド昼ご飯。 温まった体には冷たい蕎麦がいい。 竹やぶさんのお蕎麦をいただく。 とても上品なお蕎麦で細く味わい深い。 家じゃ食べることはできないお味。 食いしん坊さんに朗報を。 大盛はないが、別途汁なしそばを追加すれば 大盛りの代わりになる。 良い山、良い湯、良い飯 ゆったりたっぷりのーんびり。 頭の中なかにあの歌が響く。 今日も良き日。

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。

てんきとくらす